【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

狂骨の夢は夜ひらく

      2017/02/10

Sponsored Link

 

喪女は死んでも喪女なんだなぁ、と思った昔話。

593 :本当にあった怖い名無し:2012/07/17(火) 21:33:26.74 ID:frViagn70

その昔、福島県には狂骨という妖怪が出たそうだ。

狂骨は歩く女の髑髏であるという。

この狂骨であるが、実は名前の響きの禍々しさとは裏腹に、全く悪さをしない。

ただ「歩く髑髏」なのだという。

生前はあまりの醜さに誰にも相手されなかったが、

死んで骨になってみると意外にスタイルがよかったことに気が付き、

死後は自慢のスタイルを自慢するため、

夜な夜なカタカタと音を立てながら一人ファッションショーを開催しているのだ。

しかしこの狂骨は、高僧とか修験者のような霊的に強い人に出会うと、その場でカタカタと崩れてただの骨になってしまう。

そしてその高僧や修験者が通り過ぎると、再びカタカタと人の形を為し、一人ファッションショーを再会するのだという。

この狂骨の好物は獣や魚の骨であり、腹が減るとこれをしゃぶるそうだ。

しかし、お盆には骨は生臭物であるからといって断食し、骨をしゃぶらなくなるという。

そういうわけで人々はこの狂骨を「なんといじらしく、慎ましい女の物の怪であろうか」と言って特別嫌わなかったという。

喪女は死んでも物の怪になっても、低姿勢で、控えめで、慎ましいのだなぁと妙に感心した昔話。

(了)

 

顳〔カミ〕草紙(串刺し) [ 平山夢明 ]

Sponsored Link

 - 怪談

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

六体の地厄(じんやく)

1986年(昭和61年)。俺がまだ小学三年生だった頃の話を聞いてくれ。 俺が住ん …

夜道の人影

俺のじいさんが話してくれた話。 なんとなく思い出したから書いておく。ちょっと長い …

夢の中の女

  俺は幽霊は見たことないんだけど、夢とそれに関する不可思議な話。 俺 …

仙台坂

昔、麻布の仙台坂というところに住んでいたことがある。 大使館や寺があちこちにある …

酔っぱらいタクシー乗客

  先日帰省した時にタクシーの運ちゃんしてる弟から聞いた話を書いてみる …

釣り場の女

夜釣りやってたんだけど、普通四、五人はいる堤防で一人だった。 561 :本当にあ …

手招く少女

ある夏の日の出来事。 612: 本当にあった怖い名無し:02/01/15(火) …

後ろ向きのヒト

資格試験の為に図書館で勉強していて、閉館前午後七時半になったので帰宅することにし …

三番座敷

あたしがまだ高校生の頃、当時首都圏では有名なフランチャイズの居酒屋でバイトしてた …

鏡 ~ 今まで聞いた中で一番恐い話を書きます。

今まで聞いた中で1番恐い話を書きます。 知り合いにすごく霊感の強い子がいて、よく …