【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

追いかけてくる仲間の声

   

Sponsored Link

叔父の話。

母の弟である叔父は*ケイビングが趣味で、社会人になってからも大学時代のケイビング部の仲間とよく山に行っていたらしい。

※ケイビング(caving)洞窟探検:趣味またはスポーツとして洞窟に入る探検活動

未踏靴の鍾乳洞を発見したことも何回かあったそうだ。

その日も叔父は井脇という仲間と二人で、すでに何度か足を運んだ。

洞窟に朝からこもっていた。

昼過ぎに帰り支度をして洞窟を出ると、井脇が少し山を歩こうというので散策をしていたら山中で洞口らしきものを発見した。

さっきの洞窟と中でつながっているかも知れないと、井脇が言ったが叔父はまた洞窟に入るのを嫌がった。

未発見の洞窟に入るには準備が万全じゃないし、二人では心もとないと主張したが、井脇がじゃあ俺一人でも入るというのでしぶしぶついて行ったという。

洞窟は狭く、立って進めはしたが叔父の勘ではいずれ行き止まりになるような感じだった。

ところが前を行く井脇が「なにかいた」といって足を速めだした。

先に進むと少し広い空間があって、その下に縦穴が続いていた。

躊躇する叔父に対して、異様な興奮を見せる井脇がずんずん降りていく。

叔父もようやく縦穴を攻略してふたたび横穴に出た。

すぐのところにまた縦穴があり、井脇がそこでどう降りるか思案中だったというその時、その井脇の上になんの前触れもなく低めの天井から岩が崩れ落ちてきて、ライトの明かりとともにすべてを押し潰した。

叔父はとっさに身を引いて、さらに崩落しようとしていたその横穴からもと来た縦穴へと移りひたすら逃げたという。

叔父をさらに恐怖の底へ叩き込んだのは、ヘッドライトが落石を受けて割れてしまったことだった。

予備のハンドライトも井脇が腰につけていたものだけだった。

だからいったのに、だからいったのに、と頭の中で繰り返しながら光の差さない暗闇の中を手探りで進んだそうだ。

はやく光の下に出たくて心は急くのに、進む速度は来た時の倍以上。

さらに「この縦穴は来たときこんな形状だったか?」という不気味な想像が沸いて心臓がバクバクいっていた。

やがて横穴に出て、あとは歩いて進める、と少しほっとした時うしろからかすかな足音とともにこんな声が聞こえてきたという。

「おい、おい……」

井脇の声だった。

「おい……待ってくれ。体中が痛いんだ。骨が折れたかもしれない」

井脇のその声を聞いて、叔父は足を速めた。

後ろを一瞬振り返ったが当然暗くて何も見えなかった。

幻聴かと思ったそうだ。

さもなければもっと嫌なものだと思ったという。

手探りで進む叔父の後ろを、ズルズルという微かに足を引きずるような音と、凍えるような息遣いが追いかけて来た。

しっかりしろ、はやく外に出て助けを呼ぶんだ。と自分に言い聞かせながら、叔父は追いかけてくる井脇の声を無視し続けた。

「まってくれ。あしが……あしが……」

すぐ後ろのような、遠いような、距離感のつかめない音響で声はついてきた。

普通はこういう状況だと、幻聴だと思い込むより、まず助けに行くことがケイビングをする者の、というか人間の鉄則だろう。

Sponsored Link

僕もはじめてこの話を聞いたときは、憤った。

しかし、叔父は見たというのである。

あの岩が崩れ落ちてきた瞬間、消える直前のライトに一瞬照らされた井脇の姿を。

確かに腹部が、生存不可能なほど潰される瞬間を見たというのである。

だからこの後ろからついてくる声は幻聴なのだと。

叔父はその声に「ついてくるな」と何度も言おうとして、止めたらしい。

言うとその声を認めてしまう気がして。

叔父は暗闇の中をひたすら手探りで出口を目指した。

ズルズルという音と息遣い、それと叔父の名前を呼ぶ声はそれでも離れずついてきた。

完全な暗闇の閉鎖空間では、自分の頭の中の創造と現実の出来事とが比較しにくく、しばしば幻覚のような症状が現れるという。

あれは幻聴だ、あれは幻聴だ。

という自分の言葉も、本当に声として出ているような、なんとも言えない感覚があった。
だから後ろからついてきているモノにも、それを聞かれているような……

息が詰まる戦いの末、叔父はようやく洞口にたどり着いた。

光の中に出て叔父は洞窟の中を振り返ったという。

一瞬、闇の中に誰か人の顔のようなものが見えた気がしたが、それは間違いなく自分の頭が生んだ幻だろう、と叔父は言っていた。

結局、井脇は崩落のあった場所で死んでいるのを発見された。

即死という見立てだった。

それからケイビングを一度もしてないし、これからももうやらないだろう、と叔父は言う。

(了)

 

日本霊界地図 [ 並木伸一郎 ]

Sponsored Link

 - ほんとにあった怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

走り回る男

うちの近所に、とてもデカい2m近くある男がいたんです。 そいつは、いつも近所を走 …

サイン~神社で手に負えないもの

二〇〇五年夏、俺は大小様々な不幸に見舞われていた。 986 :本当にあった怖い名 …

真っ白な顔

あれは私が中学三年生の時の話。もう十年以上前のことですが…… 私は後輩の安岡と電 …

古い木造アパートの部屋で起きた異変

  前に住んでたアパートで起きた出来事だ。 659 :本当にあった怖い …

遊び半分で恐山に行ってはいけない

学生時代に恐山に行ったときの話をしましょう。 忘れもしない大学2年の夏、ヒマを持 …

立入禁止の地下一階

  その日は仕事帰りに、自宅近くのショッピングモールに買い物のために寄 …

自殺願望の隣人

前住んでたアパートの話。 派遣だけど、少し給料がいい所見つかったから働く事になっ …

呪村の悪魔祓い

今から五年前、俺が高校生だったころの話 150 本当にあった怖い名無し 2007 …

本能寺で異変

  七年前の高二の夏休み。一人で京都に旅行に行った。 258 本当にあ …

【実話】チリで最悪な犯罪者に絡まれた話。

  これは、南米旅行が趣味だった頃、チリの古代遺跡で有名なとある島に行 …