【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

ピーちゃんの忠告

      2017/03/21

Sponsored Link

ファッション誌界で有名な、霊感の強い若い男性カメラマンがいます。

二八歳の彼は、みんなから《ピーちゃん》と呼ばれています。

本当は人を撮りたいのですが、モデルを撮るといろいろと映ってしまうので、物撮り専門のカメラマンをやっています。

ファッション誌界では、引越しをするときは必ずピーちゃんを呼びます。

部屋を見てもらい、

「この部屋いいですね」と言われれば何もない部屋です。

「この部屋ヤバいですね」と言われると、いわゆる《いわくつき物件》という部屋です。

あるとき、ピーちゃんの先輩カメラマンが都内で引越すことにして、部屋を見てもらうために最寄駅で集合しました。

まだ部屋に行く前なのにピーちゃんが

「先輩、この部屋止めた方がいいですよ。ヤバいっすわ」と言うのです。

先輩は気に入ってる物件なので

「せめて見てから言ってよ」と言い、ピーちゃんはとぼとぼついて行きました。

先輩が部屋のドアを開けた瞬間、ピーちゃんが

「やっぱりこの部屋、ヤバいっすわ」と言いました。

「なんで?」

「先輩、見えないですか?玄関のところに小さな女の子が体育座りしてますよ」

「えー!?」と先輩は思いましたが、気に入ってるし、霊感はないからいいかと、ピーちゃんの忠告も聞かずに住むことにしたのです。

二か月後、ピーちゃんは気になり先輩に電話しました。

「この番号は現在使われておりません」

ピーちゃんは先輩が心配になり、先輩の会社に電話をしました。

社長が電話に出たので、ピーちゃんは先輩のことを聞きました。

「言ってなかったっけ。あいつ、引っ越したあと、目を失明してしまって、カメラマンを続けられなくなり、実家に帰ったんだよ」

ピーちゃんはとても後悔しました。

どうしてもっと強く止めなかったのかと。

実は、玄関に入ってすぐのところに体育座りしていた女の子には、

目が、なかったのです……

(了)

[出典:2016年8月7日放送『稲川淳二の怪談グランプリ2016』都市伝説の貴公子「島田秀平」の怪談話]

 

怖すぎる話 真夜中の都市伝説/松山ひろし

Sponsored Link

 - 怪談

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

roukanobourei
廊下の亡霊

  468 :本当にあった怖い名無し:2006/04/26(水) 21 …

agaranai-syadanki
上がらない遮断機

  少し前に取引き先の人に「この間、こんな事あってさ~」と聞かされた話 …

yakedonotiryou
★火傷の治療

昭和の初め頃、夕張のボタ山でのお話。 開拓民として本州から渡って来ていた炭鉱夫A …

33-maebure
前ぶれ

第33話 前ぶれ 大幽霊屋敷~浜村淳の実話怪談 これは私の友人の体験だ。 現在は …

sanru-futegata
サンルーフの手形

  私は長距離トラックドライバーの仕事をしています。大体関西から関東、 …

151030_006
振り子時計

  私が小学生の頃に住んでいた社宅での話です。 6 :名無しさん :2 …

151230_000
★チーママの恨み

学生時代、とある地方都市で下宿生活をしていた俺は、クラブのボーイのアルバイトをし …

bousaisouko
防災倉庫

高校のときの話。 2004/09/02 16:36 ID:iSMsOmCs 友人 …

manhole
自転車とマンホール

  私は今日も絵画コンテストの作品製作のため、学校の美術室にこもりきっ …

150824_006
仙台坂

昔、麻布の仙台坂というところに住んでいたことがある。 大使館や寺があちこちにある …