【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

賃貸一軒家に棲む老婆の霊

   

Sponsored Link

うちの親父から聞いた話。

親父が大学三四年の間、男三人で小さくて古い一軒家を借りて住んでいた。

といっても、家賃をちゃんと払ってるのは親父と鈴木さん(仮名)だけ。

もう一人の、佐藤さん(仮名)はあまりにも貧乏なので、居候させる代わりに家の掃除、ゴミ出しなどをやってもらうことにしていた。

親父と鈴木さんは、佐藤さんの困窮ぶりを助けてやろうということだったらしい。

間取りは3LDKで、LDK六畳・六畳・六畳に四畳半・佐藤さんが四畳半。

この佐藤さんの四畳半に、出た。

親父も鈴木さんも何度も見たのが、恨めしそうに正座する白髪の老婆。

出るタイミングも朝昼晩関係なし。多い時には一日に三回くらい見る。

四畳半の襖が開いている時、何気なく目をやると、中に白髪の老婆が恐ろしい形相で正座している。

来客の中にも見た人が五人ほどいたらしい。

ところが、その部屋で寝起きしている佐藤さんだけは、老婆の幽霊を見ない。

親父と鈴木さんが「佐藤、変なもの見たことないか?」というと、佐藤さんはきょとんとするばかり。

引っ越して一ヶ月し、親父と鈴木さんが黙っているのも悪いと思って、老婆の幽霊を佐藤さんに話した。

すると、佐藤さんは「うーん」と考えてから、みかん箱を部屋の中に置いて、上にワンカップを置いて、

「先に住んでいるおばあさん、ごめんなさい。でも、俺は貧乏だから、どこにも行き場がない。だから、申し訳ないけど、大学を卒業するまでは、この部屋に住ませてもらえないでしょうか?毎日お供え物をするのは無理だけど、田舎からお茶とお米だけは送ってくるので、それだけは供えます。バイト代が入った時には、お花を一輪と、ワンカップをひとつ買ってきます。どうか、よろしくお願いします」

親父と鈴木さんは『なに、やってんだろうな、こいつ』と思ったが、佐藤さんが真面目にやっていたので、一緒にそのみかん箱に頭を下げた。

以来、老婆の霊は出なくなった……

わけではなかった。

相変わらず、老婆の霊は出た。

しかし、佐藤さんがみかん箱に毎日お茶を置き、ご飯を炊いたら一膳のせ……を繰り返しているうち、一ヶ月ほど経ったら老婆の霊は、痩せこけた恨めしい姿から、ふくよかな微笑みをたたえた表情になっていった。

ただし、やっぱり佐藤さんにだけは見えなかったらしいが。

やがて親父たち三人は就職試験を受け、それぞれが望む職に就き、引っ越す日が来た。

遠方に住む大家さんに話をすると、親父たちが引っ越したらその家は取り壊してしまう予定だから、特に大掃除などはしなくていい、という。

それでもやっぱり二年間お世話になった部屋だからと、最終日それなりに掃除を済ませると、もう夜中になっていた。

三人が最終電車に間に合うようにと玄関を出て、最後に揃って振り返ると、佐藤さんが「あっ!」と声を出した。

「お前らが言っていたおばあさんって、あの人か?」

やっと佐藤にも見えたか! と、親父と鈴木さんも見たが、おばあさんはどこにも見当たらない。

「ほら、あそこ。俺の部屋で手を振ってるよ。ありがとう、おばあちゃん!」

そして、親父と鈴木さんが見えたのは、家の屋根からスゥーと上っていく人魂だった。(人魂は、佐藤さんには見えなかったのが不思議)

日本航空123便墜落事故があった年、東京都板橋区でのお話でした。

(了)

 

死霊怪談 [ 平山夢明 ]

Sponsored Link

 - 怪談

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

第三次接近遭遇 Case-032y 幽体(You Ray)

ちょっと、古い話を思い出したので書いてみます。 432 : 本当にあった怖い名無 …

最後の夜【ナナシシリーズ07】

物事には終りというものが必ずあって、それは突然に訪れるものだと知ったのは、15の …

夕闇通り探検隊

うちの地元はニュータウン地域なんだが、もうボロボロな団地ばかり。 723 :本当 …

赤い怪談

真っ赤な少女 これは某合戦場跡地を旅行した三日後に体験した話です。 リビングで寝 …

サーバー徳子さん

オカルト的な物とは縁がないように思われるような、デジタルな仕事をやってるIT業界 …

真夜中の花嫁

もうずいぶんと前のこと。亡くなった爺さんの十三回忌で信州の松本に帰った。 773 …

目を見るな~コンビニ店員シリーズ03

11月は塩事件からは何も無く、今のところ数日間は無事に過ごしている。 ので10月 …

橋の上の女

  二年前まで僕は大阪府の中でも奈良よりの小さな市に住んでいました。 …

ヒッチハイク爺さん

仕事で滋賀県で働いてるんだけど、一昨年の冬初めて滋賀県に来た時にあった不思議な話 …

霊柩車

  麗華さんという若い女性が、両親そしておばあちゃんと一緒に住んでいま …