【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

身代わりになったコロ

      2016/05/01

Sponsored Link

 

怖い話系の漫画に投稿して、昔かるく漫画にもなったものです。

2012/03/29(木) 00:34:52.79 ID:j67uNub30

そもそも私が見えるようになったきっかけと思われることが、六歳の時に高熱を出して倒れたんですよ。

母方の祖父が危篤になり、私は最初はなんてことない風邪だったとの話ですが、具合が悪いからと家で留守番。

なにかあったら隣の方によろしくお願いしてあるからと、両親と兄達は田舎の病院へ。

その時期、近所に住む父方の親戚からマルチーズ犬を預かってました。

別件で一週間不在だから預かってくれと頼んできた。

名前はコロ。

親戚の家は近所でよく遊びに行っていたので、コロも私に懐いていました。

で、風邪を引いて三日目。

食事とかは作りおきしてあったのですが、初日から食欲が無い、吐いてしまうなどで、ほとんど摂取出来てませんでした。

電話なんか当時は使い方の判らない子供だったし、まして携帯など無い時代、電話がかかってきた時も、心配かけまいと平気と言ってしまった。

隣の方を訪ねたら、ちょうど不在でした。

それで、具合も悪いからと眠りについたんですが、気がついたら寝巻きで草原に立ってました。

夢かな?と、草原を私は目的地も方向も定めず歩いていたのですが、しばらくしたらコロの吠える声がし、コロが駆け寄ってきました。

普段は私に吠えないし、しかも寝巻きを噛んで引っ張ってきました。

仕方ないなぁ、そっち行きたいのか?とコロの引っ張る方へ歩いていくと、気がついたら近くの病院のベットでした。

後から聞くと、コロが余りにも騒いでるので、隣の家の方が入ってきてくれた。

すると私がいくら問いかけても反応ないほど衰弱していて、熱も四〇度だった。

いそいで病院に連れていってくれて、両親にも連絡を取ってくれました。

結局私は、数日入院して退院しました。

ちなみに祖父は、その時は持ち直したのですが、半年ぐらいして亡くなりました。

それから暫くして、コロがまだ老犬でもないし事故でも病気でもないのに急死しました。

小さいながら私は、コロに命を貰ったのだな思いました。

時は流れ、十八歳の時。

起きたら幽体離脱してました。

そして目の前には、自称死神がいました。

感じとしては、ベタなデザインの死神の顔がちゃんと人なだけです。

その自称死神が、

「お前は本来、もっと前に亡くなってる。調べによると犬が身代わりで亡くなってるが、犬の寿命考えればそろそろ期限切れだ」

と迫ってきたんですよ。

冗談じゃないと抵抗して、自称死神を殴り飛ばしたんですよね……

そしたら自称死神は、

「普通、死の宣告されて、死神殴り飛ばすほど胆座った奴は居ないぞ。今回、というか俺は見逃してやる。せいぜい、他の死神に殺されたり、悪い霊に殺されるんじゃないぞ」

と死神は消えて、私は自分の体に重なってみたら元に戻りました。

……とまぁ、自称死神なのか悪霊なのかを殴り飛ばした、そんなまさかな霊体験でした。
(了)

 

ハングリィゴースト

Sponsored Link

 - 心霊ちょっといい話

[PR]

Comment

  1. うんこ より:

    6歳の子供が高熱を出しているのに用事があるとはいえ一人で留守番させるかねぇ~?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

modoriyuki
もどり雪

一月の終わり、山守りのハルさんは、山の見回りを終えて山を下っていた。 左側の谷か …

mattetayo
待ってたよ

これは、私の友人が経験した話です。 彼は、いろいろな職業を転々としてきました。 …

imorigaki
●木守り柿

皆様は木守りという風習を御存知でしょうか。 750 :本当にあった怖い名無し:2 …

kajiya
本家の墓

  俺は長い間フリーターで適当に暮らしてきた。 180 :2011/0 …

gosenzosama
夢のご先祖様

  うちの実家の墓地には一人ずつ、あるいは夫婦単位で墓があって、ズラッ …

sobokitoku
祖母危篤の時にあった不思議なこと

  身内がなくなる時にはいつも不思議なことがあるのです。 727 :本 …

sobonosinjin
祖母の信心

  うちの母方のばあちゃんはまじない師の家系だったとかで、よく帯状疱疹 …

motokare
夢の元カレ

  珍しく平日に休みが取れた日。彼氏が出勤するのを見送っった。 206 …

hikariwomotomete
光を求めて

  俺のじいちゃんは漁師だった。10歳の時から船に乗り、家族の反対を押 …

ottyantakusen
おっちゃんの託宣

  あれは十一年前頃、某ビール会社の販促員のパートをしていた時の体験談 …