【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

鵺塚(ぬえづか)

      2017/06/13

Sponsored Link

むかし、秩父の荒川上流ダム群のあたりに、『イツザミ』という村八分にされた三戸ほどの集落があった。

その人達の間では、法律によって禁止される昭和初期まで、風葬が行われていた。

遺体を風葬する洞窟には『鵺』というのが棲みついており、死体の肉をキレイに食べて骨だけにしていると言い伝えがあるそうだ。

そしてその骨を洗骨し壷に入れて洞窟に納めるが風習だったらしい。

日本が高度成長期に入る頃、父が住んでいる地元で戦時中に使われていた近くの防空壕から、気味の悪い奇声が聞こえてくると噂が広まった。

あるとき地元の若い男達三人が酒を飲んだ勢いで、その防空壕へ肝試しに入った。

男達が戻ってくると得体の知れない大きな獣の死骸を持ち帰り、これが化物の正体で退治してやったと地元民に勇ましく見せびらかしていた。

だが数日後、その獣に直接トドメを刺して殺した男が突然死んだ。

そして葬儀が行われ火葬された男の遺骨が何故かまったく残らず全て灰になってしまい、結局それで祟りだ呪いだの噂や騒ぎが大きくなり揉めに揉めた。

それを見かねた土地の有力者が、火葬炉の火の調整の不手際によって起きたのが原因で祟りではないという事情を説明。

遺族に弔慰金を渡して騒動を収拾させた。

だがその後……

土地の有力者は防空壕の傍にあの獣の魂を鎮める小さな塚をひっそりと祀っている。

地元民はそれを『鵺塚』と呼んだが、塚がダムに沈んだ後でも公でその話をする人はいなかった。

この話を父が亡くなる直前に聞かされ、私はよくある迷信の類と思い本気にはしていなかった。

だが父が他界し葬儀の最中にある事に気づいた。

父方の身内や親戚の葬儀で骨上げをした事が一度もない事を……

(了)

 

中国の〈憑きもの〉 華南地方の蠱毒と呪術的伝承

Sponsored Link

 - 集落・田舎の怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

boxonngyousan
オコボツさん

  父方の爺ちゃん家の庭に、当主以外近づいてはならないっていうお堂みた …

senjyusan
センジュさん

来年結婚するんで厄落としついでに長々と書き捨てます 850 :本当にあった怖い名 …

151113_007
もんじょこき

  小学生だった時の話です。 675 : 本当にあった怖い名無し : …

img1371
死者が屋外を練り歩く

この夏に友達と、駅から徒歩二時間ほどの村へ行ったんだよ。 896 :本当にあった …

クロ宗 クロ教
★クロ教(クロ宗)の鉄の掟

クロ教(クロ宗)とは、鹿児島県甑島の一部で信仰されていると言われる土着宗教。 キ …

tanpen_008
奇妙な家

実家は兵庫のド田舎。地区の八割が一族で、うちは本家らしい。 258 本当にあった …

warago-goeika
わろご達への御詠歌

時期や場所は詳しく言えないけれど私の父の実家がある場所にまつわるお話。 731 …

umiwomitewaikenaihi
海を見てはいけない日

  九月に、『おおばあ』って呼んでたうちのばあちゃんの姉が亡くなって、 …

150408_006
奇妙な村の祭り

生まれは都市圏だけど、まだ緑が多かったころなので遊び場には事欠かなかった。 家の …

151220_011
★U字溝

実家にいた頃の話。 ピンポイントの情報で特定されそうなんだけど、とりあえず書き込 …