【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

クワガタ少年の事件簿

      2017/01/19

Sponsored Link

小学生のとき、夏休みによくクワガタを採りに行った。

814: 本当にあった怖い名無し 2015/09/16(水) 11:41:25.72 ID:oq8NmGp20.net

昼間は友達と採りに行って、夜には一人で採りに行った。

その頃はクワガタのことしか考えてなかった。

ある日、日が沈んでからまたクワガタを採りに近所の雑木林に行った。

普通の親なら『夜は危ない』と止めようとするが、自分の親は自分に関心がないのか、『ああ』の一言だった。

自分的には自由が利くので都合がよかった。

雑木林に着いたらまず、一番大きいクヌギの木を見る。

この木にはよくヒラタクワガタがいて、けっこうサイズもでかいやつが採れる。

樹液が出てる場所をライトで照らすと……

いた!ノコギリクワガタのオスだ。しかもけっこう大きいので、迷わずゲット。

他にもカブトムシとかゴキブリとかいたけど興味なかったのでスルーした。

次に行くのは、林の側にある公園のトイレだ。

トイレの電灯にもよくクワガタが飛んでくるのでチェックしないといけない。

もちろん女子トイレもだ。

しかし、入念に探してみたけど全くいなかった。

だいたいいつも何かしらの生き物がいるのに、今日はカナブンすらいなかった。

何もいないな……と思いトイレを出ようとしたら、急に電灯が消えた。

かと思ったらまた点いた。

なんだ?蛍光灯古いの?と思ってトイレの方を振り返ると、妙なことに気づいた。

女子トイレは個室が奥に向かって三つ続いてるのだけれど、その一番奥のドアが少し開いていた。

僕は思わず「あれ?」とつぶやいた。

だって、さっき見たときは扉は全部閉じていたから。

Sponsored Link

不審に思ったので奥まで行ってみた。

多分、風で開いたかな?と思いつつドアを開けると……

何もなかった。

便器には蛾の死骸が浮いていた。

何もなかったのでドアを閉めたら、手から血が出てることに気づいた。

多分さっき枝か何かで切ったかなと思いながら手を洗ってると、今度は蛍光灯が点滅し始めた。

またかよ、ケガしたし今日はもう帰ろっか、と思った瞬間!

正面の鏡に何かが映った気がした。

下を向いてたのではっきり見えなかったが、明らかに今何かがいた。

僕はそれ以上考えないようにした。

正直、怖い映画とか話はそんなに得意じゃない。

こんな夜に人気のない場所にくるのも、心ではそんなものいるわけないと決めつけいるからだ。

暗くなった瞬間思い切って鏡を見た。

明るくなる。

そこには、口に虫を詰め込み、目から血を流した青白い女がいた!

「ゔあああああああああああ!!」

僕は叫んで逃げた。

逃げた。

後ろを振り返ると、追ってきてない。

それでも逃げた。

あれ以来、あそこには行ってない。

後から聞いた話だが、あそこは鎌倉時代に女が打ち首になった場所だとか何とか聞いたけど、どうでもいい。

もう思い出したくない。

(了)

[出典:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1413974645/]

 

封印された日本の地下世界 [ 鹿取茂雄 ]

Sponsored Link

 - 洒落にならない怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

夢の中にいる少女

  懺悔的な内容になってしまうから読むのめんどい人はスルーしてくれ。 …

入ってはいけない森

  ネタくさい話。正直、俺も当事者じゃなかったら信じない。 730: …

八郎潟の作業服の幽霊

去年の八月、友人と二人でアルミの釣り用ボート曳いて、秋田にある八郎潟へ行ったんで …

精神科医の伯父

伯父さんは地元の病院で精神科医…… 779 :2006/12/10(日) 20: …

闇に浮かぶニヤニヤ顔の女

  自分が勤めている会社の事業所は結構な田舎にあって、自分はそこから徒 …

御札の家【語り継がれる怖い話】

霊感ゼロの自分が、唯一味わった霊体験です 広島県F市某町、地元の人間なら誰もが知 …

コンビニ老婆

うちのコンビニに週三回毎朝五時過ぎにやってくる初老のおばさんがいる。 137: …

怨霊ダム

昔、オレが大学生のころの話。 ある日、友達にドライブに誘われた。別に行く所がある …

平家の隠れ洞窟

これは、山陽の某洞窟で体験した話です。 60: 本当にあった怖い名無し:2012 …

雨の公園 ベンチの女

平成二十年、僕が大学生の頃の話です。 当時、都内で一人暮らしをしていました。 麻 …