【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

岡山の霊能力者【稲川淳二】

      2018/09/26

Sponsored Link

 

岡山に心霊治療をする霊能力者がいるっていうんでね、取材に行ったんですよね。

撮影は次の日なんですが、先に挨拶をしておこうかっていうんで、ディレクターと二人そちらに向かったんですよ。

そうだなあ、中年位の女性だったなあ。

ところが驚いたのはたくさんの人がいるんですよ。

そのたくさんの人達は全国から集まっているんですが、医者にさじを投げられた、もう治らないという人たちがここで治っているもんだから、たくさんの人から崇められているんです。

一瞬宗教のような感じもしました。

果たしてどういうものかなと私は思ったんです。

それで、手をかざしたり撫でたりするですが、治るって言うんですよ。

でもやっぱり私は疑った。そんなことはないだろう、手術もしないで と思っていた。

そうしたならば、その方が七輪をスタッフに用意させるんです。

そして大きな鯛を持ってきて網に乗せて焼いているんです。

そして来ている人に手をかざしているんです。そして鯛が焼けるのを待っているんです。

妙な感じがした。

その時にその方が言った。

「稲川さん、普通魚を焼くっていい匂いがすると思いませんか?」

「かいでごらんなさい、臭いから」

確かに臭く、嫌な臭いがするんです。

そんなわけないんですよ、鯛なんですから。

でも臭いんですよ。嫌な臭いがするんです。

私は何か入れているのかなと疑った。

魚が焼けると霊能力者の方が、「稲川さん、ちょっと見てください」と言い、魚を割いた。

「いいですか?この人の悪いところが魚に出てくるんです」

「悪い箇所だけは絶対に焼けませんからね」

内蔵を開いた。すると一箇所焼けていない。

おかしい。他は焼けているのに。

なんだこれ?マジックか手品でも使っているのかな?って思った。

でもなかなか感じの良い人で「じゃあ明日、撮影よろしくお願いします」と言うんで、そのまま帰った。

ホテルに帰ったんですが、時間があるもんですから、ディレクターと二人でどうしようかと思い倉敷あたりに飲みに出かけたんです。

ちょっと良い気分になって二人でホテルに帰ってきた。

同じ階なんで廊下で別れて部屋に入った。

部屋が線香臭いんです、すごく。

慌ててディレクターの部屋へ行き「ちょっと来てくれない?」と頼んで自分の部屋に連れて行きました。

ディレクターが私の部屋に来ると、「何稲川さん、この臭い…お線香ですよね?」

「私が焚いたんじゃないよ。帰ってきたらこんな臭いがしていたんだよ。かなりきついよね」

そこでディレクターが気になり、フロントのほうに電話をしたんです。

何かあっては困ると思ったんでしょう。

でもフロントでは、誰も来ていないし、自分たちは何もしてない。

うちでは換気も出来ないと言うんです。

この臭いはなんだと聞いても、おかしいですね……としか言わない。

部屋替えますか?とディレクターが言ったが、もういいこのままでと断りこのまま寝たんです。

翌朝、スタッフと合流して先生のところに向かったんです。

着いたならばその先生が開口一番

「稲川さん、いらっしゃいませんでしたね、ホテルの方へ」

「えぇ、なんで?尋ねたんですか、電話ですか?」

「電話はしていません、尋ねたには尋ねたんですが」

「何時頃?」

「何時だったかな?八時頃におじゃましたんですよ」

「先生がですか?」

「いや違います、私の気が行ったんです。稲川さん、お部屋の中臭いがしていませんでした?お線香の臭いがしたでしょう」

「しました、かなりきつかったですよ」

「あー、私が行くとそんな臭いがするんですよ。もっとも私の気が行ったんですけどね」
不思議でした。信じられないことってあるんですよね。

もちろんホテルには聞きました。

しかし誰も私の部屋には訪ねていないんです。

その先生の気だけが訪ねてきたんです……

(了)

 

心霊を超えた!!冥界写真館

Sponsored Link

 - 稲川淳二

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

【稲川淳二】ノンストップ怪談【厳選39話】

稲川淳二さんの厳選名作怪談機械朗読です。 怪談リスト(順不同) そしてオレは死ん …

赤いおにぎり【稲川淳二】

学生時代からの私の親友の話なんです。 だから、彼とは相当長い付き合いですよね…… …

メリーさんの館【稲川淳二】

このお話は、私が大阪でやってる番組の常連さんで、城田さんという方が話してくれたお …

高校生の姉妹【稲川淳二】

霊というのは決して怖いばかりではない。 中には心優しい霊もあるようで、どうやら怖 …

先輩のカメラマン【稲川淳二】

  この話、不思議な話なんですがね。 私がJRの恵比寿駅の前を通りかか …

そしてオレは死んだ【稲川淳二】

  北陸の海岸を夏の日がオレンジ色に染めてもう日はだいぶ西に傾いている …

長い遺体/サーファーの死【稲川淳二】

長い死体 私の友人に、お坊さんがいるんですよ。 若いんですがね。 家が代々お坊さ …

大きな顔【稲川淳二】

あまりこの後味が良い話ではないんですがね…… もうどのくらいか前になりますが、声 …

レコード室の女性【稲川淳二】

わたしがまだ二〇代の頃なんですが、有楽町にありますN放送の深夜番組のDJをやって …

ゆきちゃん【稲川淳二】

私の友人にね、娘さんがいるんですよ。 久しぶりに彼から電話があって、娘さんがラジ …