【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

親子揃って不思議な体験した

      2022/01/01

Sponsored Link

ちょっと別に怖い話じゃないと思うんだけど、誰か聞いてくれないか!?

1 :本当にあった怖い名無し:2014/07/23(水) 16:51:48.27 ID:BF633xdD0.net

マジで今、俺自身変な気分で誰かに聞いてもらいたい。

まず俺が子供の時の話なんだけどさ。実家がド田舎の山の方で、よく夏休みとか冬休とか遊びに行ってたのよ。

それで俺がちっちゃい時なんだけど、その実家から帰るのがだいたい暗くなってくる時間帯かな?実家から帰る途中の山道にうちの墓があるのさ。

そのお墓が車のライトを反射するんだけど、それを親父が俺に

「見ろ、ご先祖様が帰りを見送ってくれてるぞ」

なんて言って、俺にいつも聞かせてたんだよね。

子供心にビビりながらも「ばいばーい」とか、その反射してる光とか知らずに本当の人魂なんだ!とか思って手を振ってたりしたんだけど、俺が中学生の時、その日も実家から帰ってて、また墓が光ってたのさ。

それを俺から親父に「また見送りきてるよ」って言ったんだ。そしたら、親父が

「ヘッドライトつけてないぞ……」って言ったんだよ。

俺が「ありえない」みたいな事言ったら、親父が車をとめて外に出たんだ。

俺も怖かったけど親父について車降りてその光を見てたら、実家の方から車が走ってきた。

その車には実家に住んでる俺の叔父が乗っててさ、車の窓から顔を出して

「家で古くなってもろくなった納屋が崩れて、爺さんが下敷きになった!助けるの手伝ってくれ!」

って言ったんだよ。

一応補足しとくけど、その時は携帯とかも普及してる時代じゃなかったから、あわてて伯父さん追ってきたんだと思う。

本当にド田舎で近所に人が住んでるとかもなくて、俺と親父はあわてて戻って爺さん救助。連絡してた救急車到着。なんとか助かる。

それで後になって、あの墓石の光はじいさんを助けるために、俺達を足止めしてたのかもなぁ、なんて親父と話をしてたんだ。

それで昨日。嫁をつれてあいさつというか、顔見せに実家に帰ってたんだ。

近況とかもろもろの話をして夕方頃に帰る時に、嫁と二人で子供の頃こんな事があってなぁ、なんてさっきした親父と出くわした話をしたら、嫁さんが

「本当だ。今も車のライト反射して光ってるね?あそこが墓なんだ」

って言ったんだ。でも俺その時、車のライト付けてなかったんだよ。俺もう気づいた瞬間ビックリしてさ。

場所も親父の時とおんなじでさ。

「あの時と同じだ。おかしい」って言って、とりあえず思いついたのが親父と同じように車から降りてみるってのしかなくて。

けげんそうにしてる嫁さんに説明するだけして、車から降りたんだよ。

んで真っ先に気になったのが、あの時と同じように実家で何かトラブルがあったんじゃないかって事だった。

そう思ってあわてて実家に携帯で電話して出た従兄弟に「なんか事故でも家であった!?」って聞いたんだけど、従兄弟はハァ?って何言ってんだみたいな事言われた。

何もなかったならいい、と言って電話を切ろうとしたらドーン!!って地響きみたいな音が、先の道の方で断続的に聞こえてきたんだ。

何事かと思ってたら電話先の従兄弟にも聞こえたみたいで、様子を見てくるとだけ伝えて、嫁さんを車にのせて様子を見に行った。

そしたら、実家への道は山をえぐった様に出来てるんだけど、その道を多くの土砂と木々が横倒しになって道を潰してて、とてもじゃないけど通れなくなってた。

というか、その瞬間に居合わせたら間違いなく無事じゃすまなかったと思う。

車で通れなくなってたから、とりあえず実家に戻って話をしたんだけど、もしかして、ご先祖さんがまた助けてくれたんじゃないかなって思って、その話で昨日はみんなで盛り上がった(笑)

話はこれだけ!

ガキの頃の事を思い出して、本当に不思議で、親父にも電話で伝えたんだけど

「ちっちゃい頃から聞かせてただろ。ご先祖さまが見送りしてくれてるってな」って笑って言われた。

なんか関係ない人にも聞いてもらいたくなって初めて書き込みした!

(了)

[出典:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1406101908/]

Sponsored Link

 - 心霊ちょっといい話, 短編

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ついてくる

よくある話だが。 317 名前: kagiroi ◆KooL91/0VI [sa …

もどり雪

一月の終わり、山守りのハルさんは、山の見回りを終えて山を下っていた。 左側の谷か …

悪魔、のようなもの。

誰も信じないだろうから誰にも言ってない、悪魔みたいなものを殺した実話。 自分はと …

脳内弟

御相談:三十八歳の弟のことです。 もう七~八年、定職に付かず家にいます。 以前か …

風を呼ぶ家系

風を呼ぶ力 家の女系は風を呼べる。 自分でも胡散臭い話だと思うので、今まで一度も …

姑塩漬け殺人事件

賃貸不動産板で、最低と書かれている不動産会社で働いていた友人三宅(仮名)から聞い …

真っ白な顔

あれは私が中学三年生の時の話。もう十年以上前のことですが…… 私は後輩の安岡と電 …

鎌爺(かまじい)

小学生の頃、田舎に住んでいたいた時の話。 その村には鎌爺という、有名な爺さんがい …

汲み取り式便所でみた別世界

あとから考えると怖い幼い記憶 5 :あなたのうしろに名無しさんが…… 2001/ …

親友との別れ

友人から聞いた話です。 358 名前:POOF 投稿日:2001/07/11(水 …