【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

世にも奇妙で不可思議な未解決事件

   

Sponsored Link

ある探偵事務所の行方不明者の未解決事件の話です。

度会さんの話しによると、その行方不明な男性は長距離トラックの運転手でした。

その日もその男性はトラックで青森の方の高速を走り、あるドライブインで休憩をとったそうです(そこまでは調査済み)

そのドライブインは昔からやっている元は何かの倉庫を改造した長距離トラック専用の休憩所があり、運転手はその倉庫にトラックごと入り、トラックの中で仮眠をとるそうなのです。

前もってその倉庫を管理しているドライブインのオバちゃんに「何時何分に起こしてくれ」と告げておくと、オバちゃんがお茶のサービスとともに起こしてくれる仕組になっています。

しかし、その男性はオバちゃんが起こしにいく前に、倉庫のトラックの中からこつぜんと姿を消しました。

いなくなったのです……

倉庫はいくつかあったのですがひとつだけ使っていない倉庫がありました。

普段はその倉庫はシャッターがおりています。

その男性がいなくなったのを発見したのは、やはりその倉庫で仮眠をとっていたトラック運転手でした。

いつもならシャッターがおりている倉庫が今日はシャッターがあいていて、しかも中にトラックが入っていると不審に思い、その男性より一足先にそこを発つ予定のその運転手は気になってオバちゃんに報告しにいき、事件が発覚しました。

オバちゃんの話しによると、どういう理由なのだかよくしらないが、昔からあの倉庫だけは使うなと言われていた。

その倉庫を管理していたのは元はオバちゃんの旦那さんで、旦那さんが亡くなった後、そのオバちゃんが管理をまかされていたらしい。

それがなぜなのだかよくわからないけど、でも倉庫のシャッターは鍵がかかっていて、あく訳がないし、その男性がやってくる前も確かにしまっていたとオバちゃんは主張します。

でも、実際はその倉庫は開いていて、その男性は行方不明。

夜中の高速道路のドライブインです、車がなくて、どこかへ行ける訳もありません。

度会さんは元刑事のコネクションも利用して、その男性の行方を追いました。

度会さんの敏腕ぶりが効をそうして、その男性は十日後に見つかりました。

……意外な場所で。

Sponsored Link

場所はなんと、瀬戸内海の人一人乗れば精一杯な突起した岩山の上。

漁に出ていた海女さんが発見してくれたそうです。

地元の警察に、身元不明者として警察の死体置き場に安置されていました。

ここからはもう度会さんの介入できる範囲の話しではありません。

なぜならマルタイ(警察用語で対象者のこと)が遺体で発見されたのですから。

ここからは警察の範疇になります。

しかし、なぜそんな所で見つかったのか?

アシもないのに?

最後に目撃されたのが青森。

遺体で発見されたのが瀬戸内海。

興味を持った度会さんは、元刑事というコネクションを最大限に利用して、遺体の発見状況の情報を手にいれたそうです。

それによると、遺体は死後二日ないし三日は経っていたそうです。

しかも遺体はまるで臨月が近い妊婦のように腹がポコンと膨れていたそうです。

そして体には無数のひっかき傷が。

最初お腹が膨れあがっている遺体を見た検視官は溺死して、お腹の中には水がたまっていて膨れているのだと思ったそうです。

しかし、遺体を解剖してみたところ…驚くべきことがわかりました。

遺体の胃にはまったく水は入っていませんでした。

それどころか、胃から食道、口の中にまで、アワビ、サザエ、ウニ、その他貝類と海の幸がほとんど消化されないままぎっしりつまっていたそうです。

本当にぎっしり……

そしてもうひとつ不可思議なのは、遺体の体に無数についたひっかき傷。

あきらかに人間…および、なにか爪のある動物につけられた傷らしいのですが、その傷がなにかおかしい。

人間ならば皮膚をひっかく時は一本から五本の爪跡が残ります。

同じ方向で同じように傷をつけようと思えばそれ以上の爪跡はどうしても不自然になるのです。

ところが、遺体についていた傷跡は1~五本の爪跡も確かにあったのですが、それ以上、つまり六~八本の自然につけられたであろう爪跡が残っていたそうです。

例えば人間であった場合、五本以上の爪跡を皮膚につけようとして、片方の指にもう片方の指を足してつけると、どうしてもそのつけたした部分が不自然な跡として残るはずです。

ところがその爪跡はなんとも自然。

解剖医は「これは……指が六本、ないしは七本八本の動物にひっかかれたと想定するのが自然なのだが……そんな動物ははたしているのかどうか……動物学者に聞いてみないと私にはわからない」と言ってサジを投げたそうです。

と、いう訳で。

度会さんから聞いたその不可思議な事件の調査表は今でもあります。

ただし、地元警察はこれはなかったこととして事件そのものを抹消してしまったそうです。

警察データにはただ「溺死」として残っているはずです。

 

飛松五男の熱血事件簿 [ 飛松五男 ]

Sponsored Link

 - ほんとにあった怖い話, 未解決事件

[PR]

Comment

  1. ミツチー より:

    私が小学6年の時大久保事件と同じ重度の発育病の仮名aが女の子イタズラ心そのあと手提げカバン当時キヤンデイキヤンデイは本物海賊版仮名aは名前の部分ナイフで切り定期入れポケットに裁判所では海賊版が小学一年生の少女が持ってし裁判所のは本物今も海賊版は謎の証品

  2. 名無しのリーク より:

    香川県ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の大けがを負わせた犯罪企業

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

金縛りの夜チビが死んだ

  中学生の頃、一年間だけ犬を飼った。 590 :本当にあった怖い名無 …

火災のあったホテルで

絶対にばあちゃんが教えてくれなかった怖い話 俺は怖い話が好きで、よく「ばあちゃん …

狗喰い

私が体験した本当のお話です。 もう3年以上たちますが、ある専門学校に通っていた私 …

池袋犯罪事件簿

私は池袋で働いています。 624:東池袋01:2008/08/03(日)00:0 …

狐とサバゲー

以前、人家から相当離れた山中で数回夜戦を行った。 631 :名無し迷彩:2006 …

かんおけ坂

今年の二月に起きた本当の話。そろそろ自分の中でも整理ができてきたので投下する。 …

立入禁止

  平成7年(1995年)の話。当時私は大学には進学せず、夜の世界で働 …

孤独死お婆さん 《死の真相》

一人暮らしのおばあさんが、マンションの一室で孤独死した。 677 :あなたのうし …

自分がわからなくなる恐怖

  昨年の暮れに会ったときは元気だった祖母がボケ始めた。 656: 名 …

自殺願望の隣人

前住んでたアパートの話。 派遣だけど、少し給料がいい所見つかったから働く事になっ …