【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

日米合作二題:コックリナイト/ノッカー

   

Sponsored Link

 

高校の時の話。通ってた高校は交換留学があって、行き先はニューヨーク。

916 :本当にあった怖い名無し:2012/11/20(火) 12:28:49.74 ID:F+Es67lv0

お世話になった家は工場勤務のパパと、学食でパートのママ、同じ年のジェニファーと三歳年下の妹、十歳年下で小学生の妹がいて、毎日がにぎやかでユーモアあふれた楽しい家庭だった。

自分は英語が得意なほうだったけど、やっぱり辞書無しでは分からない事もいっぱいだった。

パパがボランティアでやってる消防団の仕事で、夜いなかった時の話。

文化の違いをお互いに挙げてみんなで盛り上がってた。

一番下の妹はもう寝てて、話がだんだんと怪談話に。

「日本にはコックリさんってのがあってね…………」

って言ったら、やってみよー!って盛り上がって、さっそくセッティング。

ママはロウソク、ジェニファーはコイン、妹は紙にアルファベットを書き込んで。

ロウソクに火をつけて電気を消して、準備万端。

ママと妹が相向かいに座って、妹の隣に自分、少し離れたソファーにジェニファーが座ってた。

インチキがないようにママと妹は紙を見ずにお互いを見てるようにし、コインが止まった文字はあたしがノートに書き写してから、みんなに見せるってカンジで進行していった。

最初はふざけた妹がわざとコインを動かしたりしてママに怒られたりしてたけど、だんだん二人がマジ顔に。

お互いで、アンタ動かしてる?なんて確認しだした。

そんな事を言ってる間にもコインはスルスルと動いて、あたしが一文字書き留めるとまた動いてを繰り返した。

鳥居マークでコインが止まって、ママと妹があたしの書いた紙に注目した。

痛い
ごめんなさい
後悔している
帰りたい
死ぬのは間違い
ここは地獄

そんな事が書いてあった。

ママも妹もあたしもガクブル。

これ、誰なんだろう?聞いてみようぜって事になって、再びママと妹がコインに指を置いて見つめ合った。

あなた、誰なの?

ママが小さくつぶやくと、コインが動き始めた。

チラリとママと妹の顔を見ると、凄くおびえた顔で、二人ともオーマイガッとかアンビリーバボーって何度もつぶやいてた。

ヤバイ。こりゃマジだったかって今さら気付いて、あたしも凄く怖くなった。

単語と数字、そして
ジェンは知っている
家族に伝えて欲しい

という言葉を指してコインは鳥居に戻った。

コインもあたしが書く手も止まったのを感じて、ママと妹がこっちを見て、すごい声で叫んだ。

びっくりして、あたしは椅子から転げ落ち、ソファーに座ってたジェニファーがあわてて駆け寄ってきた。

妹は何か叫びながらコックリさんの紙をビリビリ破って、あたしが書いた紙はグッチャグチャにもんじゃくって投げ捨てた。

ママは真っ白な顔色でガクガク震えて何かをずっとつぶやいてた。

ジェニファーが、もみくちゃにしてポイされた紙を拾って読んで、フリーズした。

もうホント訳わからなくて、とりあえず説明してほしいと頼んだ。

書かれていたのは、先月、留学先の学校で自殺した子の名前と、自殺した日付だった。

その子はジェニファーをジェンと呼んでいて、悩みを相談していたという。

こりゃーもうダメだ。早く電気つけようよ。怖いからみんなでスイッチのトコまで行こうよ。とか言いながら、みんなで壁のスイッチのトコまで移動して、部屋のスイッチオン。

バリーンと音を立ててプチシャンデリアみたいな形の部屋の照明器具が弾け飛んだ。

もう、大絶叫。

みんなで泣きながら後片付けして、テーブルの上に使ったコインを放置して、みんなで固まって寝た。

コインは、早朝帰ったパパが朝食の準備をしてる時にはなかったと言ってた。

コインの行方はともかく、あのコックリさんナイトの話は、数十年たった今でも、家族とあたしの中ではタブーになっている。

補足です。

ジェニファーは同級生で、その子から相談を受けてました。

親が進学について非常に厳しく、その期待に応えられずにいた事。

でも、親を愛してるから何とか頑張りたいという事。

ずっと悩んでいて、とうとう耐え切れずに、父親の銃を持ち出して自宅で頭を撃ち抜いて自殺しました。遺書はなかったそうです。

後悔している事や、ジェニファーに相談していた事とかを親に伝えて欲しかったのかなと思います。

Sponsored Link

時は移り、短大の時にまた体験した話です。

968:本当にあった怖い名無し:2012/11/23(金)09:52:06.06ID:ZXZoo+Uj0

高校で海外生活の楽しさに味をしめてしまったので、短大も留学プログラムのあるとこを狙い撃ちし、見事入学する事となりました。

二年生になる直前の春休み、私はシンガポールでの留学プログラムに参加する事ができました。

お世話になったのは留学先の学校で教師をしているパパ、他の学校で教師をしているママ、高校生と中学生の妹、住み込みのインド系お手伝いさんの女性、という堅い感じの家庭でした。

与えられたのは二階の階段脇の部屋。

夜は警報装置が稼働しているので、絶対に一階に降りてはいけないと言われました。

学校へはたまにパパと一緒に行く程度で、いつもは電車とバスを乗り継いで通っていました。

学校にも慣れ、妹が実はかなりのヤンチャだと知って急速に仲良くなった頃でした。

夜遅くまでバカ話で盛り上がってしまって、自分の部屋でガッツリと惰眠を貪っていました。

コンコン、と部屋のドアをノックされました。

起きてるか?とか言いながら、何度もノックしてきました。

パパの声でした。

こっちは眠くてたまらなかったので、いっそ寝てる事にしてやり過ごそうとか思ってたのだが、そのうちドアノブをガチャガチャやってきた。

その間も、起きてるかー?とかノックとか。

学校は休みのはずなのに、なんとも朝からアグレッシブ。

何か用があるのかなぁ。つか、さすがに寝たふりは礼に欠くよなぁって思って、起き上がってドアのトコまで行って、ドア越しに応えた。

すんません。

今起きました。

着替えたら下に降りますね。

って返したら、ノックとかも止んで、下に降りてく気配がした。

とりあえず適当に着替えて、部屋の鍵を開けて一階に降りてった。

一階に降りると、お手伝いさんがそうじをしていた。

あれ?パパは?と聞くと、すでに出掛けたとの事。早ぇなぁ。

「さっきパパに起こされて、着替えて降りてきたのに」

って言ったら、お手伝いさんがギョッとした顔でこっちを見た。

「さっき?」

「うん、さっき。起きろー言われてノックされてさ、何か急ぎの用かなって思ったんだけど」

「……ダンナ様はもう二時間前にお出掛けになりましたよ?」

「……じゃあ、さっき部屋に来たのは?」

「さっきも何も、誰も二階には行ってないですよ?」

一階は、平たく言うとワンフロアぶち抜き型で、玄関から一番奥のリビングの窓まで一直線で見渡せる。

もしもさっき来たのがパパだとしても、そうじ中のお手伝いさんが見逃すはずもなく

じゃあ誰さー!?
嫌ァァァーッ!!

って、二人して大絶叫。

おそうじもソコソコに、二人で夕方近くまで外出した。

晩御飯の時間、みんながそろったテーブルで今朝の事を話した。

とたん、全員の顔色が変わった。

またか、とパパがつぶやいた。

実はこの家に越してきてから何度かそういう事があったという。

ただノックをして、起きてるかと聞いてくるだけだったから放置していたという。

そして、家族全員がその経験者で、ノッカーが来たとかってたまに話題にしていたらしい。

ここ数年はノッカーも現れなかったのですっかり忘れてたようだった。

去年からここで働き始めたお手伝いさんもそれは初耳だったようで、私と二人でガクブルしながらパパの話を聞いていた。

でも一つ気になって、聞いてみた。ドアは開けようとしなかったのか、と。

ノッカーがドアを開けようとしたと私が話すと、みんなの表情が恐怖に歪んだ。

今まで、そんなアグレッシブな事はしてこなかったと。

「鍵、かけててよかったね……」

中学生の妹がつぶやいた。全くだ。

それ一度きりで、ノッカーには出会わなかった。

でも帰国後、引っ越しをしたと手紙が来た。

妹がノッカーを見てしまい、これ以上この家には住めないと判断したという。

ノッカーが何だったのかは教えてもらえなかったし、知らない方がいいと言われたので言及もしていない。

(了)

 

本当にあった!世にも不思議な事件集 [ 並木伸一郎 ]

Sponsored Link

 - 心霊

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

全身黒ずくめ男

最初に。実話なんで、オチはありません。怖いというよりも不気味とか奇妙な話です。 …

心霊スポットの廃ホテル

今年の夏、友達二人と一緒に海に行った。 388 :2011/11/24(木) 0 …

寺生まれの友人から聞いた話

  よく寺の和尚や神主に霊感や祓う力があるかどうか話題になる。 690 …

誰も知らない本呪ビデオ

誰に聞いても知らないと言われてしまうことなので、その時感じた恐怖は本物なので一応 …

生霊と亡霊の間

某大手企業のプログラム開発現場に派遣されていた時の事。 その日も終電帰りになるよ …

執念の検問

私が学生時代の夏休み、サークル仲間でキャンプに行く事になりました。 いわゆる学生 …

霊が来たりてソファに座る

電波稼業は霊を呼びやすい関連です 261 :本当にあった怖い名無し:2015/0 …

ゴーストライト

すいません俺の最近の話です。思いつきで深夜ドライブに行くことになった。 608 …

霊感看護師

俺の職場には、いわゆる『見える人』がいる。 339 :本当にあった怖い名無し:2 …

外法箱(歩き巫女伝説)

  これから話すのは友人からの伝聞だ。まるで見たかのように話す所もある …