【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

冥界マンション

      2017/07/17

Sponsored Link

それは私が一人暮らしを始めて三日目のことでした。

その日、私は仕事がうまくいき、お客さんと遅くまで繁華街で呑んでいました。

私の借りたマンションは、駅から徒歩二分という立地条件の良さで、遅くまで呑んでいても大丈夫♪という気軽さも手伝って、いつもよりもゆっくり呑んでいましたが、何とか最終に間に合いました。

マンションはそこから快速で二つめの駅です。十分程で駅に着きました。

それから、駅前のロータリーを横切って、ゆっくりとマンションに向かいました。

ゆっくり呑んでいたとはいえ、かなりな酒豪の私にとっては、やっとエンジンが掛かってきた!というところでの「おひらき」でしたので、まだまだ呑み足りない私は、マンションのすぐ脇にあるコンビニで、ビールやらおつまみやらを買って、マンションの玄関に着きました。

マンションは、バブル時代に建てられたマンションで、当時は分譲のみでしたが、今は分譲貸しもしていて、当時、分譲で購入した人も住んでいましたが、入居者の殆どが私のような賃貸契約者でした。

総大理石の玄関に入ると、女性が子供を二人連れて、来客用のこれまた大理石で出来たイス(ベンチ)に座っていました。

ショートヘアで、年の頃は35~6歳くらい。

思いっきり頑張って、箪笥から引っ張り出した一張羅を着てきましたーって感じで、私的には可笑しかった。

管理人室には管理人は居ませんでした。定時の五時で帰っていました。

私は内心、こんな夜中に子連れの女性……?と思いましたが、無視してそのままエレベーターホールに行き、八階のボタンを押しました。

エレベーターの中で私は、酷くやつれた女の人だったなー。

子供は二人共、幼稚園くらいかな?それにしても、何をしていたのだろ、あんな所で……などと考えながら、部屋のキーを鞄の中から取り出しました。

八階に着き、エレベーターを降りてすぐ右側のドア。そこが私の新居です。

カギを開け、電気を点けて部屋の中へ。

着替えるのも面倒なので、すぐに買ってきたビールとおつまみを取り出して、グラスを用意して、ソファーに座り、テレビを見つつ、一人で酒盛りを始めました。

何気なくテレビの横に置いてある時計を見ると、午前二時過ぎでした。

ピンポーン♪

突然、玄関のチャイムが鳴りました。

線路脇の部屋とはいえ、この時間はもう電車も止まっているので、割合静かな時間なので、本当に心臓が口から飛び出そうなくらいに驚きました。

こんな時間に誰?知り合いだったら電話してから来るよな……などと思って、きっとお隣のご主人が間違えたのだ。と勝手に思い込んでいました。

しかし、またピンポ-ン♪と鳴りました。

仕方がないので、インターホンの受話器を取り、「はい」と出ました。

相手は

……無言です。

あぁ、やっぱりお隣のご主人が間違えて、それで……と思っていましたが……

また、ピンポーン♪ピンポーン♪けたたましく二度、鳴りました。

覗き穴から見てみようかとも思いましたが、面倒だったし、また受話器を取り、今度はとても怪訝そうに「はい!」と答えました。

「……えして……」女性のか細い声が聞こえました。

「は?」と答えました、いえ、そう答えるしかありませんでした。

嫌がらせかな?こういうの、流行っているのかな?などと思いながら「どちら様ですか?」と聞いてみました。

するとまた

「……えして……」としか聞こえません。

女の人……さっきの下に居た人かな?

「すみません、よく聞こえないんですが?」

と言うと、今度ははっきり

「主人を返して!!!」と聞こえました。

私は……

?????でした。

当時、不倫はおろか、彼氏も居ませんでしたから。

「あの~。お宅をお間違いじゃないですか?」と聞いてみました。

「早くココを開けなさいよ!居るんでしょ?主人、そこに居るんでしょ?!」

と叫ぶや、ドアを激しく叩き始めました。

冗談じゃない!こんなことを隣近所に噂されたら……と、私は仕方なくドアを開けました。

そこには、やはりさっき下で見た子連れの女性が立っていました。

ズカズカと部屋に上がり込み、ありとあらゆるドアを開けまくり、ベランダも押し入れも全てのドアを開け放して、私の居るリビングに来ました。

これで、勘違いで気が済んで帰ってくれるものだと、私は思っていました。

リビングに座り、今度は泣きながら、「主人を返して」と訴えてきました。

私は何度も何度も「間違いです。私は三日前……正確にはもう四日前にこちらへ入居したばかりですので、あなたのご主人なんて、知りません!」と言い続けました。

相手はとうとう土下座までして「主人を返して」と言い出しました。

私はとても怖くなりました。

勘違いとはいえ、他人の家に子連れで、しかも土足で入り込んで、泣くわ、喚くわ、挙句の果てには土下座までして……

「そんなに大事なダンナなら、首に縄でも付けとけばいいでしょ?!」

思わず言ってしまいました。

「あなたはとても綺麗ね……それに若い……おしゃれだし、私には無いものを全て持っている……あなただったら、男の人なんていくらでも寄り付くでしょう?私の主人なんか、取るに足らないでしょう?だったら、さっさと返してくれても良いでしょう?」

「そう仰られても……本当に、私は無関係なんです!そりゃ、あなたには同情しますけど……」

また、その女性はさめざめと泣き始めました。

子供達は、これだけ大騒ぎしていたにも関わらず、ぐっすり眠っています。

どこまでいっても平行線だなー。もう、明日にして欲しいー!

内心、そう思っていました。

そんな気持ちが顔に出ていたのか、女性は立ち上がって、ゆっくりと子供達を抱き上げ、ベランダの方へフラフラと歩き始めました。

この時、私は不謹慎ながら、お母さんって強いだけじゃなくて、力持ちにもなるんだなーなどと感心していました。

何をするんだろう……?

とじーっと見ていると、ベランダへ出て子供を一人、下に投げ落としました。

その瞬間がスローモーションのように、私にはゆっくりと長い時間に思えました。

ドサッ!

私は慌ててベランダへ行き、下を覗き込みました。

当たり前ですが、小さな子供が頭から血を流して倒れていました。

「何をしているの!救急車!!救急車!!」

叫びながら私は、側にあった電話の受話器を取りました。

女性を横目で見ながら……と、今度は物凄く大きな音がしました。

もう一人の子供を落とそうとしているではありませんか!

受話器を放り投げ、慌てて私はベランダへ走り寄りました。

遅かった……

子供は一足違いで投げ落とされてしまいました。

女性は笑いながら私の顔を覗き込み、手すりから身を乗り出して

「これで、あなたの罪は一生消えない」

と言い残して、自らも飛び降りました。

私は部屋の中に居るのが怖くなって、人だかりができるであろう、親子が飛び降りた場所へ、駆けつけました。

マンションの玄関から、ちょうど八階上が私の部屋のベランダです。

玄関を出て、そこにあるハズの親子の体を探しました。

……見つかりませんでした。そんなハズはありません。

確かに目の前で、二人の子供を次々に投げ落とし、自分も飛び降りたのです!

マンションの周りをウロウロと探し回りましたが、見つかりませんでした。

何が何だか、訳が分からなくなって、私は部屋に戻りました。

腑に落ちなくて、まんじりともせずに朝を迎えました。

何が何だか、訳が分からなくなって、私は部屋に戻りました。

腑に落ちなくて、まんじりともせずに朝を迎えました。

休日だったのですが、いつもならゆっくりお昼頃まで寝ているのですが、昨夜のこともあり、九時になり管理人室のカーテンが開くのと同時に、管理人を捕まえました。

勿論、私の部屋、八百三号室の前の住人やこのマンションについて、詳しく聞くために。

昨夜のことを管理人に説明しましたが、管理人はシラを切るだけで、何も教えてはくれませんでした。

不動産屋、管理会社、どちらにも電話しましたが、何も聞けませんでした。

ただ……お隣の奥さんが……

引越しのご挨拶に伺ったときに、

「あなた、お一人で住まわれるのですか?」

と薄ら笑いを浮かべていたことを思い出しましたが……

またまたあのマンションでのお話です。

あんな事があったにも関わらず、私は結局そのマンションに一年程住んでいました。

理由は、引越し費用がバカにならない事と、意地……かな(笑)

幽霊なんかよりも、生きている人間の方がよっぽど怖いものだ、と普段から豪語している私です。

例の一件で、管理人が私に「注意人物」のようなレッテルを貼っているようで、私の郵便ポストなんかを勝手にチェックしていたりして、とても腹立たしい思いはしていましたが、あれ以来、何事も無く平穏無事に、お気楽な毎日を過ごしていました……

過ごしていました……過去形です。

 

Sponsored Link

あの一件から丁度1ヵ月後の事です。

《それ》は、何の前触れもなく、私の前に現れました。

私の住まいは3LDKで、玄関を入ってすぐ目の前の扉がLDK。角部屋なのでベランダは、このLDKに2箇所。玄関の右手が和室。左手がトイレで、その隣が洗面所&浴室。その向かい側に2部屋。とまあ、こんな感じの間取りでした。

寝室は一番奥の部屋にしていました。その隣の部屋は書斎に使っていました。

その日、私は残業を持ち帰っていて、全ての仕事を終えたのが午前四時頃。

あ~眠たーい!!と、とりあえずシャワーでも浴びて、寝酒でも呑んで寝よう!と思い、寝室にパジャマを取りに行きました。

丁度その時、凄い稲光が見えて、一瞬にして電気が全て消えてしまいました。

げっ!最悪……と心の中で舌打ちしながら、ベッドの脇に置いてある懐中電灯を取り、取敢えず廊下に出ようと、電気が点かないんじゃシャワーも浴びられないな……などと独り言を言いながら寝室のドアを開けました。

その時また、今度はさっきと比べ物にならないくらいの稲光が!

…………?なに?今の?

リビングに向かおうとしていた私は、進行方向の突き当たりの壁に、一瞬の稲光の中に、「何か」を見たような気がした。

きっと、引っ越し祝いに頂いた絵の額縁ガラスに、光が反射したんだよ……

そう思って、懐中電灯で照らしてみた。

ほうら、やっぱり何も無いじゃない……そう思って、リビングに向かって歩き出しました。

また稲光が……今度ははっきりと見てしまいました。さっきの「何か」を……

《それ》は、明らかに人の形をしていました。でも、顔がよく見えませんでした。

泥棒?

私は咄嗟にそう思い、これはマジでヤバイ!と、半ばパニックになりそうな頭の中を、何とか冷静に、落ち着かせようと努めました。

寝室のドアにはカギが付いていた!それを思い出して、大急ぎで寝室に駆け込みました。

そして、しっかりとカギを掛けて、家電の子機を取りました。

警察に電話を……110番を押しても、受話器からは何の音も聞こえてきません。

「もしもし!もしもし!!」

私は叫び声に近い声で、何度も呼びかけました。

でも、何の音もしません。

一度、電話を切って、もう一度110番に掛け直しました。

何度やっても同じです。受話器からは何の音も聞こえてはきませんでした。

どうしよう、どうしよう、どうしよう……

パニクッている時の人間の頭の中って、この言葉しか出てこないものなんですね。

心臓はバクバク言ってるし、冷や汗みたいなのが流れてくるし……

そうだ!携帯!!携帯からだったかけられる!と喜び勇んで携帯の画面を見ると……圏外。

有り得ない。絶対に有り得ない!

どうして?どうして??心の中で何度も叫びました。

その頃には稲光も、もうありませんでした。

……五分……十分……そのくらいの時間が経過していたと思いますが、その泥棒と思しき人物は、一向にこちらへやって来る気配がありません。

見間違い?

じゃ、さっきのは何?確かに見たハズなのに……

疲れているせいかな?でも……

もし本物の泥棒だったら……

いや、でも玄関のカギも掛けたし、チェーンだってちゃんと掛けたもの。

大丈夫。泥棒じゃない。自分に言い聞かせるように、無理にでも自分を納得させるように色々な言い訳を考えていました。意を決して、さっきの「何か」を確認しよう!そう思い、そ~っと部屋のカギを、音を立てずに開けました。

バイオハザードじゃないけど、自分の心臓の鼓動が聞こえそうなくらいドキドキしながら、ドアノブに手を掛けました。

ほんの少し。ほんの隙間程度、ドアを開けた時、私の目線は足元から自分の目の高さへ……

……目……目があった。

その目と目が合った……

もう、ダメ……寝室のドアのカギを閉め、ベッドに潜り込んだ。

でも、何だかすっごく腹が立ってきた!例えば《それ》が幽霊とかであったとしても、私が借りているマンションなのに、どうして私がベッドの中で小さくなって震えてなきゃいけないわけ……って。

もう一度、私は確認しに行く事にした。

ドアを、今度は思いっきりバーンと開けた。

その瞬間、全ての電気が点いた。

……ハァ?

まさにこんな感じでした。

訳が分からないのは、この前の親子無理心中でよく分かりましたので、それは良いのですが、停電がそんなに早く復旧するものなのかな……って。

結局、泥棒も《それ》も何処にも居ませんでした。

翌日、管理人に昨夜の雷の凄さと、停電が素早く復旧したので、自家発電でもあるのかと聞いたところ、雷も停電も無かった、と怪訝そうな顔で言われてしまいました。

そんな訳、無いでしょうが!全く、コイツは私の事を嫌ってるからってぇ!いい加減にしろ!と思いましたが、言ってもどうせ無駄だろうから、そのまま実家に遊びに行きました。

その日は、実家に泊まったので、翌日は実家から通勤しました。

その日、暫くぶりに、残業も呑み会も無く七時頃に帰宅したら、留守電が入っていました。

「管理会社の者ですく。お世話になってますぅ。一昨日と昨日と、深夜にお宅がうるさいと階下の方から苦情の電話がありましてぇ。すみませんがぁ、静かに、して下さいねぇおねがいしますねぇ……」

……はあ?

まあ、確かに一昨日の深夜……というよりは明け方はうるさかったかもしれないけど、夕べは私、実家に居たっつうの!一人で怒りながら、夕飯の支度を始めました。

今日はワインでも呑もう♪と思って、オープナーを食器棚の引き出しから出そうと、引出しを開けたら……

無い!いつも同じ場所に片付けるのに?

ふと、食器棚を見ると、ガラスの向こうにオープナーが。

あれ~?おかしいな~。そういえば、最近よく物がいつもと違う場所にあったりするけど……

ま、いっか。とワインを一本空けて、面白いテレビもやっていなかったし、さっさとお風呂に入ろうと、浴槽にお湯を張りました。

髪を洗っている間、浴槽は私の背後にあります。

何だかイヤ~な気がして、右側からそ~っと振り向いた。

浴槽には、鼻から上を出した長い髪の、恐らく女性であろう物体が、私を凝視していた。

目が合った。

あの、雷の夜の目だ!咄嗟に私はそう思いました。

「えぇ加減にせ~や!しまいにゃマジギレするでぇ!なんぼ幽霊かてなぁ、礼儀っちゅうもんがあるやろ!人の入浴中に出てくんなヴォケぇッ!」と怒鳴りました。

すると、嘘のように消えてしまいました。

その日、私は早く床に着きました。

翌日もその翌日も、《それ》が、所構わずに出てきました。

その度に、私は《それ》に悪態を付き続けました。

時には寝ている私の枕元に立って、ジぃーっと私の顔を覗き込んでいたり……

でも、《それ》の顔を、目以外ははっきりとは見た事はありませんでした。

それと同時に、毎日、管理会社から電話が掛かってきて、うちがうるさいと苦情が出てる、と。

そんなはず無いのにぃー!と管理会社の人に言ってもらちがあかないので、菓子折りを
持って、直接階下の中嶋さん宅を訪ねる事にしました。

確か、引っ越しの時のご挨拶に伺った時、ご主人が単身赴任中でぇ……とか、イヤミっぽく、うちは分譲なのよぉ……とかって言ってたっけ。綺麗な長いストレートの髪で、地味~な感じだったっけ。

若いのかオバサンなのか、年齢不詳って感じの人だったよなあ。何か、苦手……あのての人ぉ……などと思いながら、703号室のチャイムを押す。

ピンポーン♪

うん、うちと同じ音だね、やっぱり。な~んて納得していたけど、返事が無い。

もう一度、押す。

やっぱり返事が無い。

仕方ないな~。こういう事もあろうかと、手紙を書いてきたのだ。

それをドアポストへ。

そうこうしているうちに、《それ》との奇妙な「同居生活」が一ヶ月過ぎようとしていました。

例の苦情も相変わらず続き、あまりにも酷いので、管理会社の人間と会う事に。

管理会社の担当者が、太った身体に似合わない、小さな眼鏡を掛けて、汗を拭きつつマンションの玄関のベンチに座っていました。待ち合わせの時間、きっかりでした。

管理人と三人で、私の部屋で話し合っていましたが、実際にどのように私が騒音を出しているのか分からないので、中嶋さんにも同席して貰う事で、意見が一致しました。

三人で、中嶋さんのドアの前に立ち、管理人がチャイムを押す。

……応答は無い。

また押す。

……やはり応答が無い。

私が一ヶ月前に来た時に入れた封筒が、そのままになっていた。

それを管理人と管理会社の担当者に告げると、管理人は慌てて管理人室へ行った。

戻って来た時には、703号室と書かれたカギをその手に携えていた。

管理人も、そう言えばここ一ヶ月程、中嶋さんの姿を見ていなかった……と。

それで、皆で703号室のお宅を捜索しようと言われました。

が、私はイヤな予感がしたので、拒否して自室に戻りました。

数分後、管理人と管理会社の担当者さんが血相を変えて、私の部屋にやって来ました。

どうやら、中嶋さんが、首吊り自殺をしていたらしいのです。

とにかく警察に電話しないと!

警察がやって来て、大騒ぎになりましたが、私にはやっぱり……という感じでした。

後日、管理人から聞きましたが、中嶋さんは死後約一ヶ月で、私達にはご主人は単身赴任って言ってたけど、実はご主人にはオンナが居て、そのオンナに子供ができちゃって、望んでいたのに奥さんとの間には子供ができなかった為に、離婚されて、ご主人が出て行ってしまっていたそうです。

その直後に、首を吊っていたようです。

死体が発見されてから、私の部屋に《それ》が現れる事は無くなりましたが、どうもスッキリしないお話でした……

 

D町怪奇物語 [ 木下半太 ]

Sponsored Link

 - 洒落にならない怖い話

[PR]

Comment

  1. 匿名 より:

    ダンナと女の所に化けて出てやればいいのに

  2. 冥界マンション | 【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ | 日刊☆なんでもトピックス! より:

    […] ビールやらおつまみやらを買って、マンションの玄関に着きました。 角部屋なのでベランダは、このLDKに2箇所。 [引用元] 冥界マンション | 【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

牛女と軽自動車

  神戸の牛女の伝説はご存知ですか? 221 :九印:2003/01/ …

異形のピンクマウス(ヒギョウさま関連)

ヒギョウ様って話知ってる? あれって鶏(ひよこ)だけの話なのかな? 爬虫類やらで …

冥界への道

幽霊屋敷 高校を卒業するまで住んでいた街に『幽霊屋敷』があった。 少し街外れの大 …

裳抜けの妹【長編・閲覧注意】

俺には、妹がいるんだけどさ。妹の顔は、雛形あき子にかなり似てる。 27:2008 …

堰堤(えんてい)

俺が体験した一番洒落にならん話を。 91:本当にあった怖い名無し:2009/07 …

忘れられない風景

私には幼い頃からどうしても忘れられない、ある風景があります。 706 :私の体験 …

髪の毛の巻かれた線香

  ちょうど一年ほど前、四月採用予定の新卒者が、見習い兼ねてアルバイト …

黒衣の女

あれは、俺が就職してから一年位経った頃だったかな。 683 :本当にあった怖い名 …

憑り殺し

一年経って、やっと冷静に思い出すことが出来るようになった出来事がある。 254 …

餓鬼道

数年前、私がまだネットも2ちゃんねるもやっていなかった頃。 2009/06/06 …