【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

見栄張り墓

      2016/07/26

Sponsored Link

 

実家は山の中の田舎だが、近所に見栄っ張りで有名な家族がいた。

30 :本当にあった怖い名無し:2016/07/04(月) 20:36:05.89 ID:rn7QLWow0.net

特におばあさんが見栄っ張りで、息子や孫の自慢話ばかりすることで近所から嫌われていた。

ある日、そのおばあさんがうちの祖母に、「私の家は名家だからもっとお墓を立派なものにしたい。広くして墓石も立派にしたい」と相談に来た。

多分一般的なことだと思うのだが、《墓を大きくすると家族がその分連れて行かれる》っていう話があると思う。

祖母もその話をして、墓の拡張をやめたほうがいいと忠告していた。

次にその見栄っ張りのおばあさんは、お墓の相談でお寺の住職の奧さんにも相談した。

奧さんももちろん反対した。

しかし、お寺も商売なので「広くするというのなら土地を買ってやってもらう分には構わない」という風に言ったらしい。

結局、その家族はお墓を二倍くらい広くして墓石も立派なものにし、そのお寺で一番大きなお墓になった。

もちろん色はモノトーンだが無骨な感じな墓石ではなく、かなり華美でちょっと嫌な感じがした。

特に面積を広げたことによって一部の通路が半分以下に狭くなり、みんな不満に思っていた。

見栄っ張りのおばあさんはもちろん、お墓のことをみんなに自慢して回った。

うちの祖母に自慢しに来た時に、祖母は「連れて行かれないように注意しなよ」とそれとなく忠告していた。

おそらく他の人にも言われたようで、見栄っ張りのおばあさんはみんなの態度にイライラして、お墓のことはあまり言わなくなった。

その一ヶ月後事故が起こった。

見栄っ張りのおばあさんには三人の小学生の孫がいた。

一番上の男の子と下に双子の男の子がいた。

その双子の兄:やっちゃんが崖から落ちて亡くなってしまった。

塀のない崖沿いの空き地で他の子供達と遊んでいた時に落ちたらしい。

私も近所であったため葬儀に参加した。

その時に私と妹で近所の子供の面倒を見るタイミングがあったのだが、亡くなったやっちゃんと遊んでいた女の子が言うには、

「やっちゃんは自分で降りたんだよ。崖の下にある石が綺麗だからおばあちゃんにあげるって言ってジャンプした」と。

崖は三〇メートル位あり、下の石なんかまともに見えないのだが、やっちゃんはおばあちゃんのために自分から飛び降りたそうだ。

まあ、子供の言うことなのであてにはならないわけだが。

近所では「墓を大きくしたから連れて行かれたんだ」という噂が流れ始めた。

そのまた一ヶ月後、その家のおじいさんが事故で亡くなった。

酔っ払って酒を買いに行こうと歩いてる時に、信号無視してひかれたらしい。

この辺りから近所ではみんなが「墓を大きくしたからだ。あの家族は墓を広くしたから連れて行かれたんだ」と話していた。

見栄っ張りのおばあさんは精神的に参ってしまったのか、家から全く出ないようになってしまった。

おじいさんが亡くなってから三ヶ月後、今度はおばあさんが末期の大腸ガンで入院した。

祖母がお見舞いに行った時には、

「おらも連れて行かれる。お墓大きくしたから。なんでお寺の奧さんは止めてくれなかったんだ……」と細い声で言っていたらしい。

おばあさんは結局二週間ほどで亡くなった。

その後、近所では「あの一家は呪われてる」とまで噂されるようになっていた。

それから五年ほど経つがその後は誰も亡くなっていない。

祖母とお寺の奧さんは「広くなった分が埋まったんだろう」と言っている。

ただの偶然かもしれないが、古くからある言い伝えが近所で、尚且つリアルタイムで起こって怖かった。

(了)

[出典:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1467617840/]

 

ふたり怪談(4) [ 平山夢明 ]

Sponsored Link

 - 洒落にならない怖い話

[PR]

Comment

  1. 匿名 より:

    ぶっちゃけ、死んだ子どもがいい迷惑。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

夢日記

  夢日記って知ってる?夢の内容を記録するやつ。 861: 本当にあっ …

車とバイクで競争……その悲惨な結果

夏のある日、二組のカップルが海水浴に出かけました。 133 名前:とき 投稿日: …

泣いてチンピラ

ラーメン屋での話。 909: 本当にあった怖い名無し 2008/04/23(水) …

山奥の無縁墓地に迷い込んでいた

私の体験した話。 831 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/07/21 …

赤い橋

俺が高校生だった頃の話。 両親が旅行に出かけて、俺は一人でお婆ちゃんのとこにいっ …

根のない朝顔

英子ちゃんは狭い田舎町の過疎学校で、私以外にヲタ本を読む唯一の子だった。 706 …

罰当たり

幼稚園って、よくお寺とか神社で経営してるよね。 オレが通っていた幼稚園も例に漏れ …

いわくつきの盗品

前頭葉破壊注意!無知ほど恐ろしものはないという話 48本当にあった怖い名無し20 …

貧困の国

私が今から話すことは、所謂『オカルト』といった性質のものではない。 しかし、私に …

呪いのファミコンカセット

ゲーム雑誌会社で働いていました。 当時はゲームと毎日向かい合っていたので、振り返 …