【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

轆轤首リーマン

      2016/10/28

Sponsored Link

 

実体験ではないです。知り合いに聞いた話をそのまま書き込みます。

52 :本当にあった怖い名無し:2012/12/21(金) 22:41:18.75 ID:2vL4BBeEI

終電のひとつ前の電車に乗ってた時のこと。

電車内には俺と、右斜め前の対角線上の席に座って酒を飲んでる汚いおっさん一人。

電車ン中で酒飲むなよと思ったけど、臭いも届かないしマアいっか~って感じで携帯見てすごしてた。

ちょっと恋愛関係で良いことがあった帰りだったもんで……

ずーっとそのおっさんと二人だったけど、ある駅に停車した時、おっさんの近くのドアの外側に一人のリーマンが立ってるのが見えた。

別に気にもかけずにそのまま携帯見てたら、

「なに見てんだよ」って急に言われた。

機械的な声。

ビックリして目をあげると、そのリーマンのニヤニヤ顔がすぐ近くにあって、俺の携帯を覗き込んでいる。

うお、何だコイツ!
ってめちゃくちゃビビりながらよく見ると第二の衝撃。

リーマンに体が無い……

っていうか、“ここに”無い。

見ると、体をホームに置き去りに、ろくろ首みたいに首だけ伸ばして電車内に入ってきていた。

酒を持ったまま固まっているおっさんが目に入る。

おっさんも明らかにリーマンが見えている。

リーマンの顔に目を戻す勇気がなくて、しばくおっさんと見つめあっていると、電車が閉まる音楽が鳴った。

車内に入ってくる気は無いのか、その首長リーマンの顔が

「いいいいい~」

って笑いながらスルスルと車内から出て行く。

良かった~と安心していたら、

首が完全に出る直前に、

閉まっちゃったんだよね、ドアが……

車掌さん、あんたリーマン見えてないの、何で閉めるの……って今では思う。

ろくろ首じゃなくて、ゴム人間だったのかな?

伸びた首がドアに潰されてペチャンコになりながらも、

リーマンはニヤニヤ笑ってた。

電車が動き出す。

挟まった首はビヨーンと伸びてついてくる。

窓の外に、棒立ちのままのリーマンの体が後方に流れて行くのが見えた。

「いいいいいいいいいいいいい!!」

奇怪な笑い声をあげながら顔を左右にビチンビチンとドアに打ち付けて、それでもなおついてくるリーマン。

もうやめてくれ!って思いながらしばらく震えていると、

伸び縮みの限界が来たのか、

ドアの隙間をスポんっ!って抜けて夜の闇に消えて行った。

その後、すっかり酔いが醒めた様子のおっさんと

震えながら次の駅で降り、なんやかんや二人で飲みに行くことにした。

間近で顔をブンブン振られていたおっさん。

俺の何倍も怖かっただろうな。

連絡先は交換しなかったけど、元気にしてるだろうか。

(了)

 

深緑怪談 [ 天西風実 ]

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

氷原にて

狩りの達人であるエスキモーの雪ソリに同乗して、僕は見渡す限りの氷原を進んでいた。 …

屋敷の少年

わたしが「まるで市松人形みたい」と言われていた頃の話。 2014/04/04(金 …

恐怖眼科病棟

何年か前に目の手術で入院したときなんだけど。 471 :2015/08/03(月 …

神社のプレハブ小屋

  これは私の少年期の体験です。実話ですので、人名地名は一切省いて書か …

自動車事故で亡くなった奇妙な家族

警官をしている友人が数年前に体験した話。 676: 本当にあった怖い名無し:20 …

共通の友達

午前中の出来事。俺は夏休みも残り一週間ということで遅まきながら帰省してた。 67 …

爺さんが見た未来人

  本家の爺さんが亡くなるちょっと前に、「俺は未来人見た事があるんだよ …

狐とサバゲー

以前、人家から相当離れた山中で数回夜戦を行った。 631 :名無し迷彩:2006 …

和菓子屋の手紙

私は編集者をしており、主にイベントや食べ物屋さんなどの紹介記事を書いています。 …

見えない古本

  おじいさん一人と奥さんの二人でやってる古本屋でバイトをしてた時の話 …