【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

無言電話

      2017/12/04

Sponsored Link

※当作品はAskMonaにも投稿しています。

330 :BlueTree一級:2017/12/02 10:45:25
http://askmona.org/3056

朝、目が覚めると、妻はいなかった。

315:矢吹新一 : 2016/8/12 20:33:25 ID:5toFhG8awY

昨日、かなりの大ゲンカをしたから家を飛び出したのか?

部屋もかなり荒れている。

ケンカの原因は、あいつの嫉妬深さだ。

すぐに俺が浮気してると決めつけやがる。

女友だちからラインが来ただけで「怪しい!」なんて言うのだ。

勘弁してくれよ。

なんか、ひどく頭が痛い。

硬いもので殴られたのだろう。

怪しいのはゴルフクラブだ。

あいつは俺がゴルフに行くたびに文句を言うが、つきあいなんだからしょうがないだろ。

まったく、大事なクラブなのに……

時計を見ると、午前十時を回っている。

今日は日曜だから問題ないが。

いつもは日曜でも六時半には起きるのに、かなり夕べは疲れたのだろう。

トーストでも食べるか。

冷蔵庫を見るが、とろけるチーズが切れていた。

もう、だから昨日、スーパーに寄ったとき「買うものないか?」って聞いたのに……

しょうがないから、マヨネーズをかけて焼いた。

あいつはどうせ、横須賀の実家にでも行ったんだろう。

ケンカして飛び出しては、しばらく実家にいるんだから。

お義父さんは神奈川県警の警察官なのに、一人娘には甘いんだよな……

 

Sponsored Link

そう思っていると、電話がかかってきた。

妻の携帯だ。

「昨日は言い過ぎた」とでも言うのだろう。

電話に出て、「もしもし」と言うが、何の返答もない。

「もしもし!?理子か?」

全然しゃべらない。

ただ、電話の奥で「ゴボッ」という音が聞こえる。

「お前、今どこなの?」

「…………」

「なんだよ、あったまくる!」と言って、俺は電話を切った。

あいつは昔からそういうところがある。

嫉妬深くてわがままで、すぐ感情的になって人のせいにする。

リビングには、あいつが投げてきた雑誌や服が散乱していた。

台所には、包丁が出しっぱなしだ。

ゆうべの記憶はあまりないんだが、そういえば、あいつが包丁を持って「殺してやる!」って言ったんだよな。

俺は総合格闘技をやってたから、包丁ぐらいでは驚かない。

俺を殺すなら、拳銃か何か、飛び道具でも持ってこなきゃ。

俺は、頭を殴られてあまり記憶がないのだが、夕べはかなり派手にやっちまったんだろう。

あいつの顔を殴っちまったかな?

だから怒ってんのかな?

横須賀のお義父さんに夕べのこと言ったのかも知れない。

俺は、あのお義父さんは苦手だ。

あいつが実家に帰るのは一度や二度じゃないが、そのたびに娘を溺愛するお義父さんに怒られる。

「だいたい、あんたの育て方が悪いんだよ!」

と言ってやりたいんだけど、お義父さんはマル暴の刑事だから、見た目も中身も怖い。

先に謝りに行ったほうがいいかな?

そう思いながら、なんか体が重だるい俺は、シャワーでも浴びることにした。

疲れた体をひきずって、風呂場に向かう俺。

風呂場の扉を開いた俺は、夕べのことをはっきりと思い出した。

そうだった、忘れてた……

あいつが包丁を振り回して、俺は手を切られたんだ。

俺の左手には、白い包帯が巻かれていた。

それで頭にきた俺は、その包丁をたたき落としたあと、あいつを風呂場に連れてきたんだった。

そして、浴槽に溜められていたお湯の中に、あいつの顔を沈めたんだっけ……

俺の目の前には、ぐったりとして頭だけお湯に沈めている理子の姿があった。

そして、浴槽の中には、理子の携帯が沈んでいた。

じゃあ、さっきの電話はここからかけてきたのかな!?

冷静でいながらも、非現実的なことを言う俺。

そして俺は、一言つぶやいた。

.
.
.
.
.
.
.

「これ、完全防水だったんだ」

(了)

 

独白するユニバーサル横メルカトル 平山夢明短編集

Sponsored Link

 - ほんのり怖い話, オリジナル作品

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

見世の女

  私の家族は、父は北海道の神社をしていた家系でハッキリと見える人。 …

いわくつきの中古シビック

むかし乗ってた中古シビックの話。 85 本当にあった怖い名無し sage 201 …

近づく子供たち

  これは私が二〇歳を越えたばかりの、今から二〇年ほど前の話です。 そ …

人を操る少女

  僕の妹の美樹は、霊感が鋭い。 本人曰く、「霊は見えないけど、いるの …

首にロープを巻いて椅子蹴り飛ばそうとしたら足元に何かいた……

  小さいながら夫婦で防犯設備の株式会社を立ち上げてから八期目をむかえ …

壁の落書き

このあいだちょうど小学校の同窓会があったんで、そのときに当然のごとく話題に上がっ …

スキマ

  帰り際、自分だけ違う方向の電車だったので、仲間たちに別れを告げ電車 …

謎の生霊

  つい先日の話。私は夫と0歳児と犬と暮らすごく平凡な主婦です。 51 …

オカアサン

小学生の頃。妹が行方不明になり、一日後に戻ってきた。 915 :本当にあった怖い …

解体屋は見た!奇妙な造りの家

家屋の解体作業などをしていると、たまに奇妙な造りの家に出会うことがある。 964 …