【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

呪い返し ~ 人を呪わば穴ふたつ|霊媒師・戦慄の実態!

   

Sponsored Link

これは母から聞いた話です。

親戚に体格の良い叔父さんがいた。

特にスポーツをやっていた訳ではないが、子供の頃から農作業を手伝っていたせいか腕っぷしは強かった。

その叔父さんが結婚したばかりの頃。

夜中の12時頃になると、訳の判らない事を口走ったり、自分で自分の首をしめたり、いきなり高いところへ駆け上り跳び下りようとしたり、奇行が目立つようになっていた。

しかも不思議なことに、30分ほど経つとピタリとおさまり、その間にやっていた事は全然覚えていなかった。

そのようなことが1~2週間続き、周りで取り押さえる方が疲れ始めた。

また、此のまま放って置くと本当に自殺するのではないかと心配し、いろいろな所へあったっていると、或る親戚の一人が「良いお祓い屋さんがいる」と、あるおばちゃんを連れてきた。

おばちゃんは、特にこれと云って変わった感じは受けなかったが、叔父さんを見るなり、「あんた、呪われているよ。心当たりはないですか?」と聞いてきた。

叔父さんには心当たりが一つだけあった。

最近結婚した奥さんが以前はやくざの女だった。

相手は本当のやくざではないし、情婦と言うほどの付き合いでもなかったらしいが。

今の奥さんに頼まれて相手のやくざから強引に別れさせ、それが切っ掛けのような形で結婚したのだ。

呪いをかけられる相手として浮かんだのはその男しかないと思ったので、そのおばさんにそう答えた。

Sponsored Link

するとおばさんは、

「そんな男に大きな力はないと思うから、きっとお金で雇っているのね。まあ、任せときなさい。今晩お払いしときますから。一週間ほどしてからまたきますから、本当に祓えていたらその間なにもないはずですから。お金はその時に準備して置いてくださいね」

そう言って、1~2時間ほど不思議なお祈りをして帰っていった。

その夜からピタリと奇行は無くなり、家族みんなグッスリ眠れるようになった。

やがて一週間が経ち、そのおばちゃんにお金を払いお礼をした。(母の話だと、普通の人の月給程度)

母は好奇心が強いので、そのおばちゃんと世間話をしながらいろいろ聞いてみた。

そして、一番気になっていたことを聞いた。

「相手の人が、呪いをかけ直すと言う事はないんですか?」

「ええ、一週間も経っていれば大丈夫です。私のは、呪いを祓ったんじゃなく、返したんですから。相手は、私と同じような商売の人。まあ、私もこんな商売していれば、畳の上では死ねないと思ってますから」

そう云っておばちゃんはにっこり笑った。

母は「人の笑顔がこんなに怖かったのは初めてだった」と言っていた。

(了)

 

海洋奇譚集 [ ロベール・ド・ラ・クロア ]

Sponsored Link

 - 洒落にならない怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

漆黒の目

  僕は山陰地方の片田舎で民宿を営んでいる。 89 本当にあった怖い名 …

呪いの連鎖

呪いって信じる? 171 本当にあった怖い名無し 2007/05/25(金) 1 …

法医学研究室第一標本室

  私は現在、ある地方大学医学部に在籍している者です。 873 : あ …

広島一家行方不明事件

ひぐらしの元ネタとなった広島一家行方不明事件 24 :2010/05/28(金) …

夜更けのカラオケボックス

怖い話とかは好きだけど、霊感なんてまったくない自分が、思わずゾッとした経験。 1 …

いざない

その頃、私は海岸近くの住宅工事を請け負ってました。 季節は七月初旬で、昼休みには …

心霊番組のロケ

※関連するこちらの話もどうぞ ⇒ 『呪いのビデオ』のスタッフへ百八つの質問!その …

低周波ごみ屋敷

  地方紙に載った話。 463 :本当にあった怖い名無し:2011/0 …

げに恐ろしきは女の怨念

この話は、私がまだ大学生の頃、とある七階建ての貸しビルで夜間警備員のバイトをして …

禁の柄杓

1995年一月初旬、震災の一週間くらい前。俺が小学生の時の話。 132 :本当に …