【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

魔物憑き

      2017/01/19

Sponsored Link

俺は青森に住んでるんだけど、地元に住んでる人は知ってると思うけど青森って神様っつーか、霊能力者みたいな人かなり多いよな?

632 :本当にあった怖い名無し:2009/05/30(土) 09:02:45 ID:Rj4GYdolO

俺は黒石市なんだが、前に親父の火葬で火葬場に親族一同集まった事がある。

当然坊さんもくるわけ。

でかい待合室の隅の喫煙所でタバコ吸ってたら坊さんも一服しにきたんだよ。

結構坊さんの話って面白いんだよな。

その坊さんは職業として僧侶やってるんだけど、その道に入ったのはやっぱ霊能力みたいなのがチラっとあって、昔から自分は坊主やるんだろうな~って思ってたとか、意外と儲かるからいい車買ったとか(笑)

その中で興味深かったのは、青森ってリアルに霊界に一番近い土地なんだと。

恐山が人間の世界の局地っつーか、ある意味端っこだそうだ。

北海道ってのは神様の土地なんだって。

原住民のアイヌは文字通り神の民。

今の世界は六道でいう修羅道になっているけど、幸いまだ日本に地獄ってのは出来た事は無いらしい。

神が負けると地獄になるんだけど、修羅道ってのはまさに神と魔物が戦争してる状態なんだって。

魔物は人間から恐怖を取り去ってしまって、神を恐れなくなって神を殺そうとしたり、やってはいけない罪を犯してしまう。

過去にあったアイヌ民族迫害やなんかはまさに魔物に取り付かれた人間の行為そのものらしい。

その神が負けないように神を手助けするのが神道で、魔物に負けない人間を作るのが仏教の教え。

問題はこの続きの話で、神が負けて地獄になったらどうなるかって聞いてみたんだ。

そしたら既に一回負けてるっていうんだよ。

おかしな話だよな。日本に地獄はまだ無いのに。

そこ聞いたら「日本じゃなく遠い国で負けた。そこはもう地獄になってて、神も魔物もいなくなってる」って言うのさ。

じゃあそれどこ?って聞いたらさらっと「イスラエル」って言った。

バリ仏教の坊さんがだよ。

神様は仕方なく中国大陸通って日本まで逃げ込んで、日本人とは別のアイヌの民としてなんとか形勢を立て直そうと奮闘してるらしい。

以前は、規律を教えるばかりで魔物に対処する術を持たなかった人間をなんとかする為にシルクロードを通る中で、インドの仏教や道教を作り出して、日本で一応の完成を迎えたらしいんだけど、それでもまだ魔物ってのがしつこすぎてやられそうなんだってさ。

だから霊界に一番近い青森で、いっぱい霊能力者作ってなんとか対抗しようと頑張ってるんだそうだ。

Sponsored Link

ちなみに、神が魔物に打ち勝つには人間がその存在を知ればいいだけなんだって。

別に祈るとか、訳わからん高い壷買うとかは不要(苦笑)

ただ何となくでいいから『神様居るよ』って思っていればOK牧場。

それをいろんな人に伝えるのが霊能力者の役割で、そういう人は神も魔物も見えちゃうし魔物からしたら敵なので大変らしい。

というか俺の知り合いにも一人マジモンで見えるどころか軽く悟った奴居るから、思わず納得してしまった。おまけに似たような事も言うし。

そいつも神様はちゃんと居て、俺達を見てくれてるとか言うし、その割に変なのに憑かれてて大変だった。

俺はそいつと一緒に居るときは変な物たっぷり見たし、幸い俺は遭遇しなかったけど魔物にも憑かれてるって言ってたし。

ほとんどユダヤっぽい話だけど、その坊さんはマジで言ってた。

あと北海道は神様の土地っていうけど、物理的にはただの土地なんで、青森が一番らしい。

エルサレムも国家としてのイスラエルじゃなく、約束の土地って意味のイスラエル。

中東近辺は、もう神様の手から離れてるから、人間がなんとかするしかないって。

そのうち中東から大なり小なり、最後の戦争は必ず起きるとも言ってた。

その時まで日本を守るのが、今の神様が考えてる事だとさ。

以上。

なんか怖くも無いしつまらん話だけど一応書いとく。

というか、今まで書こうかかなり迷ってたんだけどね。

これ創作でも何でもなく本気で坊さんが言ってた話。

知り合いの霊能力者も、数年前からコンタクト取れなくなってる。

そいつが言うには、今のところ人間は覚悟が足らないってさ。

あと神様はピンチではあるけど、負ける事は無いだろうとも言ってた。

完全に魔物の意思の人間も既に沢山居るけど、そいつらは神様じゃなく人間によって駆逐されると思うとも。

知り合いにガチの霊能力者居るなら、これと同じ事聞いて見て欲しい。

似たような事言うかも知れない。または自分がガチだって人も意見聞かせてほしい。

追伸

書き忘れてたんだけど、地獄ってのは「戦争が目的の戦争状態」なんだと。それがまさに地獄なんだって。

そうなれば破滅しか戦争終結の手段は無くなる。

結構神様のやる事って政治色が強くて、よくいう呪いとかはあくまで人間が起こす災害なんだと。

あと、魔物憑きの人間はやたら怖いもの知らずで、しかもそれを他人に押し付けてくるような奴だからすぐ解るらしい。

(了)

 

「極」怖い話(地鎮災) [ 加藤一 ]
一世一代の買い物―家。不動産の購入は多くの人にとって一生に一度あるかないかの一大イベントにして、最も高価な買い物だ。それにもかかわらず、試用期間も事前練習も許されず、少ない情報の中で決断せねばならない。住み始めてから何かあってももう遅く、再度売り払い、引っ越すのは並大抵なことではない。だが、この世には手を出してはいけない物件というのが確実に存在し、呼び寄せられるが如くそこに住んでしまった人たちがいる。俗に言う瑕疵物件だけでなく、遙か昔の歴史が絡む曰くつきの土地など様々なケースがあるが、そこでは信じ難き恐怖と不幸が実際に起きている。北海道の有名心霊スポット、円形マンションの真実に迫る驚愕の取材をはじめ、呪われた家と土地に纏わる実話を集めた渾身の書き下ろし怪談!

Sponsored Link

 - 土着信仰, 心霊, スピリチュアル

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

悪魔祓い

昔俺は横浜に住んでたんだけれども、俺が中学生の時の話。 752 : 2006/0 …

全身黒ずくめ男

最初に。実話なんで、オチはありません。怖いというよりも不気味とか奇妙な話です。 …

オンマシラの儀

古くからの風習とか呪いとか、そういう類の話なので、現実的な恐怖ではないかもしれな …

不運の原因

不運の原因 自分は人に関わる霊感はないんだけど神様や物の怪とかは分かる感がある( …

憑き神夜咄

オチ無しの未だに謎が解けない話。 2013/06/10(月) 18:19:26. …

うわさの病院

後輩の迫田君が大学生時代に体験した話です。 2006/08/02(水) 16:1 …

悪霊瞬間デリート

これは102歳になる俺の婆ちゃんから聞いた話と俺が体験した話なんだけど、今思い出 …

祖母からの報せ

大学生の時に住んでたアパートがワンルームで、寝る時はドアと窓との直線上にいた。 …

シビトウラナイ

俺の知り合いに、みえる人がいる。 17 :2007/07/12(木) 18:39 …

離れのお姉さん

両親が離婚して、五歳の頃に、某県中心部にあるの母の実家に移り住んだ。 796 : …