【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

みさきとおばあちゃん

      2017/07/05

Sponsored Link

朝起きて家の前でタバコふかしてると、隣に住んでるAさんに声をかけられた

774 本当にあった怖い名無し 05/01/11 00:54:45 ID:VOCdr4vl

「○○ちゃん、(私の名前) 頼みたい事があるんだけど……ちょっとみさき(Aさんの娘さん、小一)の事見てやってくれないかしら?」

「別にいいですけど……どうしたんですか?」

「あたしの母さんが倒れて、病院に運ばれたのよ……たいした事無いらしいけど、みさきに教えるとうるさいから……」

「あー、みさきちゃんおばあちゃんっ子ですもんねー」

なんて会話をして、Aさんは病院に向かった。

四時頃には帰ると言っていたので、その間Aさんの家でみさきちゃんと遊ぶ事にした。

みさきちゃんは本を片手に、嬉しそうに私に話しかけてきた。

「あんねー、これがみさきがもってるなかでいちばんこわい本なの!」

手渡された本は、著作権侵害だか何だかでオカ板で話題になったあの本……

Aさん、2ちゃんねらーだったのか……ていうか子供に見せるなよ、とか思いつつもみさきちゃんの相手をしていた。

昼食を食べ、みさきちゃんの怖い話に耳を傾けているうちに、三時になった。

「あ、三時だ……そろそろお母さん帰ってくるかもね?」

私がそうみさきちゃんに言うと、彼女はなんともいえないくらい素っ頓狂な声で呟いた。

「……かえってこないよ?」

「……なんで帰ってこないって思うの?」

「だって、おかあさんおばあちゃんのところにいったんでしょ?」

……なんで知ってるんだろうと一瞬ゾッとしたが、朝の電話の話を聞いていたんだろう、と思った。

「なんだ、知ってたのか~……でも、大丈夫、四時頃には帰ってくるって言ってたから」

「でもおばあちゃんしんじゃったもん、かえってこれないよ?おねえちゃんもおかあさんがかえってくるまでかえれないね~」

そう言ってみさきちゃんは楽しそうに笑ったが私は笑えなかった。

私は意を決して聞いてみた。

「どうしておばあちゃんが死んじゃったってわかったの?」

みさきちゃんは私の背後を覗き見るように動いた後、私に視線を戻して言った。

「おばあちゃん、おひるからずっとまどのそとにいるもん。テレビでやってたよ?くちからちをながしたひとがね、まどからのぞいてて、そのひとはもうしんじゃってるんだって」

……私は振り返れなかった。

背後の窓から来る外の寒さが嫌に強く感じられた。

結局Aさんが帰ってきたのは七時前だった。

Aさんの母……みさきちゃんのおばあちゃんは、病院で急に容態が変わってお昼頃に急死したらしい。

Aさんの感謝の言葉を背にドアを開け家を出ようとしたとき、みさきちゃんがこう言った。

「おばあちゃん、おねえちゃんについていかないで、みさきとあそんでよー」

みさきちゃんの視線は私のほうを向いていたが、私自身には向けられていなかった。

みさきちゃんはすぐに何かを追いかけるように視線を移し、台所の方に笑いながら走っていった。

(了)

[出典:http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1103819372]

 

東京伝説 呪われた街の怖い話[ 平山夢明 ]

Sponsored Link

 - 洒落にならない怖い話

[PR]

Comment

  1. 匿名 より:

    ちょっww最後は蛇足過ぎ
    おばあちゃんがボケ老人になっちゃうジャマイカ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

突然失踪した兄の友達

兄の友達の話 802: 本当にあった怖い名無し 2009/08/10(月) 01 …

最上階の上に棲む者

数年前の話になるんだけどさ。俺がいつものように2ちゃんねるで遊んでたとき、電話が …

開かずの便所

俺が行っていた小学校は山際にあり、グラウンドも校舎より高い位置にあって『上庭』と …

バス停の先

彼とは高校からの知り合いで、大学も同じ所に進学した。 お互いあまり社交的な性格で …

ユキオ

小学校のころ、俺のクラスにユキオっていう奴が転校してきた。 小柄でハーフっぽい顔 …

十三体の憑依霊

このコンテンツは音声のみとなります。 テキストデータを紛失してしまいました。申し …

憑依の理(ひょういのことわり)

もう十年以上前の、大学時代のこと。 実家の近所にある小さい運送会社で、荷分けやト …

人身事故が異常に多い踏切

  自分は小学校卒業まで、都内のある住宅街に住んでいた。 456 :本 …

母子二人旅路の果て

  今から二十年以上前、母と二人で小学校の夏休みを利用して、東北・北海 …

屋根裏部屋の秘密

幼い頃で記憶が曖昧になっているのもあると思うけど、今でもあの光景は忘れられない。 …