【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

ローカル私鉄の怪

   

Sponsored Link

それは、私が地方のローカル私鉄で、運転士をしていた頃の話です。

季節は晩秋の…空には星も月も無く、風も無い暗い晩のことでした。

時刻は終電間際、この乗務が終われば、本日の勤務も無事終了です。

ひとつひとつ小駅を拾うように、列車は山間の単線を走っています。

とある無人駅を過ぎ次の駅も無人駅、ここで車掌が運転台に来ます。

次の駅は改札口が前寄りにあるので、集札に備えての何時もの慣習。

後輩の車掌と、遮光幕の下りた暗い乗務員室で軽い雑談を交します。

山合いを抜け田園地帯、前照灯が直線のレールを照らしていました。

進行左手には細い生活道路が並走し、右手には枯れた畑と田んぼが。

疎らな人家の裏手、線路は緩い上り勾配、あと1分ほどで到着です。

ふと進行右手のビニールハウスの辺り、奇妙な人影に気付きました。

雨も降ってないのに、頭から白い雨合羽の様な物を纏った人影です。

渡ってくれるなよ、と思いながら軽くブレーキを当てつつ警笛吹鳴。

先方との距離は60mほど、速度は時速40キロに落ちていました。

すると当の人影は列車に顔も向けないまま軌道内に侵入し始めます。

あ、バカ!と叫びながらハンドルは全制動位置、ペダルはベタ踏み。

非常に入れなかったのは、経験則から渡り切ると踏んだからでした。

それでも万が一に備え非常投入のタイミングを計りながら前方注視。

ところが影は…ふっと空中に浮かび上るように消えてしまいました。

何かの錯覚?ビニールが風で?いや、風は無いな……渡り切ったか?

すでに速度は上り勾配の所為もあって、最徐行並みに落ちています。

立ち上がって周囲を警戒しながら当該地点を通過…でも誰もいない。

当然のように何の衝撃も無ければ何の異音も無いまま惰行する車両。

慌ててハンドルを緩め位置に戻し狐に抓まれた気分で腰下ろします。

今のは何だったんだ……気の所為?気の所為……だったんだろうな?

その時正面の窓に手を衝いて、じっと暗い前方を凝視してた車掌が、

「あの……今の、何ですか?消えちゃったけど……」と言いました。

気の所為じゃなく車掌も見てた…そう思った瞬間背筋が凍りました。

乗務区に戻ってから調べてみても、同地点の事故記録はありません。

同様の現象に遭遇したのも自分たちだけで、誰も信じてくれません。

ただ少し下手の四種踏切で随分前に少年が轢かれた記録はあります。

その少年は、私と同期で運転士になったH君の幼なじみだったとか。

その少年だとしたら、出る相手を思い切り間違ってるんじゃないか?

ひょっとして彼の命日でH君が非番だったから代役に選ばれたかな?

今は体を壊してハンドルを握る仕事を離れた私の奇妙な体験談です。

(了)

 

日本霊界地図 [ 並木伸一郎 ]

Sponsored Link

 - 怪談

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

yumenonakanowonna
夢の中の女

  俺は幽霊は見たことないんだけど、夢とそれに関する不可思議な話。 俺 …

openeyes
鏡 ~ 今まで聞いた中で一番恐い話を書きます。

今まで聞いた中で1番恐い話を書きます。 知り合いにすごく霊感の強い子がいて、よく …

151217_004
ヒッチハイク爺さん

仕事で滋賀県で働いてるんだけど、一昨年の冬初めて滋賀県に来た時にあった不思議な話 …

16-kaeranaikokurisan
帰らないコックリさん

第16話 帰らないコックリさん 大幽霊屋敷~浜村淳の実話怪談 私は中学1年生の女 …

kwaidan
新作怪談・短編六話~2016年8月3日放送『Rの法則』より

Rの法則「これを見れば名人に!Rの怪談トーク術」 1:いわくつき物件 最近、芸人 …

otete
小さな霊園

大学時代の友人が事故で亡くなって四年たつ。 827 :2015/05/02(土) …

tatiirikinsi-rindou
立入禁止の林道

  叔父の仕事場にお邪魔した時の話。 2007/12/28(金) 03 …

151118_012
お囃子の騒めき

  母方の祖母から聞いた話…… 489 :本当にあった怖い名無し:20 …

mugondenwa
無言電話の鳴る家

  実際に今でも東京都の重要文化財としてあるらしい昭和初期の古い住宅の …

tonarinoonnna
隣の女

今から八年ぐらい前に、実際に僕が体験した話です。 その日は夏の夜でした。 当時、 …