【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

オコボツさん

   

Sponsored Link

 

父方の爺ちゃん家の庭に、当主以外近づいてはならないっていうお堂みたいなのがあった。

700 :本当にあった怖い名無し:2012/01/22(日) 13:45:36.46 ID:yDZ30FQp0

爺ちゃんが亡くなった後、伯父(次男)が遺産相続の件でゴネまくった挙句、

思い通りにいかなかった腹癒せに、お堂の中の御本尊をどっかにやっちゃったらしいんだわ。

基本的にお堂の中は当主といえども、年に一回元日以外には覗いたらダメとのことで、

すぐには発覚しなかったらしいんだけど、気味の悪い海の夢を連日見てた矢先、

次男一家が突然一家心中したんでピンと来たらしい。

伯父(次男)は弁護士やってて、長男は国立医大、長女もどっかの有名私大、

次男は浪人だったけど別にグレたりとかしてた訳じゃなく、金銭的にも困ってそうでは無かったんだよね。

ところが、全員が首をくくって自害。

普通一家心中って、まとめて死ねるような方法選ぶよな?

なのに全員が個別に頚つって自尽したんだと。

加えて伯父の右手は、壊死したみたいに真っ黒になってたらしい。

で、慌ててお堂を調べてみたら、中が空っぽになってて『オコボッサン』が無くなってる。

一族全員緊急で集められて、そこで初めて『オコボッサン』っていう名前と、

それが一族の守り神みたいな存在である事、ただし、蔑ろにすると凄まじい祟りがあって、

何代か前には一族が全滅する寸前までいったらしい事なんかを話された。

正直、その段階では半信半疑どころか、従兄弟従姉妹の大半が、

伯父(長男)もボケたかなっていう感じだったんだけど、

うちの親父(三男)を含めて大人連中全員が真剣に嘆いたり、

祟りを防ぐために家から離脱すべきだとか話してるの見て、初めて怖くなってきた。

その日はかなり遅くまで話し合いが持たれた挙句、

伯母(長男の奥さん)と俺の母は離婚して旧姓に改め、

子供たちも全員姓を変えることに決まった。

それ以外に、伯父(長男)と親父はそのまま屋敷に留まり、

『オコボッサン』を探し続ける事、他の親族は全員、本家に近寄ってはいけない事なんかも決まった。

(ちなみに、うちの親父は一流に入ると思われる会社の管理職だった)

それから一月もしないうちに親父から連絡があって、伯父が屋敷の近くの崖から飛び降りて死んだっていう話を聞いた。

『次は自分の番だ』って、あの豪胆だった親父が震え声で言ってた。

その時に、『もし海の夢を見たら、学校なんか直ぐにやめて寺に駆け込め』とも言われた。

その電話があって更に一月後。

東日本大震災で、屋敷ごと流されたらしい。

死体は未だにあがってない。

幸い俺はその後海の夢なんか見なかったし、伯父(長男)の息子達も元気にしてる。

だから、祟りは終わったのかもと思う反面、この理不尽な話の理由を知りたいとは今でも思ってる。

(了)

 

怪談実話二人衆 [ 川奈まり子 ]

Sponsored Link

 - 集落・田舎の怖い話, 家系にまつわる怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

風車の村

僕がまだ小学生の時分。おそらく中学年だったろうと思う。 50:本当にあった怖い名 …

沼の底にあった祠と卒塔婆

  三年前に山に囲まれた大きめの沼の埋め立てを請け負った。 140 : …

贄(にえ)

話の出所はちょっとぼかしてしか書けない。信じる信じないは自由です。 26 本当に …

山の中の鳥居

数年前結婚した年のお盆休み、嫁の実家に泊りがけで行った時のこと。 822 :本当 …

くねくねする蚊柱、のようなもの。

秋田に住んでるんだけど、友達の家に遊びに行ったときに外から年寄りの悲鳴が聞こえた …

河内十人斬り事件

河内十人斬り事件とは 1893年(明治26年)に大阪府南東部の金剛山麓の赤阪水分 …

奇妙な村人

友人の奥山とある村に行ったときの話。 メアさん 2008/08/31 00:59 …

女を守る甲冑

  私の母の実家には武士が着る甲冑がある。 580 :本当にあった怖い …

医者がすぐ辞める村

爺ちゃんは当時すごい田舎の山村に住んでて、村にはあまり評判のよくない医者が一軒し …

聚落 ヤバイ田舎集落の怖い話

もう二〇年以上前、少年時代の話である。 怖い話投稿:ホラーテラー 寅さん :20 …