【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

おっとい嫁じょ事件

      2017/08/15

Sponsored Link

鹿児島県の大隅半島周辺ではかつて「おっとい嫁じょ」なる奇習が存在した。

地元方言で「おっとる」というのは「盗む」の意味で、「おっとい嫁じょ」を標準語に直訳するならば「嫁盗み」となる。

簡単にいうと、結婚に不同意な女性を強姦して妻にするという驚くべき風習なのだ。

今よりも女性の貞操観念の強かった時代では、強姦された「傷物」の女性は嫁ぎにくくなるため、結果として被害女性もその親も渋々、加害男性との結婚を承諾するということなのである。

そして1959年(昭和34年)この風習が全国的に知られる事件が発生した。

事件の主人公は当時この地方在住の青年A。

Aは婚期になっていたため、義兄の勧めで当時二十歳の女性B子を紹介された。

AはB子に一目惚れし、初対面のその場でB子に結婚を申し込む。その後さらに2回にわたって結婚を申し込んだが、最終的にB子の兄を通じて結婚を断られた。

どうしても諦めきれなかったAが思いついたのが「おっとい嫁じょ」だった。

Aがこの手段に至ったきっかけの1つであろうと思われるのが彼の両親の馴れ初めだ。

そもそもAの母親は結婚前に家族と食事中、Aの父親に拉致され「おっとい嫁じょ」により結婚し、「おっとい嫁じょ」の「申し子」とも言えるAが誕生していたのだ。

結局、Aは従兄、叔父の協力で地元の職業安定所から帰宅途中のB子を拉致、再度結婚を申し込んだが、拒否されたことで知人宅の一室で「おっとい嫁じょ」、つまり強姦に及んだのである。

一室を提供した知人は、予め「おっとい嫁じょ」になることを知って部屋を貸しており、しかもAの強姦後には協力者の従兄と叔父までもが強姦に参加するという、今ならば悍ましいの一言ではすまない事態まで起こっていたのだ。

ちなみに従来から「おっとい嫁じょ」では、相手女性の抵抗を見越して数人の男性協力者が同行しており、彼らがご相伴に預かることは珍しくなかったという。

「おっとい嫁じょ」では、最終的に女性とその両親が加害男性宅に結婚の挨拶に来るというのが習わしで、Aも強姦後に彼女らの来訪を待っていたらしいが、彼の元を訪れたのは警察。結局、強姦致傷罪でAは逮捕された。

Sponsored Link

だが、本当に驚くべきはここからだ。

Aが逮捕されると、裁判所には多数の地元住民が署名したAへの情状酌量を求める嘆願書が提出された。

さらには「お上は地場の風習に手を突っ込むのか」という警察批判や「自分は子供の頃に『おっとい嫁じょ』に向かう集団の先導で提灯を持ったことがある。何が悪いのか」と堂々と語る地元学校の校長まで現れる始末だった。

弁護人も

「地元で『おっとい嫁じょ』は適法視されており、Aに違法性の認識はなかった」

と主張したが、鹿児島地裁は

「供述調書からはAが『おっとい嫁じょ』の反社会性を認識していたことがうかがわれる」

との理由で懲役三年の実刑を言い渡した。

実のところ呼び名は別にして、同様の風習は明治期頃までは鹿児島に限らず、日本の地方では存在していたが、時代の進展とともに徐々に廃れていったという。

なぜ鹿児島でこの風習が昭和期まで残っていたかは知る由もないが、少なくとも、現在でもこの風習で結婚した夫婦の子供は一部在命している可能性は少なくない。

判決文

昭和34年6月19日鹿児島地裁判(※画像をクリックすると拡大できます)

ottoiyomejo

おっとい嫁じょに関する資料

狐筋の一族 武富健治実話作品集(漫画)

ほんとうに怖い童話 2012年 02月号
おっとい嫁じょ(鯛夢)42Pから

Sponsored Link

 - 集落・田舎の怖い話, 事故・事件

[PR]

Comment

  1. 匿名 より:

    韓国人の性欲は異常

  2. 匿名 より:

    日本人男性の性欲は異常

  3. 匿名 より:

    昭和34年の事件で馬鹿な男の身内と弁護士がレイプの言い訳に使ったせいで都市伝説化しているが
    本当の「おっとい嫁じょ」は「なまはげ」とか「ハロウィン」みたいな村の伝統行事である

    地元で先祖代々行われてきた「おっとい嫁じょ」の流れを説明すると
    村の子供たちが新婚夫婦の家に行って「嫁を差し出さないと暴れるぞ」と言う
    庭には簡単に作った暴れて壊す用の垣根が準備してある
    「嫁をよこせ」 「それはやれん」 「じゃあコレをよこせ」 「それもやれん」 「ならアレをよこせ」 「アレもだめだ」
    そんな会話をしたあと「これをやるから帰れ」と言って用意していた食べ物を振舞って追い返す

    これが「おっとい嫁じょ」で男が嫁を守る儀式であり、ルーツをたどれば「大昔に女をさらう連中がいた」という事なんだろうが
    それを理由に「鹿児島ではレイプが当たり前で誰も気にしてなかった、近年まで問題にしなかった」というのは悪質なデマ
    その犯人達や署名した住民とやらがヤクザな連中だったというだけで鹿児島の一般人にとっては全く普通ではない

    地元の校長が「何が悪い」と発言したと言われているが、実際には
    「私も子供の頃に提灯を持って、おっとい嫁じょの行列の先導をした」と言っているので
    どのような経緯で言ったかは知らないが、あきらかにハロウィン的行事のほうの話である

    ちなみにネット上に散らばる記事のソースはウィキも含めて全てが
    事件の新聞記事を拡大解釈した中川善之助を更に脚色した下川 耿史のインチキ本のコピペである

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

灯篭流し【集落にまつわる怖い話】

  小学生の頃、よくH瀬村と言う山奥にある村に遊びに行ってました。 4 …

幸福の壺

フリーライターの坂本という友人から聞いた、怖いというか……とても気味が悪い話です …

髪寄りの法

祖父が子供の頃の話。 祖父は子供の頃、某県の山深い村落で暮らしていた。 村の住人 …

八甲田山雪中行軍遭難事件

八甲田雪中行軍遭難事件(はっこうだせっちゅうこうぐんそうなんじけん)は、1902 …

在所の自販機

出張で長野に行った時の事。 2011/08/19(金) 12:40:27.31 …

家ン神

投稿していいのか悩みましたが、個人的にとても腑に落ちなかったのと怖かったので書か …

広島新交通システム橋桁落下事故

  広島新交通システム橋桁落下事故(ひろしましんこうつうシステムはしげ …

墓参りの風習

つい先日、田舎に帰った時に聞いた話しが衝撃的だったので書かせていただきます。 4 …

歪んだ面

半年ほど前から、二、三日に一回の頻度で怖い夢を見る。 夢の中では自分は五歳ぐらい …

ささら

うちの実家は、東北の田舎なんだが、旧暦の正月に『ささら』っていうお祭りがある。 …