【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

鵺塚(ぬえづか)

      2017/06/13

Sponsored Link

むかし、秩父の荒川上流ダム群のあたりに、『イツザミ』という村八分にされた三戸ほどの集落があった。

その人達の間では、法律によって禁止される昭和初期まで、風葬が行われていた。

遺体を風葬する洞窟には『鵺』というのが棲みついており、死体の肉をキレイに食べて骨だけにしていると言い伝えがあるそうだ。

そしてその骨を洗骨し壷に入れて洞窟に納めるが風習だったらしい。

日本が高度成長期に入る頃、父が住んでいる地元で戦時中に使われていた近くの防空壕から、気味の悪い奇声が聞こえてくると噂が広まった。

あるとき地元の若い男達三人が酒を飲んだ勢いで、その防空壕へ肝試しに入った。

男達が戻ってくると得体の知れない大きな獣の死骸を持ち帰り、これが化物の正体で退治してやったと地元民に勇ましく見せびらかしていた。

だが数日後、その獣に直接トドメを刺して殺した男が突然死んだ。

そして葬儀が行われ火葬された男の遺骨が何故かまったく残らず全て灰になってしまい、結局それで祟りだ呪いだの噂や騒ぎが大きくなり揉めに揉めた。

それを見かねた土地の有力者が、火葬炉の火の調整の不手際によって起きたのが原因で祟りではないという事情を説明。

遺族に弔慰金を渡して騒動を収拾させた。

だがその後……

土地の有力者は防空壕の傍にあの獣の魂を鎮める小さな塚をひっそりと祀っている。

地元民はそれを『鵺塚』と呼んだが、塚がダムに沈んだ後でも公でその話をする人はいなかった。

この話を父が亡くなる直前に聞かされ、私はよくある迷信の類と思い本気にはしていなかった。

だが父が他界し葬儀の最中にある事に気づいた。

父方の身内や親戚の葬儀で骨上げをした事が一度もない事を……

(了)

 

中国の〈憑きもの〉 華南地方の蠱毒と呪術的伝承

Sponsored Link

 - 集落・田舎の怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

沼の底にあった祠と卒塔婆

  三年前に山に囲まれた大きめの沼の埋め立てを請け負った。 140 : …

狐のお面

小学生のときのことです。 711 本当にあった怖い名無し New! 2011/0 …

テッグさま

  これは俺の親戚のおばちゃんから聞いた話だ。 633 :本当にあった …

海辺の無縁仏

うちのじいさんの田舎が茨城なんだけど、昔は土葬だったそうだ。 923 本当にあっ …

牛の墓の話

私が通っていた高校は、数年前に改築され今では近代的な姿に変貌を遂げているが、私た …

海を見てはいけない日

九月に、『おおばあ』って呼んでたうちのばあちゃんの姉が亡くなって、一家揃って泊ま …

トンじい

私が体験した実話を投稿します。 372 : 2009/11/29(日) 20:5 …

海神様

部落ではないのだが排他的な地域で、回りの地域から少し恐れられてる村の話。 その村 …

髪寄りの法

祖父が子供の頃の話。 祖父は子供の頃、某県の山深い村落で暮らしていた。 村の住人 …

母を助けたもの

七十代の母は東北の田舎の集落の出身で母が幼い頃はまだ各家に電話がなく、母実家はそ …