【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

ぽっちゃりナースの心霊日誌

   

Sponsored Link

 

今から二年前の話。お昼近くにモスバーガーが無性に食べたくなって、自転車でモスに行こうとしてた。

261: 本当にあった怖い名無し:2011/06/09(木) 13:32:03.76 ID:qO8E4Nqa0

横断歩道で、もう少しでモスというところで、左折してきた普通車に自転車ごと轢かれた。

色々打撲、擦り傷とかあったんだけど、左足がボキっておれてしまって、市内の大きな病院に入院することになった。

圧倒的な力に体を壊されるってこういうことなんだと思いながら、処置が終わった足を眺めつつベッドでぐったりしてた。

病室は個室で、比較的新しい病院だからとっても綺麗で、ベッドで寝てても可動式の小さいモニターのTVが目の前に伸ばせたりするので、ちょっと感動してた。

そんな時に、お母さんとお父さんがあわてて病院に来て、なにやってんの!と怒られて、お母さんに頭を殴られた。

青信号でちゃんと渡ったのに、ひどい!何で私が怒られなきゃいけないの!と逆切れしてたのを覚えてます。

警察の人に、車を運転していた人、知ってる人でしたか?とか聞かれてたりして、こんな風に調書ってとられるんだーってちょっとドキドキしながら、生まれてはじめての入院にちょっとワクワクしてました。

でも、その夜。お母さんは病室に泊まらないで、私の着替えとか用意して帰ってしまったので、疲れたし、擦り切れた腕とか痛いしで、色々落ち着いた十六時ごろからベッドの中で寝たり起きたりを繰り返してた。

たしか二十三時ぐらいだと思うんだけど、目が覚めたら、私のベッドの隣でおかっぱの痩せた女の人が立ってたの。

思いっきりびっくりして誰!?っておもったけど、大きなバラの花柄のパジャマ着てたから、入院患者さん?って思って。

「え?間違って入ってきたの??」とか思って。

で、時計見ようと顔だけ横向いて、またその人を見たらその女の人がいなくなってた。

「えええええええ!?」って一人パニックを起こしてたんだけど、見間違えかな?って思って。

寝たり起きたりを繰り返してたから、なんかボーっとしてたのもあって、寝ぼけてたのかな?と自分を納得させて、もう一回寝ようと思い、また寝た。

そして、日中から寝て起きてを繰り返してたから、また夜に目が覚めてちゃって。

そしたらまた、あの痩せたおかっぱの女の人が、私のベッドの隣に立ってた。

ジーっと私を見てる。少し怒ったような表情で。

「えええええええっ」って思って!

夢、じゃない?!って言うか、誰!って。

そのとき初めて全身がぞわっとなった。

あわててナースコール押して、布団を頭からかぶって、

「こわいこわいこわいだれだれだれ!看護師さん早く来て早く来て!」ってすっごい願ってた。

ナースコール押したから

「大信田さんどうしましたー?」ってちっちゃいスピーカーから看護師さんの声が聞こえたけど、怖くて布団から出れなくて、しゃべれなくて固まってた。

ちょっとぽっちゃりの、おっとりしたナースさんが、

「大信田さんどうかしましたかー?」って病室に入ってきてくれて、布団から顔出して見てみたら、その女の人はまたいなくなってた。

「すみません。こんなことで呼ぶのも悪いと思ったんですけど、信じてください」ってめっちゃ泣きながら、その看護師さんに、二回あったおかっぱの女の人の話をした。

「どうしたらいいですか?お部屋って変えられませんか?なんか怖いです」

ってナースさんに訴えたら、ナースさんがナースコール押して、もう一人のナースを呼んでくれた。

ぽっちゃりナースさんが新しく来たナースさんに事情を説明して、そのナースさんはどこかに行かれたあと、ぽっちゃりナースさんが

「今、手配しますからもうちょっと待っててくださいねー。用意できるまで私ここにいますから安心してください」って言ってくれて、無事違う病室に移ることが出来ました。

その日の夜は、何かあったらすぐナースコール押してくださいと言われて、また来るかもっ!

と不安に思いながら過ごしたのですが、その後、病室を変えて以来何も起きませんでした。

無事退院して、今まで幽霊とか一切みたことがなかったのに、本当にびっくりしました。

そして、先週の土曜日。

今の彼氏とジャスコに行こうという話をしていて、彼氏の家に迎えにいったら、彼氏の家にそのときのぽっちゃりナースさんがいました。

彼氏のお姉さんでした。

で、二年前は本当にお世話になりましたって挨拶をしました。

彼氏は、お姉さんと私が顔見知りだと知って「すごい偶然だなぁ」って驚いていました。
で、昨日彼氏に電話してた時に。

「礼子が入院してた部屋、前の日にがん患者の女の人が亡くなってたらしいよ。うちの姉貴は今まで心霊現象みたいなのあったことなくて、礼子の話を聞いて本当びっくりしたっていってた。前日になくなった患者さんがおかっぱで、花柄のパジャマ着てたから」

って話を聞いて、ほんとにびっくりしました。

本当に霊の人だったんだと。

(了)

 

死後結婚(サーフキョロン) [ 岩井志麻子 ]

Sponsored Link

 - ほんのり怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

キョウコちゃん

私が小学校一年生の担任だった時の話。 522: 本当にあった怖い名無し:2013 …

この森で絶対に遊ぶな

  俺が神社で初詣したときの帰り。始発前でまだ四時ちょい過ぎ頃だった。 …

一途な想い

僕の家の隣に女の子が越してきたのは小四の夏休みだった。 彼女の家庭にはお父さんが …

玄関の戸を叩く者

  小さい頃、五階建ての団地の二階に住んでいた。 609 :本当にあっ …

家族の寫眞

  私の前の上司(課長)は無口、無表情。雑談には加わらず、お酒も飲まず …

最上階部屋の上から聞こえる足音

十年前、学生の頃に住んでた杉並区のマンション。 806 :名無し不動さん:200 …

山中の貼り紙

  今から五、六年前の話。夏休みなどを使って毎年遊びに訪れていた祖父家 …

見世の女

  私の家族は、父は北海道の神社をしていた家系でハッキリと見える人。 …

見える彼女

  あれは三年ほど前の十二月。冬になると思いだす俺の体験談です。 16 …

護り猫

五年前の話です。我が家は庭に建て増しをして家を広くしました。 427 :本当にあ …