【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

恐山奇譚 ~ 興味半分で持ち帰った石がとんでもない結果に!

      2017/09/04

Sponsored Link

ある寺に、無庵という盲目の住職がいた。

これはその無庵住職が、数人の若い住職を連れて恐山に行ったときの話。

知っている人もいると思うが、恐山には所々に死んだ人の冥福を祈るために、それぞれの思いが込められた、たくさんの小石が山のように積まれている。

無庵住職は若い住職たちに向けて言った。

「ここに積まれている小石は、絶対に持って帰ったりしてはいけない」

それを聞いたある一人の若い霧中住職は、

『なんだ?どってことない普通の石じゃないか。これが何だっていうんだ?』

と思い、小石をひとつ掴み取って、ふところに入れてしまった。

帰りの車の中でのこと。

しばらく走っていると、無庵住職が突然ものすごい顔つきになり、

「何てことだ!一体なぜ……」と叫んだ。

驚いた住職たちが「どうしたんですか?」と聞くと、無庵住職は、

「女がものすごい形相で、この車を追ってきている……」

「えっ、どういうことですか?」

みんなで後ろを振り返ってみたが、なにもいない。

しかし、無庵住職の顔はどんどん険しくなっていく。

「この中の誰かを追ってきている……お前たち、一体何をしたんだ?」

若い霧中住職ははっと気がついて、自分のふところから石を取り出した。

「まさかこれが……?」

そして何気なくその石を裏返してみた。

するとそこには、lはっきりと女性の名前が書かれていたのだ。

「ひぃぃぃっ!」

完全に取り乱した霧中住職は、思わずその石を窓の外に投げ捨ててしまった。

「ああっ追いつかれる!」

無庵住職が叫んだ瞬間、石はアスファルトにたたきつけられ、真っ二つに割れてしまった。

『助かった……』

そう思って霧中住職は胸をなでおろした。

しかし次の瞬間、無庵住職が青ざめながら言った。

「女が血だらけになりながら、必死に車を追って来た……」

「そっ、そんな!」

あせった霧中住職は、すべてを無庵住職に話した。

すると、

「ちゃんと元の場所に返しに行けば、何とかなったものを……。なぜこうなる前に話してくれなかったんだ。 残念だが、石を割ってしまった今はもう……」

その後、霧中住職は高熱にうなされ、あっけなく亡くなってしまった。

(了)

 

江戸残酷物語 [ マーヴェリック ]

Sponsored Link

 - 洒落にならない怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

七人坊主

ある島で働いてた角造さん。 その日仕事が遅くなり、海沿いの道で車を走らせていた。 …

橋の上

高校生時代、陸上部で短距離走をやっていた俺は、夜学校が閉まってからも練習をする熱 …

旧看護婦寮

これはまだ私が日本に居た時の話なんで十年くらい前の話です。 87 名前:七誌さん …

呪われた姉妹

小四の時の話。 万里ちゃんのお姉さんは中学生で、首に腫瘍ができるとかいう小四には …

地方の小さな営業所であったこと

  二十代前半の頃だけど、地方の小さな営業所でOLやってた。 194 …

札幌米里の家

  祟りって本当にあるんだなって思った前職で俺の相棒だった鍋倉さんの話 …

ガムテで口を塞がれた男

ふと思い出した昔の話。 突如息抜きをしよう、ということになり友人とドライブに出発 …

怪しい深夜の男

俺の怖かった話。ちなみに実話。 798 本当にあった怖い名無し 2011/12/ …

雨の公園 ベンチの女

平成二十年、僕が大学生の頃の話です。 当時、都内で一人暮らしをしていました。 麻 …

白いワンピースの女

二年前、某ネットオークションにて車を落札しました。 799 本当にあった怖い名無 …