【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

新代神【オオカミ様・宮大工シリーズ07】

      2017/06/17

Sponsored Link

年末旅行から帰り、正月を迎える。

仕事納めまでは忙しく、オオカミ様のお社へ行く暇は無かった。

大晦日の夜、俺は除夜の鐘が鳴り始めるのと同時に家を出てオオカミ様のお社へ向かった。

色々と想う事は有るが、とりあえずは伊勢から無事に帰ってきた報告と新年の挨拶を兼ね、またもしかすると戻って来られているのではないか

との淡い期待も込めて新酒と髪飾りを持って来た。

さすがに、かなり山の中にあるオオカミ様の社まで来る人は居ない。

神主さんにより灯火が点され酒樽が奉納されていたが、誰も居ない境内は雪の中で静寂に包まれていた。

鳥居を潜り、お社の前まで行き、酒樽と髪飾りを置いてお祈りをする。

しばらくの後に目を開けると、目の前にあの少年が立っていた。

俺はちょっと驚いたが、静かに落ち着いた気分のまま彼に話し掛けてみた。

「貴方は、どなたですか?」

少年は数瞬の後に想像していたより低めの声で応えた。

「私は、代わりに使わされた者です」

「それは、貴方がこの社の主となったと言う事ですか?」

少年は少し首を傾げ、困ったような顔をした。俺は質問を変えてみた。

「オオカミ様は、どこに行かれたのですか?」

「……貴方は心静かにお待ちになると良いでしょう。これはお渡しておきます」

彼はいつの間にか銀の髪飾りを手に持っていた。

俺はちょっと途惑ったが、「……お願いします」と言い、深く一礼した。

身体を起こした時には、既に彼の姿はどこにも見えなかった。

そのまま親方の所へ新年の挨拶に向かう。

親方の所へは既に年始周りのお客が何人も訪れていた。

また、俺にも縁の有る人も結構来ていたのでそのまま親方の家で、お相手をする事になってしまった。

元旦は結局親方の家に泊めてもらい、二日の朝、部屋に帰り実家へ帰るための支度をした。

此処から実家までは片道三百キロは有るが、親方が七日まで休みを呉れたので久しぶりにゆっくり出来そうだ。

車に荷物を積み込み、オオカミ様のお社の有る山へ向かって一礼すると車に乗り込みアクセルを踏み込んだ……

つづく……

 

本当にあった!世にも不思議な事件集 [ 並木伸一郎 ]

Sponsored Link

 - オオカミ様・宮大工シリーズ

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

奇跡待つ日【オオカミ様・宮大工シリーズ10】

「オオカミ……さま……?」 俺が呟いた瞬間、彼女はビクッと身体を震わせた。 一瞬 …

想い還りし夜【オオカミ様・宮大工シリーズ14:完】

お狐様の突然の発現に息を呑む俺達。 優子さんがお狐様に憑かれたのは何年振りだろう …

焦准【オオカミ様・宮大工シリーズ13】

「この髪飾りをくれた少年は、どんな感じでしたか?」 俺は髪飾りを沙織に返しながら …

A村の氏神様【オオカミ様・宮大工シリーズ03】

とある秋の話。 俺の住む街から数十キロ離れた山奥に有るA村の村長さんが仕事場を訪 …

時、来たり【オオカミ様・宮大工シリーズ12】

「はやく来てくださいね」優子さんは会場へと戻っていった。 開始から既に数十分は経 …

邂逅の時【オオカミ様・宮大工シリーズ09】

俺が初めてオオカミ様のお社を修繕してから永い時が経過した。 時代も、世情も変わり …

公園も併設している神社の建替【オオカミ様・宮大工シリーズ04】

年号が変わる前年の晩秋。 とある街中の神社の立替の仕事が入った。 そこは、幼稚園 …

オオカミ様の神社の修繕【オオカミ様・宮大工シリーズ01】

俺が宮大工見習いをしてた時の話。 だいぶ仕事を覚えてきた時分、普段は誰も居ない山 …

稲荷神社の修繕【オオカミ様・宮大工シリーズ02】

俺が宮大工見習いを卒業し、弟子頭になった頃の話。 オオカミ様のお堂の修繕から三年 …

狐誘幻【オオカミ様・宮大工シリーズ08】

お伊勢参りの翌年、梅が開き始める頃。 山の奥にあるお稲荷様の神主さんから、お社の …