【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

パワハラの報い

   

Sponsored Link

 

最近の事だけど、元同期の部署に変わった(と言うか嫌みな)上司がいた。

313 : 本当にあった怖い名無し : 2013/10/08(火) 06:38:56.61 ID:XlWEP352O

同期はしょっちゅうありもしないミスを責められ怒鳴られていたが、周りからパワハラだと指摘されると、今度はその同期にだけ聞こえる程度に嫌がらせをし始めた。

小声で

「早くやめちまえ」

「目ざわりなんだよ」

「まだ生きてるのか」

などなど。

同期は会社をやめ、上司は満足そうに「出来ないヤツがいなくなって仕事がはかどるな」と笑っていた。

やめた後も精神的に病んだ同期は、神社の裏手で自殺した。

しかしなぜか手には油揚げが握られていた。

私は葬儀でこんなにまで追い込まれていた同期に号泣しながら謝った。

もうしわけなくて無力感から涙しか出なかった、自分が恥ずかしかった。

そして火葬場に行く直前に、おじいさんを見た。

緑色のハンチングを被ったおじいさん。下はなぜかじんべえみたいな服だった。

おじいさんはちょっとだけ私に笑いかけて「いいんだよ」と言った。

火葬場におじいさんも来ていて、私の横に座っていたのでお茶を一緒に飲んだ。

葬儀後に出勤すると上司はやっぱり同期の悪口を言っていた。

悔しくて言い返そうとしたら、キツネがふらりと入ってきて上司の足元を一回転して出ていった。

その日の夜、上司は駅の階段から落ち、首から下を動かす事が出来ない重症を負った。

私がそれを聞いた帰り道、コンビニであの時のおじいさんに会った。

あいさつをするとおじいさんはうなずき

「ありがとね、(同期)は何とか助かった。もう泣かんでええけん(なぜか方言)」

普通におじいさんは私に手を振って去って行った。

上司が亡くなったわけじゃないから偶然かも知れない。

特にオチもないのに長くてスマン
(了)

 

漫画・アニメ黒いネタ帳 [ 都市伝説研究会(竹書房) ]

Sponsored Link

 - ほんとにあった怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

本能寺で異変

  七年前の高二の夏休み。一人で京都に旅行に行った。 258 本当にあ …

壁のシミ

仲の良い後輩菊地から聞いた、幽霊屋敷の話 2015/09/14(月) 23:58 …

死相

遠い親戚のじいさんが死んだとき、遺体が公開されなかった。 会ったことも無いし、良 …

航空機事故の現場

私の友人である自衛官の体験です。 昭和60年8月12日。日本航空123便が群馬県 …

恐怖の訪問販売員

俺が一人暮らしを始めた頃、新聞の勧誘だの、怪しいセールスだのが来まくってた。 め …

左前の浴衣

自分は、普段はほとんど見えないが、夢の中でだけ霊と話しができる。 お盆の時とかは …

自殺願望の隣人

前住んでたアパートの話。 派遣だけど、少し給料がいい所見つかったから働く事になっ …

足音

  俺の住んでた実家、まぁマンションなんだが、これがちょっと地元で有名 …

深夜のスタヂオ

  当時、小さなテレビ番組の制作会社で働いてた。 483 :本当にあっ …

母の秘密

今でも真相はよくわかってないけど。数年前、朝起きると必ず喉が痛いということがあっ …