【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

招かざる客

      2017/03/04

Sponsored Link

新入社員のNさんは、就職と同時にアパートを借りて念願の一人暮らしを始めた。

686 居留守 2009/05/30(土) 14:48:48 ID:koO7bPF30

ちょっと古めのアパートだが、風呂とトイレは別になっており六畳くらいの部屋だし、駅から少し遠い事を除けばまあまあの物件だった。

一人暮らしを始めて一か月ほどたった日。

日曜の昼ごろ、ドアをコンコンと叩く音がする。

(なんだろ?)

Nさんは、ドアを開けると郵便局の配達員が立っていた。

「いらっしゃったんですか?すいません、インターホン鳴らしたんですけど」

全くインターホンなど鳴らなかったので、電池切れかな、と思って電池を入れ替えてみた。

ためしに玄関からインターホンを押してみた。

部屋の中ではチャイムは鳴らない。

(くそ、壊れてやがる)

Nさんは管理会社へ連絡しようと思ったが、ついつい忘れてしまってそのままになっていたが、インターホンが鳴らないという事の不便さを思い知った。

管理会社へ連絡すると、有料での修理になると言われたのでムカついて放っておいた。

又、日曜日にドアがノックされるので、開けてみると新聞の勧誘だった。

かなりしつこい男で、追い出すのに相当疲れた。

インターホンなら相手と対面せずに、追いはらう事が出来る。

しかし郵便とかピザの出前とかと、不要な相手とを区別するにはインターホンが使えない以上、覗き窓で見るしかない。

ただし玄関のこちら側にいて、覗き窓から見ている事に気付かれるのは嫌なので、自然とNさんは忍び足で玄関へ向かう様になった。

そして招かれざる客には、そっと居留守を使うようになった。

ある夜の事だった。

トイレに行こうとしたNさんは、トイレのドアを開けようとしてふと気が付いた。

ドアの外で靴音がするのだ。

覗き窓で外を見ると、男が歩いてくる。

男はNさんの部屋の前へ来るとインターホンを押した。

男は宅急便の制服を着ていないし、荷物を持っている様子もない。

(こんな夜に面倒な勧誘などお断りだよ)

息を殺して見ていると、男は二度三度とインターホンを押していた。

(早く帰れよ)

男は、インターホンを押すのを止めたと思ったらポケットから何かを取り出し、カギ穴へ差し込んだ。

(え?え?)

Nさんは、瞬時には目の前の出来事が理解出来なかった。

見知らぬ男はカギ穴に何かを差し込んで、カチャカチャとやっているのだ。

状況に気が付いたのは、目の前でカギがターンしようと動き出したのを見たときだった。

ゆっくりとターンしている。

ハッとして手を伸ばし、まわり始めたカギをカチンと元に戻した。

あわてて覗き穴を見ると、男が走り去って行くのが見えた。

(了)

 

学校であった怖い話

Sponsored Link

 - 洒落にならない怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

閉ざされた部屋

  これは二年前、当時中学三年生だった時の出来事。 56 :本当にあっ …

デズニーランドのある街

  去年の夏に地元に戻ってきたが、東京デズニーランドのすぐ近くに単身赴 …

拾った石

  六年前の冬、十二月二十七日か二十八日だったか。 381 本当にあっ …

叔父さんが僕を本当に連れて行きたかった場所

小学生の頃、家に叔父さんが居候してた。 叔父さんは工場の仕事をクビになり、家賃も …

近所の屋敷

五年前、私が中学だった頃、一人の友達を亡くしました。 表向きの原因は精神病でした …

心霊スポットの猿

十代最後の思い出に、心霊スポットとして有名なトンネルがある山に行ったときの話。 …

謎の同棲女

1996年6月下旬の蒸し暑い日でした。 372 :山師さん:2001/09/22 …

祖母のした事

私の一番古い記憶は三歳。 木枯らしの吹く夕方、一人でブランコを漕いでいるところ。 …

部屋から出られない、助けてくれ!

  2か月ほど前のある晩に、友人から電話がかかってきた。 2014/1 …

神社裏の小屋

もう何十年も前の小学校時代の話。 確か4年生の夏休みだったと思うけど、友だちと二 …