【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

猫の匂い

      2017/06/13

Sponsored Link

私の住んでるところは、田舎です。バスも一日に三本しかありません。

そんな村で私は介護の仕事をしています。

週2で訪問介護の仕事で山奥にあるお宅に伺うのですが、そのお宅が少しおかしいのです。

集落からさらに離れた場所にあるお宅なのですが、いつ伺っても嫌な生臭さと異常ともいえる数の猫……

それだけならまだよいのですがその猫のほとんどが身体の一部がないのです。

そのお宅のおばあさんは足が不自由ですがしっかりした方で「餌もやってないのに寄って困っとる」とおっしゃるのです。

臭いについて聞いてみたいのですが、失礼にあたってはいけないと思い、いつも聞けませんでした。

先月の雨の日でした。

その日は、入浴の介助を終えて帰ろうと思い玄関を開けた途端、いつも以上に強烈な生臭ささが鼻をつきました。

きた時はここまで酷くなかったはずと思いながら車に乗り込みました。

山道を下るにつれて生臭ささは薄れていきましたが、その日は耳鳴りが酷く帰るとすぐに寝てしまいました。

二日後にその家にまた仕事で伺ったのですが、なぜかいつも、沢山いた猫が見当たらず、またあの臭いもしませんでした。

その日は何事もなかったのですが、今思えばその日が境目だったのだと思います。

次の日から集落の人の私にたいする仕事が終わった後の挨拶が変わりました。

今までは「遅くまで大変ね」とか「帰り気をつけてね」等だったのですが皆一様に「お疲れ様です」に変わりました。

ずいぶん他人行儀な挨拶に内心『???』と思いつつ一週間前前までは普通の日常を過ごしてきました。

こここからは私の予想というか妄想なのですが、集落の人達はお疲れ様ではなく『お憑かれ様』といってるのではないのか?

臭いの元は見えないナニカではないのか?

おばあさんの家が集落から離れているのはナニカのせいでずっと昔から村八分にされてきたのでは?

おそらくそのナニカは歩いて、私の家に近づいている。

しかし、分からない事もあります。

なぜ私だけが臭うのか?

猫達はどこにいったのか?

そして何故、私なのか?

近々、引越しかお祓いをしようと考えています……

Sponsored Link

追申

お話聞いてきました。

以下、おばぁさんのお話です。

「猫が最近おらんようになって、うるさないわ」

「?臭い?最近顔色悪いし疲れとるんじゃないだか?」

「あんたは優しいこだけ猫らもついていったんかなぁ」

以上です……

これから集落の人に話を聞きにいってきます。

追申2

お話聞いてきました。

まだ分からない事だらけですが、わかった事を書きます。

・私に(正確には家に)ついて来たのは、『ぎゃだあ婆ぁ』というらしい。

・『ぎゃだあ婆ぁ』は未婚女性の家につく。

・しかし、本当の住家(社?祠?)がある。

・あのおばぁさんの家系は昔『ぎゃだあ婆ぁ』と喧嘩して村八分にされた。

・『ぎゃだあ婆ぁ』の祠に供物をお供えし引越しすれば住家にかえるらしい。

……結局分からないのは「あの臭いが何故私だけするのか」と「猫の事」です。

追申3

御住職にもお話を伺いました。

『ぎゃだあ婆ぁ』とは、昔その地区にあった神社の裏に住んでいた食人鬼だそうです。

おばあさんのひいおじいさんが逮捕したそうです。

しかしその後、逮捕した方が死んでしまい祟りが飛び火するのを恐れた村の人達がおばあさんの家を村八分にしたそうです。

現在はその神社は無いようですが小さな祠があるとの事です。

あと住職の叔母にあたる方もあの臭いを嗅いだ事があるらしく、だからといって私に力がある訳ではない、運が悪いと臭うだけだから余り心配しないようにとの事でした。

しかし住職さんにも、『ぎゃだあ婆ぁ』が何故私の家に着いて来たのかは分からないとの事でした。

(了)

 

マンガ・アニメ都市伝説 [ 山口敏太郎 ]

Sponsored Link

 - 集落・田舎の怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

贄(にえ)

話の出所はちょっとぼかしてしか書けない。信じる信じないは自由です。 26 本当に …

おいぼ岩

  時刻は夜十時を幾分か過ぎた、とある冬の日のこと。 僕を含めて三人が …

呪具製造販売

自分は宮城の田舎住み。漁師で家督を継いでる。 137 :本当にあった怖い名無し: …

アクマガマ

それはおじいがまだ子供の頃の話。逆算するとだいたい終戦直後くらいかな。 985 …

あまめの呪い

俺が体験した怖い話。 320 ; 2010/10/31(日) 17:22:08 …

ささら

うちの実家は、東北の田舎なんだが、旧暦の正月に『ささら』っていうお祭りがある。 …

裏S区【アナザーストーリー/後日談】

※註:もとのお話『裏S区』を読んでいない方は、最初にこちらからお読み下さい。⇒  …

私も、いつか……

某半島の先の方にあるひっそりとした村の話です。 話は江戸時代より前に始まります。 …

天明大飢饉の凄惨な記録

  ウチの地域(山間部)で実際に起きた歴史。 1783~1784年。世 …

テッグさま

  これは俺の親戚のおばちゃんから聞いた話だ。 633 :本当にあった …