【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

お母さんのアリバイ

      2017/03/06

Sponsored Link

俺が五歳のある日の夕方、母親がしきりに俺に言ってきた。

「おかあさん今日ず~っと家にいたよね? ね? ゆうちゃん」

よくわからないけど、「うん。いたよ」って答えたら、母親はすごい喜んだ。

次の日、隣に住む祖母が死体で発見された。

一見自殺なのだが、他殺の可能性(遺書がなく、足が悪いのに首吊りをしたことに違和感)もあるとして、うちにも警察の人が来た。

五歳の俺にも聴取のようなことがされたが、ほとんど母についてだった。

実は母と祖母の仲は悪く、元々同居していたのに、新しく家を建て祖母を追い出した経緯もあった。

「おかあさんはあの日ずっと家にいたの?」

警察にしつこく聞かれたが、「いたよ」っと伝えた。

その後母から

「警察に何聞かれたの?」

「ほかには?」

「他には?」

「ホカニハ?」

としつこく聞かれた。

そして、家にいたと伝えたことを言うと、ホッとしていた。

あれからもう二十年以上たって、俺は会社員として働いている。

十三歳で父が死に、苦しいなか大学まで行かせてくれた母には本当に感謝している。

ただ、あの日俺がテレビを見ながらウトウトしている間に、母が、裏口から三十分ほど家を出ていったのが忘れたくても忘れられない……

(了)

 

闇の検証 霊能者・寺尾玲子の新都市伝説

Sponsored Link

 - 意味がわかると怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

鳴り止まないノック音【意味がわかると怖い話】

出張で泊まるホテルは同僚から、『出るぞー』って散々脅されていたところだ。 ビビり …

のぞき穴

古いアパートに開いていた小さな覗き穴 大学生の男は古いアパートで一人暮らしをして …

きじまさん【意味がわかると怖い話】

《きじまさん》と言う、あるチームの創立メンバーの友人がいました。 この人がひき逃 …

アイドル【意味がわかると怖い話】

男はアイドルAに夢中だった。 安月給のため、生活に余裕はなかったが使える金は、全 …

異形の母親

その日は朝から暑かった。 37 : ◆cBCRASH/NU : 投稿日:2003 …

キャバ嬢の無念【意味がわかると怖い話】

  三年前くらいになるかな。当時俺はキャバクラのボーイをしていたんだよ …

心霊写真、のようなもの。【意味がわかると怖い話】

  誕生日に、ホームパーティを開いた。 その時、家の中で皆の写真を撮っ …

ロアニの家

子供の頃、近くに廃墟の家があった。 338 : 本当にあった怖い名無し 投稿日: …

飛び降りを目撃した【意味がわかると怖い話】

 会社までの徒歩通勤時に、 取り壊し予定の無人マンションの近くを通るのだが、 そ …

間違い電話

明日は日曜日で仕事休という土曜の夜。 676 間違い電話 2009/06/28( …