【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

霊界Skype

   

Sponsored Link

 

私、死んだ彼氏にずっと電話してたみたい。

私が体験したと言うか私の親と彼氏の親が体験したと言うか……

霊より私が怖かった話。

三年前のこと。

当時私には付き合って三年になる彼氏がいた。

性格は正反対だったけど仲良かったし、尊敬できて、このままずっと一緒にいるんだろうな、と思ってたんだけど……

ささいなことで喧嘩したその日に彼氏が事故で亡くなってしまった。

面識があった彼氏の親からの電話で聞いた時はよく理解できなくて、ぼーっとしてたんだけど、気づいたら両親に連れられて病院にいた。

顔はそんな傷がなかったのだけははっきり覚えてる。

 

ここから記憶がぶつ切り。

なのでここからは親から聞いた話。

私はたまにぽろぽろ泣いたりしてたみたいなんだけど、病院で彼氏に対面した時号泣した以外は、終始ぐったりして大人しかったらしい。

静かすぎて逆に周りがハラハラしたと。

何日か経ってもそんな状態だったから、一旦休職させて親は私を実家に連れて帰った。

相変わらず話しかければ反応はするしご飯も少しだけど食べるんだけど、明らかに私はぼーっとしてたらしい。

虚ろと言うか、世界が現実感なく見えてた。

家の親は早寝で眠りが深いので、あまり夜中別の部屋にいる私の様子は知らなかったんだけど、たまたま起きた時部屋の前を通ると大体パソコンいじってる気配がしてた。

まぁ何かする気になってるならよかった、と思ってた。

 

Sponsored Link

 

四十九日も目前って時に家に彼氏のお母さんから電話が来た。

「美保ちゃん最近どんな様子ですか?」

って何か含んだ感じで聞かれたから

「相変わらずですが……美保に何か?」

って聞いたら、言いづらそうに話してくれたらしい。

前日の夜、彼のお母さんが彼の遺品を片付けていた。

色々思い出して泣いていたら急にプップップッと電話を発信する様な音がする。

音の出所を探すと彼の愛用していたノートパソコンから聞こえているようだった。

電源を入れた覚えもないので不思議に思いながら開くと、Skypeが立ち上がって勝手に通話を発信している。

発信相手は私。

すぐに相手が出なかったことを知らせるツーッツーッという音になったけど、何もいじってないのに不思議だな、と気になって、私との通話やメッセージの履歴を開いたらしい。

そうしたら昨日までの着信履歴びっちり。

ゾッとして私の親に連絡したらしい。

パソコンに疎い私の親も説明されてびっくりした様でその日の夜、相変わらずパソコンに向かう私に話しかけて画面を覗いた。

夜中なのでパソコンの液晶の明かりの中ぼーっとマウスを動かしてる私。

画面は彼氏への発信中。

相手が出ないので発信が切れる度無表情で再度発信を繰り返す。

切れる……また発信する。

ゾッとして思わず居間へ引っ張って行き、「何してるの!」と怒鳴ったらしい。

私は「出ないから……」とか言ってたらしいが、こんこんともう彼氏はいないこと、このままじゃお前も死んでしまう、と泣きながら諭されて、ようやく何かを理解した様に大泣きしだした。

親もあまりに私が抜け殻状態すぎて彼氏のことにあまり触れないように、腫れ物扱いだったから怒鳴られてようやく現実が認識できたのかも。

何時間も泣いて泣き止む頃にはなんとなく正気な感じになってた。

 

ここからは覚えてる。

たぶんあまりにも急で理解しようしようとして、できなくて彼氏に聞こうとしたんだと思う。

よくSkypeで話してたし、物知りな彼氏によく色んなことを聞いてたから、霊的なのは電源が点いていなかったはずの彼のパソコンが勝手に点いて、私に発信したことだけ(笑)

ちなみに後で見たら私の方にも履歴は残ってた。

そんなことより真夜中にひたすら死んだ彼氏に発信をし続ける私の姿と、彼のパソコンの履歴のが完全に洒落にならない怖さだったと思う。

私の親と彼氏のご両親には怖い思いと心配かけて本当に申し訳なかった。

勝手な解釈なんだけど彼からの発信は、本当に後追いでもしかねない様子の私を見て、彼が四十九日が終わる前に親達に知らせてくれたんじゃないかな、と思ってる。

最後まで心配と手をかけさせっぱなしだった。

ただのパソコンの誤作動かも知れないんだけどね。

後日お墓参りに行って彼氏に一緒にいてくれたことも含めてたくさんお礼言っといた。

余計なお世話だし当たり前のことなんだけど、家族でも恋人でも友人でも今一緒にいれる人を大切にしてださい。

私は喧嘩してひどいこと言っちゃって謝れないままなのを今でも後悔してる。

つい先日が彼の命日で、ようやく穏やかに彼を思い出せるようになったので、何年もたくさん励ましてくれた友人に結婚を前提にした告白の返事をしよう思う。

中々、人に話せるような話じゃないので書き込んで気持ちの整理ができた。

長くてつまらなかったかも知れないけど最後まで読んでくれてありがとう。

(了)

 

大霊界天界道 [ 隈本確 ]

Sponsored Link

 - 怪談

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

婆ちゃんの護摩札

一〇年ほど前、母が近所の寺の手伝いをしていた頃の話です。 592: 本当にあった …

小人が埋まってる

大学時代、サークルの友人と二人で深夜のドライブをしていた。 思いつきで隣の市のラ …

地下鉄怪談

某都市の地下鉄で働いてます。 まあ当たり前ですが、環境が環境なだけに 「ウン年前 …

元病院の夜間巡回警備

昔、警備員をしていた時の事。 250:2007/11/09(金) 17:37:1 …

学校の階段~落書き~

小学校六年生のときのことだから、もう十年以上前の話になります。 350 本当にあ …

小さな手の跡

学校につきものの怪談ですが、表に出ない怪談もあるのです。 9 :「小さな手」:2 …

手招く少女

ある夏の日の出来事。 612: 本当にあった怖い名無し:02/01/15(火) …

嗤う老人

  嫁が通ってた小学校であったという話。 13 :本当にあった怖い名無 …

防災倉庫

高校のときの話。 2004/09/02 16:36 ID:iSMsOmCs 友人 …

コンビニモニター

後輩の早水は某コンビニで深夜バイトをしてたらしい。 618 : 2005/08/ …