【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

巻き戻された時間

      2016/10/05

Sponsored Link

 

昔から、電話が苦手なんだ。

573 :本当にあった怖い名無し:2014/01/30(木) 05:23:35.16 ID:4EiqMZNt0

多分親戚が死んだって連絡が、子供のころ夜中にかかって来た事があるからだと思う。

呼び出し音が響くと、毎回ゾクッと嫌な予感がするんだ。

また、何か悪い知らせなんじゃないかって。

俺はその時、休日だったから録画した映画をボーっと見てたんだよ。昼飯食ったちょっと後だったな。

それで、まぁちょっとウトウトし始めたら電話が鳴ってさ。いつも通り嫌な予感を抱きつつ、電話に出たんだよ。

「はい、もしもし、カトウです」

眠りかけてたのを邪魔されたし、多分ちょっと不機嫌だったと思う。

時計を見たら午後二時二十五分。

電話の相手は男の声だった。

その電話は、ただの宅配便の連絡だった。

近くまで来てますので、これからうかがってもよろしいでしょうか、って内容だった。

「ええ、大丈夫です」

先日留守にしてて荷物受け取り損ねて、再配達を頼んでたからそれだと思った。

「今家にいますんで、はい、来て下さい」

それでは、って言って電話は切れた。

夏でパンツ一丁だったから、ズボンちゃんと履かなきゃな、なんて考えつつ受話器を置いた。

玄関のベルが鳴った。

……早すぎる。

俺の家はマンションの七階で、下に車停めて電話かけてきたとしても登ってくるのに一分はかかる。

また嫌な予感がしてた。

霊感とかはないし、死んだらそれっきりだと考えてるけど、まぁオカルト話とかは好きでさ。

お、とうとう俺もオカルト体験かな、なんてなんか冷静な所もあってね。

受話器持ったまま、ソファにかけてあったジーンズ引っかけて、インターホンをとった。

さっきの男の声で、宅配です、っていうから

「あ、はい。今出ます」

って答えて、もし強盗かなんかだったら嫌だし、玄関のゴルフクラブの位置を確認した。いざとなったら、って考えて。

で、ドアの覗き穴から外の様子をうかがったら、まぁ普通に宅配の人がいた。

アマゾンのダンボール箱持ってる、制服で帽子かぶった人。

うつむいて、伝票とかチェックしてる。

なんか拍子抜けして、顔を扉から離して、チェーン外して、鍵開けた。

扉開けて、荷物受け取って、判子押して、まぁいつも通りだ。

 

Sponsored Link

鍵閉めて、チェーンかけて、ソファに荷物投げて、腰かけた。

映画を巻き戻さないとなーって考えて、コントローラー載せてる机に目をやった。

受話器がない。

さっき、受話器を戻そうとしてベルが鳴って、どうしたっけ……?

玄関から電話の呼び出し音が聞こえた。

不安になってきた。

日差しは強いけど、クーラーかけてたから、ちょっと寒かった。

多分荷物受け取る時に、無意識に置いたんだろうと思いながら玄関に戻った。

靴箱の上に受話器はあって、ピロピロ鳴ってた。

こんな短時間に電話ってのも珍しい。

リビングに戻りながら、手にとって、外線押して、耳にあてた。

「もしもし」

「はい、もしもし、カトウです」

「は?」

カトウは俺の名字だ。

「ええ、大丈夫です」

「え、ちょっともしもし?」

電話の向こうで、映画の音が聞こえてる。なんかヤバい。

「今家にいますんで、はい、来て下さい」

「いえ、ちょっと……」

電話の中と、目の前のモニターで同じ映画の、違うセリフが流れてる。なんか寒い。

玄関のベルが鳴った。

受話器から耳を離して、モニターを見たら、電話の中で聞こえてたのと同じシーン。

インターホンに出たら、宅配便だって男の声。

あれ、と思って部屋を見るけど、さっき置いたダンボール箱が見当たらない。

「あ、はい。今出ます」

玄関に行って、さっきと同じように荷物を受け取った。

どう考えても意味わからない。

時計を見たら午後二時二十七分。

受話器を戻して、映画を巻き戻した。

映画のシーンで、たった時間を逆算しようと思ったんだ。

最初に電話かかって来た時から、荷物受け取ってソファに戻るまでで大体二分半。

そこから、二回目に荷物受け取ってソファに戻るまでが二分十五秒。

荷物は、ちょっとビビりながら開けたけど、ちゃんと自分が注文したスリッパだった。

なんだったのか、結局良く分らない……

(了)

 

闇の検証(第7集)霊能者・寺尾玲子の新都市伝説

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

時が止まる場所【時空が歪む不思議な話】

ヒマつぶしに聞いてくれ。昔ウチの近所に結構有名な墓地があって…… 1: 以下、名 …

霊障トンネル

  今から十年以上前、俺の知り合いの女性から聞いた体験談 103 :本 …

火の棒/鬼火 の・ようなもの。

  小二から小四まで、週に二回、放課後に姉と小学校の近くのそろばん塾に …

パッシブセンサー

俺が警備員やってたのは、テナントがいくつか入ってるビルなんだ。 112 :名も無 …

平成タイムスリップ

思い出すと身の毛もよだつが、話さずにはいられないので書いてみる。 30 :本当に …

金曜テレポーテーション

中2の頃、僕と友人正登の話。 金曜深夜1時頃、僕は友達の正登と遊ぶ為に、横浜の自 …

延々地蔵と謎の男

小笠原君は関西の某大手製薬企業に勤めている。 しかし仕事柄、中々女性と出会えず、 …

夢と現実

信じてもらえないかもだけど実際にあった話。 自分は高校生ぐらいからよく妖怪が出て …

死霊死号室(404号室)【ほんのり奇妙な物語】

「404号室を借りたいのだが……」 そのおかしな奴は言った。 妙な注文を出す奴は …

すざく駅

  二十二時頃、僕はいつものように、JR九州k線のh駅からf駅に向かっ …