【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

脳内弟

   

Sponsored Link

150729_001

御相談:三十八歳の弟のことです。

もう七~八年、定職に付かず家にいます。

以前から、姉である私に対して、幼稚な嫌がらせをしたりしていましたが、最近はそれがエスカレートしております。

私の部屋と弟の部屋は、本来続き間ですが、襖を閉め家具を置くことで分けております。

建具では、壁のような防音効果は無く、お互いの立てる物音が、全て筒抜けになります。

平日の弟は、私が起きる時間より一時間~三十分早く、大音量で目覚ましをセットして起きます。

私が起きて階下へ降りると、後から降りてきます。

私が二階へ上がると、直ぐに二階に上がって来て、私の部屋の前で気味の悪い声を上げて笑い、自分の部屋のドアを勢いよく閉めます。

朝の支度で、何度も二階と一階を行き来する時も、その度に同じくついてきます。

洗面所を使うと、直ぐ後に洗面所を使います。

手が汚れたりして洗いに行くと、直後にまた弟が手を洗いに行きます。

仕事から帰り、夕食を摂っていると、キッチンに近い洗面所で、ゲエゲエと気持ちの悪い音を立てながら、歯磨きをしにきます。

食欲の無くなる音なので、磨き終わってから食べようかと席を外すと、歯磨きを止めて、再び私が食事を始めるとまた歯磨きに来ます。

私よりも先にお風呂に入りたいらしく、常にタイミングを見ています。

私の直前に入った時は、お湯をかき出して変わりに水を入れていたり、とても入れないくらいの熱湯にしたりと、嫌がらせをします。

夜中にお風呂に入り二階に上がると、電気の消えている一階のどこかで弟が待っており、直ぐに二回へ上がって来て、気味の悪い笑い声を上げていきます。

夜中に水を飲みに一階に行き部屋に戻ると、こっそりつけて来ていた弟が一階から上がってきます。

私が休もうと電気を消すと、それまでテレビを見て笑っていても、直ぐに電気を消して、バタバタと一通り大きな音を立ててから眠るようです。

私の休日には、いつにもまして早起きし、早朝から大音量でラジオをかけます。

私が起きるまで、ラジオは止めません。それでも起きないと、掃除機をかけはじめます。

なるべく大きくて嫌な音が出るように工夫しているらしく、ガラスの上をキイキイさせながら何十分も掃除機をかけたり、同じ場所を1時間以上掃除機で吸っていることもあります。

ドアも、壁にかけてある物が弾むほどの勢いで開け閉めします。

私が完全に起きると、音は止みます。(私は耳栓を使っています)

そして私が休みの日だけ、布団を干します。物干し竿を全部使い、ありとあらゆる物を干し、私の物が干せないように塞いでいきます。

雨上がりでも干しています。またある日は、天気が良くても布団を干しません。

私が干していると、網戸に張り付くようにして見ており、また気味の悪い声を上げて笑います。

私が掃除機をかけていると、急いでやって来てその廊下に座り込んで動かなかったりします。

他にも、毎日細々とした嫌がらせを沢山受けています。

今は、完全に無視して暮らしていますが、いつまでもこんな事を続けていると、私の方がおかしくなりそうです。

無視していても、何かが弟を激高させて、激しく殴られたり首を絞められたりした事もあります。

家に男性は弟しかおらず、誰もいさめる事ができません。

他に、蚊に刺される事を異常に嫌い、夏は家中蚊取り線香を炊いて歩いています。

これだけの異常行動をするのは、統合失調症などの精神病なのではないかと思いますが、いかがでしょうか?

 

Sponsored Link

御回答

事実がこのメールの通りだとすれば、あなたのおっしゃるように、弟さんは統合失調症の可能性があると思います。

しかし、どうもこのメールの内容は解せないところがあります。

弟さんが統合失調症で、あなたに対して何らかの妄想を持っていると仮定しますと、ここに書かれているように、あなたの行動を監視し、いちいちそれに合わせて嫌がらせをするという手の込んだ形は、ちょっと考えにくい行動です。

しかも長い期間に渡ってあなたがそれを無視してそれなりに生活をされているというのも想像しにくいところです。

そして、「○○が自分の行動を監視し、いちいちそれに合わせて嫌がらせをする」というのは、統合失調症の方の典型的な被害妄想の訴えでもあります。

まさかとは思いますが、この『弟』とは、あなたの想像上の存在にすぎないのではないでしょうか。

もしそうだとすれば、あなた自身が統合失調症であることにほぼ間違いないと思います。

あるいは、『弟』は実在して、しかしここに書かれているような異常な行動は全く取っておらず、すべてはあなたの妄想という可能性も読み取れます。

この場合も、あなた自身が統合失調症であることにほぼ間違いないということになります。

いや、それは全くの的外れかもしれませんが、可能性として指摘させていただきました。

メールの文章だけしか情報がない精神科Q&Aの、これは限界とお考えください。

(了)

 

都市伝説・完全読本 [ 怖い噂編集部 ]

Sponsored Link

 - 定番・名作怖い話

[PR]

Comment

  1. 匿名 より:

    猫だ

  2. 匿名 より:

    迷言(名言)キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ガラス戸の向こう

  この事件がおこるまで、俺は心霊現象肯定派だった。でも今は肯定も否定 …

裏S区【アナザーストーリー/後日談】

※註:もとのお話『裏S区』を読んでいない方は、最初にこちらからお読み下さい。⇒  …

幽閉児【名作怖い話】

荒野のようだ その住宅街に来て、俺は一番にそう思った。 新興住宅地として開発され …

リアル(完全版)【語り継がれる最恐の話】

何かに取り憑かれたり狙われたり付きまとわれたりしたら、マジで洒落にならんことを最 …

エリーゼのために

病院にまつわる幽霊系の話はよく聞きますが、自分ではひとつしか体験したことがありま …

裏S区【語り継がれる定番怖い話】

仮だが、S区という地域の山を越えた、裏S区って呼ばれてる九州のある地域の話。 7 …

喜一じいちゃんシリーズ・全話【名作怖い話】

喜一じいちゃんの昔話をします。 810 :本当にあった怖い名無し :2008/1 …

狐の加護を受ける家系【名作怖話】

  自分の家は、呪いというよりは加護みたいなもんだけど、その内容は、な …

コトリバコ(コンプリート・完全版)【語り継がれる定番名作怖い話】

  この話は、霊感の強い友達の話。 912 小箱 2005/06/06 …

シシノケ【語り継がれる怖い話】

  先日愛犬と一緒に地元の山にキャンプに行ったんだけど、そこで変なもの …