【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

謎の女の呟き

      2017/02/04

Sponsored Link

 

私が小四の時。

134 :本当にあった怖い名無し:04/09/02 13:01 ID:OdIOObjC

学校から家に帰ると、玄関の内側から妹の泣き声と、母親のうめき声が微かに聞こえてきました。

「何があったの!?」とパニックに陥った瞬間、ニ階の窓がガラリと開いて知らない女の人が顔を出し、

「泥棒だよ。逃げな。ようこちゃん(妹)は死んだよ」と小さく一言。

すっと奥へ消える女。妹はまだ幼稚園児。

私は庭に転がってたほうきを持って、半泣きで家の中に転がり込んだのです。

すると、足の膝の所をスッパリ切って、大出血している妹と、あまりの事に発作を起こして倒れている母親が!

「みずほちゃん……隣の家の……おじちゃん……」

玄関の方へ這う様にして倒れている母親。

這ってでも外に出ようとしたのでしょう。

慌てて隣の家のおじちゃんを呼んで来て、止血。

救急車なんか待ってられない!とおじちゃんが絶叫。

おじちゃんのワゴンで近くの病院へ。

しかし、何故か病院に救急で駆け込んだのに

「名前を書いてお待ち下さい」と言われ、

あげくに足を切ってる子供に熱をはかってください、と。

「アホかぁぁ!骨が見えてるんじゃあああ!」

病院中に響くような声でまた大絶叫するおじちゃん。

なんだかんだですぐに緊急手術。

妹は、その日の夜には「お姉ちゃん」と笑うぐらいに元気になってました。

家の中で遊んでて、ガラス製の水槽を踏み抜いたとのこと。

命からがら家に帰ってきた私は、すっかり忘れていた事を思い出しました。

あの時、物騒にも人の妹を「死んだ」とのたまったあの女は、一体誰だったんだ?と。

もちろんその日、家には妹と母親以外誰もおらず、結局女の事は誰にも言わないまま、もう十年がたとうとしています。

もしかして、私を家に入れたくない(妹を殺したい)何かだったのかな、と思うたび、あの時勇気を出して家に入ってよかったと思います。

[出典:http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1093782463]

(了)

 

「超」怖い話(申) [ 加藤一 ]

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

不思議な模造刀

子供の頃俺に起こった不可思議なお話。 5月の節句で、俺の為に飾ってくれていた兜と …

着物の少女

毎年夏、俺は両親に連れられて、祖母の家に遊びに行っていた。 772 本当にあった …

歯型

これは今から十三年前に起きた出来事です 865 名前:あなたのうしろに名無しさん …

わらべたちの『はないちもんめ』が聴こえる哀愁ホーム

  鉄道で不思議な話と言えば、もう十年以上昔の話になるが…… 476 …

僧侶の予言

昭和三年生まれの父は、昭和十八年頃、帯広の近くのにある農家に働きに出ていたのです …

頭を叩かれた

親戚の集まりがあり、家族で茨城の祖母宅へ行った時のことです。 51 :本当にあっ …

奇妙な写真

  俺が中学一年の時に、祖父が突然死んだ。 祖父は祖母と二人で行った温 …

MMDとkinectの奇妙な冒険

  まあ知ってる人は多いと思うがMMDってあるじゃん。 407 :本当 …

バスの老紳士と奇妙なおばあちゃん

友人から聞いた話です。 503:1/3 ◆zxEvCWYvb6 :03/12/1 …

花畑で戯れるばあちゃんの夢

俺は小さい頃からすごくリアルな夢を見る。 743 :本当にあった怖い名無し:20 …