【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

魔の三角地

   

Sponsored Link

実家の近くに賃貸マンションがある。

465 :本当にあった怖い名無し:2012/06/19(火) 03:55:48.59 ID:wHEb0Gnd0

狭い三角地に造られたから世帯数は二十五ぐらい。

三角地は縁起が悪くて商業には向かない。必ず潰れる。

だからか、建てられるまえは墓石屋さんの無人展示場になってて、隅には無縁さんの墓石が積んであった。

俺のオヤジは石工だったから、墓石の扱いについて少し知識がある。

今でも墓石は特定廃棄の対象だ。

無縁さんにしろ墓の立替にしろ手順がある。

まず、お坊さんが墓から魂抜きのお経を唱え、墓石を撤去する。

そして戒名をノミで削る。

廃棄された墓石は通常ならばまっぷたつにされ、一般の目に触れないようにするが、たまに土地に置かれる事がある。

墓石は仏さんが入ったものは不浄の扱いなので、置く土地は不浄の土地となる。

その賃貸マンションはなにか起こるぞと噂がされてて、やっぱり殺人が起きた。

三角地で繁盛するのは葬儀屋。

俺の経験上、紹介された物件で気が乗らないもの、いやな感じのするものはやめといたほうがいい。

空き物件はそれなりの理由があって空いてるわけだから。

あと、不動産屋の営業さんは以外と内情は知らないよ。

大家に短刀直入で聞いて反応で判断がいいかも。

これも実家からそう遠くないところにある、三角形の土地の話。

三角形で道の行き止まりにあたる場所に空き地があって、行き止まりで不便なこともあり、加えて三角形ということで買い手がつかず。

けれど、やっと買い手がついてそこに家を建てた。

近所の人の噂話では、安値に惹かれて買ったのだとそこの住人から聞いたらしい。

Sponsored Link

そこに最初に住んだ一家は両親と娘二人だけど、娘達が発狂して引っ越した。

具体的には、夜中にベランダで祈っていたり歌っていたり踊っていたり。

しばらくして別の家族が引っ越してきた。

それから五年くらい経ったけど、不幸になっている。

定年後の夫婦とその息子だったけど、息子は精神を病んで家の中から出られない。

雨戸を閉め切って三百六十五日、家の中にいる。

たまに玄関先にいるけどすぐ中に入るらしい。

奥さんは急死。原因は判らない。

旦那さんもまた精神を病んでしまったのか、ハーモニカを吹いていたり、一人でブツブツ何かにずっと話していたり。

目が完全におかしい。

引っ越してくるまで、普通の幸せそうなご家族だったらしいのに。

単なる引きこもりと奥さんに先立たれた老人と言ってしまえばよくある話で、ただの偶然かもしれない。

ただ、前住人も発狂し、今の住人も精神を病んだというのは気持ち悪い。

(了)

 

ふたり怪談(4) [ 平山夢明 ]

Sponsored Link

 - 洒落にならない怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

貧困の国

私が今から話すことは、所謂『オカルト』といった性質のものではない。 しかし、私に …

テンジンキの話~天神逆霊橋(てんじんきぎゃくりょうきょう)

東北の方のある村の話だった。 757 : ◆jRr8h5HXvQ :2003/0 …

交通事故被害者の呪い【ゾッとする話】

自分、事故にあったときに、加害者(19歳)に身分証を隠された。 身元不明だったら …

オマエノオカゲ

  これは今でも起こり続けている話です…… 2005/05/20(金) …

格安アパートの怪~花魁の絵

機械朗読から ⇒ 人による本来の朗読はじめてみました。 友人の松田が大学生だった …

白い顔の女

自分は幼少時代、四国の瀬戸内海沿いの田舎の村で育ちました。 この話は六歳の誕生日 …

砂が積もる廊下

  今日は私の引っ越しの日だ。 場所は都会から離れた郊外、近辺の山等の …

元カノの首

僕が大学の為上京していたマンションでの話です。 735 :本当にあった怖い名無し …

午前二時の廃病院

忘れもしない、それは僕が大学三年の夏の話です。   僕はいくつかのバイ …

自殺志願【ゾッとする怖い話】

  幽霊ではなく人間でしたが、年月が経つにつれ自信がなくなっていく思い …