【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

幽霊団地マボロシ少年

      2016/10/02

Sponsored Link

 

五歳ぐらいだったと思う。俺の父親は出張の多い仕事で家を空けることが多かった。

132: 本当にあった怖い名無し 2015/01/29(木) 09:14:20.30 ID:kOpkfPDG0.net

母親が何かの病気で手術することになって、その間、一ヶ月ぐらい祖父母の家に預けられていたことがあった。

祖父母の家は政令指定都市だが中央から離れてて、まだ周囲には田んぼが残ったようなところの住宅地。

わりとすぐに同じような年頃の友達ができて、近所の公園でよく遊んでた。

ある日いつものように公園に行ったら、なぜかその日は誰もいなくて、まあそのうち誰か来るだろうと、ひとりでブランコをこいで遊んでた。

そしたら同じぐらいの男の子がやってきて、その子・寛太くんもひとりだったから一緒に靴飛ばし(立ちこぎしながら靴を遠くに飛ばしたもん勝ちって遊び)してて、そしたら寛太くんの靴が垣根の向こうに行って、探しても見つからない。

なので家に帰るけど、「すぐ近くだから喜助くんもおいでよ」って言われて一緒に付いて行った。

そこは五階建てか六階建てか忘れたけど、それぐらいの古い団地だった。

エレベーターがなくて階段で競争しながら駆け上がって行った。

最上階の寛太くんの家に入ったあと、ベランダに出て町を見渡して

「あそこがさっきの公園」って教えてもらった。

まわりは一戸建てばかりだったからすぐ分かって、その公園から目でたどって祖父母の家も見つけた。

俺んちは一戸建てだったし、祖父母の家も一戸建てだったから団地とかすごく珍しくて面白かった。

その日はそれだけだったけど、今度来た時は屋上に連れてってあげるよ、って言われてなんかワクワクして楽しみにしてたけど、結局その後寛太くんと会う事はなかった。

Sponsored Link

父が迎えに来る日を翌日にひかえた夜のこと。

祖父母とごはんを食べながら、寛太くんとの約束の話をしたら祖父母ともに首をかしげていた。

この近くに団地なんかないって言うんだ。

あったってば。自分の足で階段駆け上がったし。ベランダからの光景も目に焼き付いてるし。

でも翌朝、父が来るまでの間に祖父と散歩しながら近隣を探したけど、本当に一戸建てか二階建てのアパートしかなかった。

そんなはずない!と思って、なんだか説明できないような感情が襲ってきて、わーわー泣いてた。

でも結局、父が迎えてきて、母が元気になったよって言われたら嬉しくてそんなことはすっかり忘れてた。

中学に入った年に祖母が亡くなり、そのお通夜の時になぜか急にそのことを思い出した。

祖父に、本当に団地に上ってベランダから町を眺めたのにって話したら、祖父もその時のことを覚えてて、実際のところどうなのか分からないし怖がるといけないと思って黙ってたけど、団地はあったらしい。

ただし、その二年も前に取り壊されていた。

団地というか、ある会社の社宅だったそうだ。

その社宅で何があったのか分からないけど、取り壊しになったあとしばらく少年の霊が出るという噂話はあったらしい。

だけどその話を聞いても俺はなぜか“怖い”と言う感情にはならなかった。

寛太くんとの思い出は現実だったのか夢だったのか分からないが、俺に兄弟がいないせいか、すごく楽しくて今思い出してもベランダから見た光景も、寛太くんの笑顔もキラキラしてるんだよなぁ。

だからもう思い出の一つとして残しておくことにした。

(了)

 

怪談 [ 小池壮彦 ]

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Comment

  1. 匿名 より:

    五歳で友達の名前を漢字でおぽえているって変だろ
    あと、六階建てなんて建築物になるとエレベーターの
    設置が義務づけられるはずなんだが

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

僧侶の予言

昭和三年生まれの父は、昭和十八年頃、帯広の近くのにある農家に働きに出ていたのです …

幻妖道標

俺は九州出身なんだが、大学は四国へ進学した。 5:本当にあった怖い名無し:201 …

似た者同士/人生の分かれ道

  今から数年前、新卒で就職した会社から転職をしたときの話。 986: …

温泉街の按摩さん

元同僚の話。 仕事の元請先に誘われて、温泉旅行に出かけたのだという。 温泉と料理 …

ミラーボーイ

小学四年生の時の話。当時俺は団地に住んでた。 682 :本当にあった怖い名無し: …

零戦飛曹

今年大往生した母方の祖父ちゃんは、零戦乗りだった。 656 : 2012/10/ …

土砂降りと母の記憶

怖い話には程遠いかも知れないが、人によっては奇妙な話です。 32: 名無しのスコ …

お寺や神社が好き過ぎて逆に怖い甥っ子の話

先ほど母親から電話があって相談された話です。 592 :本当にあった怖い名無し: …

狐とサバゲー

以前、人家から相当離れた山中で数回夜戦を行った。 631 :名無し迷彩:2006 …

ビジネスホテルの夜勤

あたしが働いてたビジネスホテル、夜勤は三人体制で、二時間ずつ交代で仮眠休憩とって …