【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

元カノが化けて出て俺の腹ン中に手ぇ突っ込んでグリグリするんだが

      2016/08/14

Sponsored Link

親父が内緒で教えてくれた話なんだが。

897: 本当にあった怖い名無し 2016/08/01(月) 11:08:51.36 ID:aMfvWG6L0.net

十年ほど前のある夜、

ふと目が覚めると金縛りのように体が動かない自分の上に誰かがのしかかっていた。

触れてきた手が冷たくて水がポタポタおちていて、

必死で目をあけたら、大学の頃に付き合ってた女がいた。

ただ、その女は親父と別れた後、海の事故で死んだと聞いていたので、

未だに俺の事を恨んでいるんだなぁと思っていると、

その女が腹の中に手を突っ込んでぐりぐりしてきて凄い激痛に襲われた。

次の瞬間、目が覚めたら女は消えて、激痛だけが残った。

翌朝になっても痛みが引かず、痛み止めを飲んでも効かなかった。

さらに、その翌日も翌日も女がでてきて腹に手を突っ込んでくる。

痛みと寝不足で仕事も集中できずミスが連発。

怒った上司に「今すぐ病院にいってこい」と命令を受けて渋々病院にいくことになった。

親父は以前から背中や腰の痛みがあり、座り仕事だし腰痛が酷くなったのだろう整形外科にいったところ、

当初医師も腰痛だろうという話だったが、

お喋り好きな高齢の医師につい、「夢かもしれないけど……」

という前提で、女の幽霊がお腹をグリグリしてから酷くなった、という話をしたところ

「そういうのは何かの前触れだったりするかもしれないから念のためお腹のほうも見てもらったほうがいいかもしれない」と言われた。

医者が言うには、幽霊そのものは幻覚だろう、とのこと。

ただその幻覚は自分自身がつくりだしたもので

自分のお腹に対する痛みや不安がそういう形で無意識で出てきているんじゃないか、とのことだった。

親父は、まあ、そういうこともあるかもしれん、と思い念のために別の病院にいってみた。

そっちの医者はかなり若い医者だった。

一応、とここに着た経緯を話したところ「幽霊ですか~」と苦笑いしながらも

「じゃあ安心のめMRIでもやっときましょうか」ということになった。

で、MRIをやったところ、膵臓に影があるということになり

専門の治療ができる病院に紹介状を貰い

すぐに病院にいっていくつかの検査を受けたところ、初期の膵臓がんということがわかった。

その時、医者が興奮しながら

「膵臓がんで手術ができるというのはラッキーですよ!」と言っていたらしい。

実際、膵臓がんは自覚症状が無いので、かなり悪化してから発覚することも多いのは後で知った。

医者が言うには、

この初期の段階で痛みがそこまで酷いとは思えないので

その整形外科の医師の判断が素晴らしかったのだろう、と褒めていた。

(ちなみに幽霊の事は言わなかったらしい)

結局、親父は転移もなく、膵臓がんを全摘した。

インシュリンの注射は必須ながらも現在も元気に生活をしている。

あの時の元カノの幽霊が、果たして親父の幻覚なのか、

病気を運んできたのか、それとも病気を教えてくれたのかはわからない。

でも、とりあえずカーチャンには一生黙っとけ、といわれている。

(了)

 

「極」怖い話(地鎮災) [ 加藤一 ]
一世一代の買い物―家。不動産の購入は多くの人にとって一生に一度あるかないかの一大イベントにして、最も高価な買い物だ。それにもかかわらず、試用期間も事前練習も許されず、少ない情報の中で決断せねばならない。住み始めてから何かあってももう遅く、再度売り払い、引っ越すのは並大抵なことではない。だが、この世には手を出してはいけない物件というのが確実に存在し、呼び寄せられるが如くそこに住んでしまった人たちがいる。俗に言う瑕疵物件だけでなく、遙か昔の歴史が絡む曰くつきの土地など様々なケースがあるが、そこでは信じ難き恐怖と不幸が実際に起きている。北海道の有名心霊スポット、円形マンションの真実に迫る驚愕の取材をはじめ、呪われた家と土地に纏わる実話を集めた渾身の書き下ろし怪談!

Sponsored Link

 - 心霊ちょっといい話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

mattetayo
待ってたよ

これは、私の友人が経験した話です。 彼は、いろいろな職業を転々としてきました。 …

nekotoobasan
伯母さんと猫

    俺の伯母さん(俺の母親の姉)の話。 663 :名無し …

kajiya
本家の墓

  俺は長い間フリーターで適当に暮らしてきた。 180 :2011/0 …

hikariwomotomete
光を求めて

  俺のじいちゃんは漁師だった。10歳の時から船に乗り、家族の反対を押 …

img0302
祖母最期の言葉

  かれこれ十五年程前の話。 799 :名無しさん@おーぷん:2016 …

motokare
夢の元カレ

  珍しく平日に休みが取れた日。彼氏が出勤するのを見送っった。 206 …

katakurrinohana
カタクリの華とお爺さん

  春の晴れた日のこと。友人宅に遊びに行き、ドアチャイムを押した。 1 …

bosuinu-koro
ボス犬コロの不思議な話

  俺のじいさんの家に犬が居たんだ。柴犬の雑種だと思うんだが、真っ白な …

tobinojiisan
鳶の爺さん伝説

  数年前、父方の曽祖父の三十三回忌が行われ、親戚が集まった際に聞いた …

gosenzosama
夢のご先祖様

  うちの実家の墓地には一人ずつ、あるいは夫婦単位で墓があって、ズラッ …