【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

キャバ嬢の無念【意味がわかると怖い話】

      2016/09/05

Sponsored Link

 

三年前くらいになるかな。当時俺はキャバクラのボーイをしていたんだよ。

88: 1:2011/07/18(月) 19:12:38.62 ID:cNhDKNc60

多分、みんな嬢に興味はあっても、ボーイの事なんて興味すらないだろうから知らないと思うけど。

もうね、元ホストから元IT関係者、元ヤクザまで様々な人種が来る。

そして一ヶ月で十人いたら五人まで減る(笑)

でな、俺がその世界に飛び込んで四ヶ月経った頃、新規でお客さんが来たんだよ。

パッと見五〇くらいかなぁ?

一見裕福では無さそうで、キャバクラとは縁の無さそうな人柄の良さそうなオジサン。

実はココ、結構お高い所でさ、正直大丈夫かぁ?とか思ってた。

さらに不思議な事に恐らくフリーで入っただろうけど、隣にキャスト(キャバ嬢)がずっと付かないんだよ。

もう一時間近く一人でチマチマと酒を飲んでるんだ。

さすがに気になってさ。カウンターに聞きに行ったんだよ。

そしたらさ、隣に女性を付けなくていいから、ただここで飲ませてくれって入ってきた客だった訳。

たまにあるんだよこういう客が来る事が……

っとカウンターも黒服も困り顔でな。人手はあるからさり気無く目的を探ってきてくれとか冗談半分で話してた。

ところが本当にその機会が回ってきた。

多分飲んで暇に耐えられなくなったんだろう、よりにもよってボーイの俺を場内指名してきたんだ(笑)

酒も飲めるしサボれるし、タバコも吸えるしで素晴らしい一時だ、断る理由がない。

ボーイは極稀に指名される事があり、その時は一切の仕事を免除される。

飲みすぎて潰れたらぶん殴られるけどね(笑)

で、そのオジサンの隣に座って一通り楽しく喋ったんだよ。

酒パワーもあってそれなりに楽しくアホみたいな会話してた。

話題が尽きかけた時ふと、

「そういえばどうしてお客さんは嬢を指名せず、一人で飲んでいたんですか?」

そう話を切り出したんだ。

その瞬間楽しい雰囲気は一瞬で吹っ飛んで、オジサンはすごい寂しそうな顔してな

「娘がここで働いていたんだ、私に内緒でね」

その時なーんか悟っちまった。あぁ、家出して行方不明とかか……

たしかに源氏名じゃ本名もわからないし、キャストの本名を黒服陣に聞いても答えてくれる筈がないもんな……

でも違った。

「娘はね、死んだんだよ……悲惨な死に方だった……」

オイオイ、予想以上に重い……

「なんで娘が死んだか知りたいかい?」

「差支えが無ければ教えて貰ってもいいですか?」

ここまで来たら溢れ出す好奇心は止まらないもんだよ。

「薬だよ。ドラッグに溺れて骨と皮だけになって死んだんだ……」

「ここが原因だろうね、娘の交友関係や職場などを調べたんだが親友だという子を締め上げたらこの店の名前が出てきた。警察もここは調べてないから私は復讐に来たんだよ」

鈍感な俺も復讐という言葉を聞いてさすがに気がついた。

あ、一番危ないのって近くに、というか隣にいる俺じゃね?って……

「ではお客さんは今日、復讐するためだけに来店されたんですか?」

「あぁ、そのつもりだった……でももうそんな気はないんだ……今日は来てよかったよ……」

その時そのオジサンが持ってたバックから包丁取り出したんだ。

オイオイ、言葉と行動が逆じゃねーか!

「もう、娘に会えたからね。楽しそうに笑ってた……君がいてくれてよかった」

そう言い、見せた包丁をしまってチェックのサイン。

洒落にならねーよ……酔いも吹っ飛び心臓バクバクしてるよ……

娘が死んで頭がおかしくなったのか、それとも俺に娘の面影でも見たのか……

外に出てオジサンに挨拶したがまた来てくださいとは言えなかった。

帰り際にオジサンが俺に向って笑いながら

「娘は本気だったみたいだね……ならいいんだ……もう……いいんだ……」

……アレ、俺なにか大事な事に気がついてないんじゃなかろうか……

なにかが……

俺はそれに気が付いた後店を辞めた。

そのオジサンはそれ以来、来なくなったと聞いている。

(了)

 

黒い遭難碑 山の霊異記 [ 安曇 潤平 ]

Sponsored Link

 - 意味がわかると怖い話

[PR]

Comment

  1. 匿名 より:

    とりあえず、ほかサイトの解釈を転載しときますね。

    解釈

    娘さんは死んで幽霊になってからもボーイさんの側にいたくてキャストとして働いているんだと思います。そして、お父さんは片時も離れず、ボーイさんの腕に引っ付いてる娘の姿でも見たのでしょうね。だから、本気だったのかみたいな。
    でも、薬で死んだのは脈ナシって分かってて辛いから現実逃避でもしたのかな。

    とのことですが、私としては、じゃあ辞めても駄目じゃないの、とか思ったりする訳ですが。

  2. 匿名 より:

    わからない…誰か教えて

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

間違い電話

明日は日曜日で仕事休という土曜の夜。 676 間違い電話 2009/06/28( …

私の母?の・ようなもの。【意味がわかったら怖い話】

  四歳か五歳か、小学校に上がる前の、夏の終わりの話。 2014/05 …

お母さんのアリバイ

俺が五歳のある日の夕方、母親がしきりに俺に言ってきた。 「おかあさん今日ず~っと …

アイドル【意味がわかると怖い話】

男はアイドルAに夢中だった。 安月給のため、生活に余裕はなかったが使える金は、全 …

飛び降りを目撃した【意味がわかると怖い話】

 会社までの徒歩通勤時に、 取り壊し予定の無人マンションの近くを通るのだが、 そ …

異形の母親

その日は朝から暑かった。 37 : ◆cBCRASH/NU : 投稿日:2003 …

高層マンションのエレベーター【意味がわかると怖い話】

高層マンションに住んでいる友人の話です。 彼は一四階に住んでいるためエレベーター …

鳴り止まないノック音【意味がわかると怖い話】

出張で泊まるホテルは同僚から、『出るぞー』って散々脅されていたところだ。 ビビり …

完全に四角い部屋【意味がわかるとゾッとする話】

  バイト先の仲間及び上司と肝試しをすることになった。 2010/04 …

ロアニの家

子供の頃、近くに廃墟の家があった。 338 : 本当にあった怖い名無し 投稿日: …