【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

満濃池の白骨死体

   

Sponsored Link

ずいぶんと昔、テレビでみた話。

なんでも、昭和が終わるちょっと前、香川県民の水瓶ともいえる満濃池が干ばつで干上がったそうだ。

満濃池(まんのういけ)は、かの弘法大師が築いた溜め池で、近隣にいくつもある灌漑用池が干上がることがあっても、まず干上がることがなかった池だ。

そして干上がった満濃池から、毛布か何かに包まれた白骨死体が見つかった。

殺人事件として捜査が始まったが、いっこうに手がかりが無く、迷宮入りかと思われる事件となった。

この頃、地元では

「仏さんが見つけて欲しかったんや」

「いや、満濃池に遺体を放ったんで弘法大師さんがお怒りになったんや」

などと囁かれた、という話だった。

その頃から、満濃池周辺では、今までとは比べものにならないほどに幽霊の目撃談が増えた。

いずれも似た特徴を持つ女性の目撃談だった。

一方、捜査本部では、藁にもすがる思いで復顔を試みることになった。(頭蓋骨に肉付けすること)

その復顔を新聞に掲載したところ、岡山に住む女性から行方不明になっている自分の姉にそっくりだとの連絡が入った。

その行方不明の女性の足跡を追いかけていた刑事が、松山のスナックで働いていた事を突き止めた。

スナックの店主に、復顔による顔を見せたところ、間違いなくそこで働いていた女にそっくりで、いつからか行方が知れなくなったこと、そして当時男と一緒に暮らしていた事を証言した。

ところが、その男の行方を追い始めてからすぐに、憔悴しきった顔をしてその男が自首して来たのだ。

聞くと、警察が自分の周辺を調べ始めたことがわかって、すぐに逃亡をくわだてたが、その頃から自分が殺害した女が毎晩のように枕元に立って寝ることができない、とのことだった。

こうしてあれよあれよという間に迷宮入りと思われた事件が解決したが、その直後に讃岐地方に大雨が降り、それまで干上がり続けた満濃池はあっという間に元のように満面に水をたたえるようになった。

この雨を、『弘法大師の涙雨』と呼んだ、というような話。

(了)

[出典:http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1063581506]

 

山の不可思議事件簿/上村信太郎

Sponsored Link

 - 都市伝説

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

ヤツが来る

大雪山ロッジ殺人事件 これは本当にあった事件の話で、ある精神病院に隔離された事件 …

後悔と恐怖の記憶

  私が九年前から苦しめられつづけている、後悔と恐怖の記憶。 429 …

ヤマニシさん

四年前、先輩と彼女と、彼女の知り合いの男女と四人でデートすることがあった。 47 …

ナチスのゲシュタルト崩壊実験

家に姿見のような大きめの鏡がある方は一度試して貰いたい。 467 名前:ゲシュタ …

最後の夜【ナナシシリーズ07】

物事には終りというものが必ずあって、それは突然に訪れるものだと知ったのは、15の …

ヒョウセエ【グンマー怪談】

俺は幼少期、群馬県の山間部に住んでいた。 2007/07/27(金) 20:28 …

落ちていくモノ【ナナシシリーズ02】

あの、悪夢のようなアパートでの事件から数カ月が経ち、僕とナナシはまたお互いに話を …

ナナシ【ナナシシリーズ01】

今から数年前、僕と僕の友人だった人間が、学生だったころの話。 ときは夏休み、自由 …

一生追いかけられる

  数年前、ある一戸建てに住んでいたときの話です。ある晩、私はとても奇 …

予知夢を見続けた少年の最期

オレがガキの頃、近所に良磨と言う幼なじみがいた。 935:投稿日:2010/05 …