【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

猫獄山伝説

   

Sponsored Link

私がまだ幼稚園にも行ってない頃。

母の入院で、九州の祖父母の家に預けられた。

その家には野良猫が遊びに来ていて、いつもその猫と遊んでいました。

ある日、猫がぱったりと姿を見せなくなり、「猫がいない」と泣いていると、祖父が、

「猫は猫嶽山に修行に行ったんだ」

「猫は歳を取ると、猫マタになるために猫嶽山に行って修行をする」

「修行が終わると、尻尾がふたまたになって耳が切れて帰ってくる」

……って。

あなたのうしろに名無しさんが……:03/12/1301:20
ここ見てて思い出したんですが、私も職場のお客さんから『猫獄』のこと聞いた事あります!

話してくれたのは熊本出身のMさん(67)。

Mさんのお母さんの実家では、猫を7匹ほど飼っていたのだが、猫が突然フッと家出することがあった。

Mさんは祖父に、「猫がいなくなった」と言うと、

Mさんの祖父はあたりまえのように、「ああ、猫獄行ってるだな」と答えるだけだった。

その後、猫は10日ほどで家に戻ってきた。

猫は家出してた割には痩せてないし、気が荒くなったりもしていない。

ただ、なぜか耳に切れ目が入っている。

Mさんは最初、ケンカで傷ついたのか?と思ってたんだけど、刃物でスパッと切ったみたいな切り口だったので、不思議に思ったとか。

Mさんの話だと、

・猫獄に行くのはオス猫のみ。メスは家出すらしなかった。

・猫獄に行くのは、決まって春~夏にかけて。

・オス猫が猫獄に行くのは一生に一度きり。

・飼ってた中に12才まで生きた長寿猫がいたのだが、その猫だけは猫獄に2回行った。耳には傷が2つあった。

・耳の切れ目は小さな三角で、硬券切符に入ったハサミの形によく似ていた。

・猫が猫獄に出掛けて数日後、近隣の町の人から、

「写真屋さんの猫が、わき見もせずにまっすぐどこかを目指して歩いていた」

と言われた事が何回かあった。(Mさんのお母さんの実家は写真屋)

Mさんは普段、非常に堅くて真面目な方なので、ウソではない……と思う。

あと、猫関係話では、

Mさんの祖母が亡くなったとき、「死人の側に猫を置くと死人の魂が入る」と言われ、

Mさんはいっしょに住んでいた従姉妹といっしょに猫を全部捕まえて、親戚の家に預けに行った。

というのもありました。

759:あなたのうしろに名無しさんが……:03/12/1409:56
自分は北関東だけど、猫で聞いたのは、

大人になった猫は、ある時期になると『お山』に修行に行く。

『お山』の修行は、手ぬぐいを頭に巻いて二足歩行で踊りの練習。

無事に修行が終わると、耳に切れ目が付いて戻ってくる。

耳に切れ目が付くのは、ずっと手ぬぐいを巻いて修行してるから。

そうなった猫は化ける力を持っていて、二又尻尾を隠している。

……というものでした。

(了)

 

ストーカーの心理 [ ポール・E.ミューレン ]

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

トンネルミステリー

小学六年生だった、ちょうど冬休みに入った日のこと。 そのトンネルは高速道路の下を …

幻覚で視たお姉さんの悍ましい姿

  小学四年生の時、新興住宅地へ引っ越した。 近所に二つ上のお姉さんが …

函女

この話は去年の三月、高校を卒業して進学で一人暮らしを始める少し前に起きた出来事。 …

不思議な小川

  私の体験を少し書きます。私の父はいわゆる転勤族で私は子供の頃から九 …

奇妙なアンケート

  子供の頃の奇妙な体験ってけっこうあるよな。 ずっと気になってたこと …

記憶にない友人

たまーに記憶の空白が訪れる。 正確に言うと、 『気づいたら、いつの間にか数時間経 …

偽物の俺

俺が中学二年生ごろの話。 929 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09 …

嫌われ女教師の授業風景

俺が小学六年生の頃の話。 857: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2014/0 …

記憶統失

  正月に小学校の同窓会があった。そこであったちょっと変な話。 201 …

盗まれた佛像

 母親から聞いた話。 11: 本当にあった怖い名無し 2012/07/27(金) …