【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

ミサキの嫁入り

      2016/10/25

Sponsored Link

知り合いの話。実家への里帰り、夜の山道で車を走らせていた時のこと。

350 :雷鳥一号 ◆jgxp0RiZOM :2013/10/03(木) 17:44:29.31 ID:xyXI8rCC0

前方に明かりの長い列が見えてきた。

近づくにつれ、大勢の人が提灯を下げて、練り歩いているのが見て取れた。

列は道の端を歩いていたので車と接触することはなかったが、用心のために側を抜ける際は徐行してみた。

列の中程に籠が担がれており、その中に花嫁衣装の女性が座っている。

「花嫁行列か、今時珍しい。……っていうか、何でこんな夜中にこんな場所を通ってるんだ?」

薄気味が悪く思えたので、じろじろと見るような真似はせず、充分遠ざかってから後ろを確認してみた。

つい先に行列がいた道は真っ暗で、明かりなどどこにも見えなかったという。

帰宅後にこの話を家人にしたところ、祖父からしつこくこう聞かれた。

「花嫁は乗っていたか? いたんだな、間違いないな?」

安堵した様子にただならぬものを感じて、一体どうしたのだと問うてみた。

「あれは昔から目撃されてる花嫁行列でな。『ミサキの嫁入り』なんて、地元じゃ呼ばれてるよ。正体は誰も知らねぇ。籠に花嫁が乗っている時は、何も問題なんて起こらないんだが……誰も乗っていないと、次の日、村から娘が一人消えるってんだ。山の神様に嫁に獲られるって言われてたけどな」

彼はその数年後に結婚し、可愛い娘さんを授かった。

あの言い伝えを頭から信じた訳ではないが、出来るだけ実家に娘さんを泊めないようにしているのだそうだ。

「いや、信じる信じないの前に、あの行列を見ちゃってるからなぁ。祖父さん祖母さんも、夜に娘は泊めん方がええ、って言ってくれたし」

難しい顔をしながら、彼はそう言っていた。

(了)

[出典:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1377875509/]

 

47都道府県・怖くて不思議な物語 [ 平川陽一 ]

Sponsored Link

 - 集落・田舎の怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

masuku
監禁娘

婆ちゃんが子供の頃の話(1930年/昭和5年頃) 近所の家に座敷牢があった。 座 …

kijyosan-
きじょさん

  ウチの実家のあたりで、昔からの迷信みたいなもので、《きじょさん》っ …

nemuriine
眠り稲

  祖父が未だ子供の頃の話。 その頃の祖父は毎年夏休みになると、祖父の …

150621_002
供養塚

  その地方の猟師の家系は、子どもの頃から捕った獲物の数を数えて、それ …

waatsimoituka
★私も、いつか……

某半島の先の方にあるひっそりとした村の話です。 話は江戸時代より前に始まります。 …

151101_000
憑き神夜咄

オチ無しの未だに謎が解けない話。 2013/06/10(月) 18:19:26. …

151109_000
開かずの地蔵堂

話の舞台は長野県と新潟県の県境にある寒村。 その村には『開かずの地蔵堂』なるもの …

tunboyusuri
★つんぼゆすりの歌 (鬼ゆすり)

こどものころ、伯父がよく話してくれたことです。 僕の家は昔から東京にあったのです …

151220_000
止めてはならない祭

子供の頃の話です。私が住んでいた山奥の村では、年に一度、奇妙な祭りがありました。 …

nekononioi
猫の匂い

私の住んでるところは、田舎です。バスも一日に三本しかありません。 そんな村で私は …