【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

ムクロクリ

   

Sponsored Link

骸送り(むくろくり)

僕が社会人になってからの話です。

親友の収蔵と、肇、和子さんの男三人、女一人で、長野の爺ちゃんの家に遊びに行きました。

久しぶりの旅行ということもあり、みんな浮かれていました。

今でも、本当に、行かなければ良かったと後悔しています。

二泊三日で出かけ、いよいよ明日帰るという、二日目の晩です。

僕らは、肝試しに出かけようという話になりました。

僕はあまり気が進まなかったのですが、みんなの勢いに負けてしまいました。

爺ちゃんの家からちょっと山に入って行ったとこに、地元の人が『むくろくり』と呼んでいる川岸があります。

昔は『むくろ送り』と呼んでいたのが、『むくろくり』になったと言われていました。

その岸より上で川に落ちた死体は、必ずその岸に着くという話です。

そこは地元でも有名な霊の出る場所で、前にその話を僕から聞いていた収蔵が、場所はそこにしようと決めてしまいました。

僕らは爺ちゃんには内緒で、こっそりと出かけました。

田舎の闇は深く、二本の懐中電灯だけが頼りです。

馬鹿話をしたり、仕事の話をしたりしている内に、『むくろくり』に着きました。

なんの変収蔵もない川辺でした。

多少、霊感のようなものがある僕にも、何も感じません。

僕がほっとしていると、肇が何か見つけたようでした。

「お~い!こっち来て見ろ!なんかあるぞ!」

行ってみると、洞穴がありました。

割と大きな穴で、180センチある肇でもしゃがまずに入れそうです。

僕は何かイヤな感じがしました。

「おい、帰ろうぜ!」

僕が言うのも聞かず、肇は中に入っていってしまいました。

仕方なく、僕と収蔵、和子さんも後に続きました。

しばらく歩くと、割と大きな空間に出ました。

大人が十人は入れそうな感じです。

「昔の防空壕の跡かなあ?」

肇が言いました。

「見て!」

和子さんが、懐中電灯で奥を照らしました。

そこにはお堂がありました。

お堂といっても、小さな30センチほどのお堂で、とても人は入れません。

薄汚れて、あちこち傷んでおり、何かイヤな雰囲気をもっていました。

僕らは気味悪くなり、誰からとも無く帰ろうという話になり、出口に向かって歩き始めました。

その時です。

「……わば……まで」

どこからか声が聞こえて来ました。同時に、僕の背中にイヤな感じがしました。

霊が近くにいるときの感じ。

「毒……わば……皿……まで」

声は背中から近づいてきます。

僕は思い切って後ろを振り向きました。

声はやはりお堂からでした。

お堂の破れた障子からは、明かりが漏れていました。

まるで、中で蝋燭を灯しているかのような、ゆらゆらとした明かりです。

そして、お堂の扉が少しずつ開き始めました。

本能的に、「これはやばい!」と分かっているのですが、体が全く動きません。

開いた扉から、スウっと、何かが出てきました。

包丁の先のような、尖った刃物。

もしかしたら、日本刀でしょうか?

Sponsored Link

「キャーーーーーーーーー!」

和子さんが悲鳴をあげました。

同時に、こわばっていた体が、フッと動くようになりました。

僕たちは慌てて、わき目をふらずに逃げ出しました。

僕たちは、へとへとになりながら爺ちゃんの家までたどり着きました。

「なんだったんだよ!あれ!」

収蔵が僕に言いました。

「僕だってわんないよ!」

和子さんは周りを見回していました。

「待って!肇くんがいない!!」

見ると、確かに肇がいません。いつはぐれたのかさえ、分かりません。

そこへ、騒ぎに気付いた爺ちゃんが出てきました。

「なにやっとんじゃ、おまえら!こん夜中に!」

僕たちは、爺ちゃんに今あったことを話しました。

聞いているうちに、爺ちゃんの顔色が見る見る青ざめていきました。

そして、いきなりバキッ!っと僕の頬を思い切り殴り飛ばしました。

「……!」

僕はびっくりして、声もでません。

爺ちゃんに殴られたのなんて、これが初めてだったのです。

「勇!おまが着いていながら、なんでむくろくりになんぞ!行ったらあかんと…… 何故あかんと……わからんじゃあ……」

最後の方は言葉になっていませんでした。

こんなに狼狽している爺ちゃんを見るのは初めてでした。

「大黒の坊主に……いや……今日は坊主の集会で京にいっとる日じゃ……」

ぶつぶつと一人でつぶやくと、一人で頷き、僕の肩に手を置きました。

「いい、いい。 心配するな、勇。なんとかしてやる、爺ちゃんがなんとかしてやる……」

そう言うと、家から塩を持って来ました。

「毒を食らわば皿まで食らわん 皿まで食らわば肝喰らえ……毒を食らわば皿まで食らわん 皿まで食らわば肝喰らえ……」

僕たち三人を並ばせると、頭から足まで塩をかけながら、何かおまじないのような事を言っていました。

そして、着いて行くという僕を残し、爺ちゃんは一人で肇を探しに向かいました。

僕たちは、爺ちゃんの家で、ひたすら二人の帰りを待っていました。

翌朝、肇は一人で裏庭に倒れているのを発見されました。

外傷もなにもなく、ただ疲れきっていて、それから三日間も眠りっぱなしでした。

爺ちゃんは『むくろくり』に流れ着いていました。

僕は会わせてもらえませんでしたが、とても苦しそうな、何か恐ろしいものを見たような表情で亡くなっていたそうです。

そして、体には何も外傷がないのに、内臓が一切無かったと。

目が覚めた肇は何も覚えていませんでした。

ただ、うっすらと

「大丈夫、大丈夫じゃ……」

という爺ちゃんの声だけは覚えていると言っていました。

(了)

[出典:http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1135737077/]

 

懺・百物語/我妻俊樹/伊計翼/小田イ輔

Sponsored Link

 - 集落・田舎の怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

150725_000
集落の先輩の話

これは俺が新入で入った会社の先輩の話。 30 本当にあった怖い名無し 2012/ …

kwanhimo
★髪被喪(かんひも)

僕の母の実家は長野の山奥、信州新町ってとこから奥に入ってったとこなんですけど。 …

クロ宗 クロ教
★クロ教(クロ宗)の鉄の掟

クロ教(クロ宗)とは、鹿児島県甑島の一部で信仰されていると言われる土着宗教。 キ …

151010_003
不思議な女の子【ゾッとして、やがて感動に変わる話】

私の家は昔の古い日本家屋といった感じの、ジブリの映画に出てきそうな家でした。 2 …

img0304
潮吹き面の呪い

  俺の爺さんには従兄がいたらしいんだが、十代前半で亡くなっている。 …

sabitayari
錆びた槍

  俺の実家、岩手県のとある地方なんだけど、毎年帰省するんだけどね。 …

kagasama
カガさまのお迎え

  医者だった祖父が、とある山中の無医村に赴任したときの話。 156 …

150909_002
山の怪・ヨウコウ

福井県の某村の話 407: あなたのうしろに名無しさんが 2003/07/01 …

houtaionna
巫女さま

  怖い話じゃないけど、ちょっと昔の不思議な体験の話をする。 404 …

touzewa
当世話(とうぜわ)

  今日、実家に帰ったとき、祖母ちゃんからちょっとオカルトチックな話を …