【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

霊感野球少年

   

Sponsored Link

俺が中学の頃、野球部の連中から聞いた話

2007/03/24(土) 02:30:02 ID:NIS/0JN70

その中に霊感の強い奴がいて色々なエピソードを持っていた。

以降そいつを中西(仮名)と呼ぶことにする。

夜十時頃中西が、グラウンドを横断したときのこと。

当時は、夜間のグラウンドを通るのは禁止されていたのだが、家に帰る近道なので通っていたそうだ。

グラウンドに面していた建物に体育館があった。

体育館の一階は部室になっていて、一箇所だけ部室の扉が開いていたらしい。

中西が不審に思って、前を通る時に、開いた扉に接近しながら覗いてみると、部室の奥に霊が立っていたとか。

まあそんな感じで”見える奴”ってことで有名だった。

当時の野球部の連中は結束が固くプライベートでもよく一緒に遊んでいた。

ある夏休みの日に、肝試しをやろうということになった。

十人から十五人ぐらい集まって(もちろん中西も参加)夜十一時頃から全員一緒に火葬場まで行って帰ってくる簡単なものだった。

時間になって、参加者が全員いることを確認して、みんな一緒に固まって歩いていたそうだ。

「くせーなあ」

「うわー、マジくせー」

参加者の中で声があがった。実は火葬場に行く途中ゴミ処理するためにゴミをストックしておく倉庫みたいなものがある。

ゴミ処理倉庫は常時扉が無く、開放状態だったのでその臭いがモロにくるのだ。

野球部の連中もなんだか興ざめな感じで、中には冗談まで言うやつが出たりして、とても肝試しの雰囲気ではなくなったそうだ。

早く家に帰ってテレビでも見ようみたいな。

突然、

「ガン、ガガン、ガガガン!!」

という大きな何かぶつかるような音が鳴りひびいた。

みんながその音の鳴る方向へ目を向けた……

「!!!!!」

なんとカンバンみたいなものが、踊るようにゴミ処理倉庫の屋根の上を跳ね回っている。まるで生きているかのように。

「うわぁーーーーー!!!」

全員我先にスタート地点へ走っていった。

スタート地点へ戻ったがみんな無言だった。が、誰かが「おい、中西がいねーぞ」という言葉で再びパニック状態に……

「マジかよ!」

「あそこに中西が一人でいるのかよ!?」

「もうあそこには戻りたくない……」

しかし気丈な奴が三人いて「俺らが中西を連れてくるから、待ってろ」ということになった。

三人はビビりながらもゴミ処理倉庫へ向かった。

倉庫前についたが、例のカンバンはもうすでに消えていて、ホッとしたのか三人は声を出して中西を探した。

「おーい中西」

「どこにいるんだー」

いない。いったいどこにいるんだ……

倉庫付近にはいないことが判明し、奥の火葬場へ行くことになった。

いた……

しかし気を失って倒れている。

三人の中の二人が中西の脇に体を入れ連れて行くことになった。

しかし、もう一人の奴の様子がおかしい。

ガタガタ震えていて泣いている。

不審に思ったが、二人とも中西を運ぶのに必死で、それどころではなかった。

無事にスタート地点間で戻り、全員の人数を確認した。

中西を担いだ二人のうちの一人が様子がおかしかった奴に

「どうしたんや?」

と聞くと、火葬場の前に上半身だけの男がじーっとこっちを見ていて、中西を助けるどころか自分で歩いてくのが、せい一杯だったらしい。

その後、中西は家まで運ばれて二日学校には来なかった。

登校してきた中西から聞いた話によると、カンバンが跳ね回っていたときに、火葬場の方から自分を呼ぶ声が聞こえてそちらに向かったとのこと。

でもその声の主がすざましい怨霊で、あまりの力に気を失ったとのこと。

「あんなの初めてや。もう二度とあそこへは行かん」

(了)

 

Sponsored Link

 - 怪談

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

笑う霊

  母が父のいる田舎に嫁いできたとき、母は「都会もん」(と言っても県庁 …

鏡 ~ 今まで聞いた中で一番恐い話を書きます。

今まで聞いた中で1番恐い話を書きます。 知り合いにすごく霊感の強い子がいて、よく …

ピーちゃんの忠告

ファッション誌界で有名な、霊感の強い若い男性カメラマンがいます。 二八歳の彼は、 …

山の上の託児所

私の母が体験した三十年くらい前の話。 当時、神奈川県にけっこう大きなキャバレーが …

酔っぱらいタクシー乗客

  先日帰省した時にタクシーの運ちゃんしてる弟から聞いた話を書いてみる …

呪いのピアノ

  私が高校生だった頃の思い出話です。 690 ピアノの怪談 2006 …

駅のホーム

JR京葉線・新日本橋駅に部下と二人でいた時の話である。 私たちは一番後ろの車両に …

【岡本綺堂傑作選】異妖編(二) 寺町の竹藪

異妖編 (二) 寺町の竹藪 これはある老女の昔話である。 老女は名をおなおさんと …

恐怖の留守番

根岸さんという青年は、最近、京都にあるおじの家の二階から飛び出した。 これは、た …

廊下の亡霊

俺の姉の友人、美津子の話。 468 :本当にあった怖い名無し:2006/04/2 …