【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

寝てる間にワープ

      2016/07/12

Sponsored Link

 

二年前の冬に男二人で秋田市内の某ビジネスホテルに泊まった。

26 :列島縦断名無しさん:03/12/12 02:44 ID:gdP+7vYM

部屋は上層階の隣り合わせのシングル。

翌朝の七時前オレがまだ部屋で寝ていると、激しい音でドアを叩く音が……

眠い目をこすりながらドアを開けると、そこにはオレの相方が浴衣姿で真っ青な顔をして立っていて、その横には困惑気味の表情をしたフロントマンがうつむき加減で立っていた。

事情を聞くと、こんな話だった。

相方が六時半頃に目を覚まして、部屋の中を見渡すと何か様子がおかしい。

ハッと気付くと、まず荷物が無い。

ハンガーに吊るしてあったスーツがない。

まさか泥棒でもあるまいしと思った相方は、取り敢えず廊下に出て部屋番号を確認して、とんでもないことに気付いた。

部屋番号が昨夜寝た部屋番号と違うのだ。

オレの部屋は《1025》号室で、相方は《1026》号室で寝たはずだ。

それが朝出てきた部屋のドアに表示された部屋番号が《1027》だったのだ。

相方は良く事情が飲み込めないまま一階に降り、フロントマンに同行を依頼して、合鍵で1026号室のドアを開けてもらった。

するとそこには荷物もあり、ハンガーにはスーツがちゃんと吊るされていた。

そしてベッドのフトンには明らかに寝乱された形跡があった。

相方は間違いなく1026号室に入り、そこで眠りに就いたことがこれで証明された。

では何故相方は1027号室で目を覚ましたのか?

その場でフロントマンを含めた三人で様々なケースを考えてみた。

まず相方が夜中に室外に出て、間違って隣室に入ってしまったというケース。

これは当の相方が入室後室外に出た記憶は一切ないと言うし、何よりもフロントマンの話によると、その夜1027号室は空室でオートロックの為に、中に入ることはまず不可能だと言う。

次は、相方が寝ぼけてベランダづたいに隣室に入り込んで、そこのベッドで寝込んでしまったという馬鹿げたケース。

そもそもこのホテルは月並みなビジホでベランダなどない。それどころか窓をあければ垂直に30m以上切り立った外壁だ。

ではどうやって相方は隣室に入ることができたのか?

寝ている間に隣室のベッドに瞬間移動したというのでも言うのか?

チェックアウト時に支配人の方が来られ、「このことはあくまでもご内密に……」ということで五泊分の無料宿泊券をいただいたが、その後、秋田出張は何度かあったものの、二度とそのホテルに泊まったことはない。勿論当の相方も……

 

Sponsored Link

44 :列島縦断名無しさん:03/12/15 21:28 ID:8Rp4ky1s
で、1027の部屋が使われた形跡の確認はどうだったのかね。

47 :26:03/12/16 01:00 ID:tupOLVV+
>>44
不審に思った相方は、まず廊下に出た。

その時ヤツの頭の中には、ルームキーのことなどはすっかり抜け落ちていた。

廊下に出てルームナンバーを確認したときに、1027号室のドアが閉まってしまい、オートロックがかかってしまった。

この時点で、彼は1026号室にも1027号室にも入れなくなった。

仕方がないので一階のフロントへ降りて、フロントマンに事情を説明し、相方とフロントマンの二人は、1026の合鍵と1027のルームキーを持って十階に戻った。

相方とフロントマンは、まず1026の室内に入った。

そこで二人が見たものは、前述のように相方の荷物とハンガーにかかったスーツ、明らかに相方が就寝したと思われるベッドのフトンの乱れ。

そして何よりも重要なのは、ルームデスク上に置かれていた1026号室のルームキーだ。

続いて相方が朝目を覚ました1027号室に二人は入った。

そもそも前夜は空室だった1027は、前日昼間の掃除でベッドメーキングはちゃんと行われていたはずだ。

しかしベッドには明らかに誰かが寝た形跡があった。多分相方が寝ていたのだろう。

ちなみに当然のこと、1027のルームキーは室内には見当たらなかった。

ルームキーはその時、フロントマンの手に握られていたのだから……

(了)

 

怖い本(4) [ 平山夢明 ]

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

狛狗の守護神

五歳になる娘と散歩で立ち寄った神社でおみくじを引き、三回連続で凶が出た。 こんな …

【藤原静シリーズ】不思議な予言

  何年か前のことです。 あるとき、何故か急激に霊感が高まっていたころ …

天狗と会った話

  幼い頃に天狗らしきものに遭遇した事がある。 当時、鎌倉に住んでて、 …

光になったあの子

小学六年生の時、不思議な体験をした 532: 本当にあった怖い名無し 2015/ …

小さい頃遊んでいた女の子

小さい頃の、父方の田舎での思い出です。 1 :本当にあった怖い名無し:2013/ …

謡い聲(うたいごえ)

今からお話するのは、おそらく毎日、私の身の回りに起こっていた出来事でそれが日常だ …

人面鳥頭女(じんめんとりがしらおんな)

キュルルル   私が経験した、恐ろしかった出来事をお話します。 200 …

脳腫瘍とドッペルゲンガー

ドッペルゲンガーの正体についてこんな話がある 845 :本当にあった怖い名無し: …

鬼門部屋

  幽霊屋敷としか思えない家 私の母の実家は祖父母が亡くなって空家にな …

山で穴を掘る女

去年の冬、彼女とドライブ中、大げんかになり山中に捨てられた。 112 :本当にあ …