【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

ガムテで口を塞がれた男

   

Sponsored Link

ふと思い出した昔の話。

突如息抜きをしよう、ということになり友人とドライブに出発した。

時間は多分夜中の三時か四時くらいだった。

適当に市内を走っているうちに、これまた唐突に埠頭に行こう!ということになった。

海の近くは工場地帯で、昼はトラックの往来が多いが、逆に夜はほとんど車は通らない。

道幅も広いし真っ直ぐな道も長く続くので、週末なんかは走り屋なども集まる。

しかしその日は週中の平日で、走ってるのは自分たちくらいだった。

修羅場中でテンションが上がってたせいもあって、妙なノリで埠頭を目指してたら途中の信号で止まった時に一台の車に出会った。

車種や色なんかはよく覚えてない。

でもライトバンていうのかな、普通の車よりちょっと大きいのだった。

自分は助手席にいて、信号が変わるまでなんとなくその車を眺めてたんだけどそのうち乗ってる人になんか妙な違和感を覚えた。

なんだろうなーと思ってるうちに違和感の理由に気付いた。

後部座席にいる男の顔の下半分だけが妙に黒かったんだ。

なんで黒いんだ?と思わず凝視してたら、その人に見てること気付かれた。

そうしたらなんていうのか、物凄い目を向けられた。

まさに必死っていう感じの目。

それだけじゃなくて、そのうちに窓に顔を押し付けるようにしてこっちを見てきた。

窓にべったり顔くっつけてたから、男の口元に黒いガムテみたいなのが貼られてるのも見えた。

さすがにビビってたら、突然その男が窓から消えた。

たぶん、その後部座席にいた他の人に窓から引き離されたんだと思う。

それと同時に車は急発進して走っていった。(信号はまだ赤だった)

車が向かったのは私らも行こうとしてた埠頭の方角。

ちなみにその埠頭は、潮の流れが複雑らしく、落ちたら浮かんでこないとかで、ある種の心霊スポットだったけど、地元のヤクザが死体を始末する場所のひとつだという噂もあった。

平日の真夜中にガムテで口を塞がれた男を乗せた車が、死体を沈める場所だという噂のある埠頭に向かうのを見たら、さすがに行く気が失せた。

友人共々それまでのノリも一気に冷めて、大人しく家に帰って修羅場に戻った。

実際のところあれがなんだったのかは今もよくわからないけど、今でも思い出すとなんとなく背筋が薄ら寒い気分になる。

[出典:http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1179548777]

(了)

 

史上最強の都市伝説極 [ 並木伸一郎 ]

Sponsored Link

 - 洒落にならない怖い話

[PR]

Comment

  1. 名無しさん より:

    これが本当ならあなたも共犯みたいなもんだね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

鬼爺婆

俺が小学六年の頃、両親が離婚した。 そこから高校生までは親父と祖父母、そして親父 …

幽霊をおちょくってはいけない~同人作家の恐怖体験

俺の友人水谷が同人の絵描きさんしてまして、俺は水谷のアパートへたまに遊びに行って …

最上階の上に棲む者

数年前の話になるんだけどさ。俺がいつものように2ちゃんねるで遊んでたとき、電話が …

幽霊船

これはもう亡くなった曾祖父に聞いたお話です。 曾祖父が亡くなる数ヶ月前、どうした …

あいつが来る

サッカー部の高柳君と川島君はとても仲が良くて、いつもまるで双子のように息が揃って …

怪異と刑法

先日、親戚の葬式があった。 421 名前:あなたのうしろに名無しさんが…… 投稿 …

因果応報

  今朝、母親から聞いた話です。ゴミ捨てに行く時に、そういえばこんな事 …

腕章の少年

  私が昔住んでいた大阪S市では、奇妙な噂が流れていました。 98 : …

呪いの塊

先月祖父が亡くなり、祖父が自室として利用していた部屋を兼ねた蔵を、父と一緒に整理 …

神降ろし

大学生になって初めての夏が近づいてきた、金曜日頃のこと。 人生の中で最も『モラト …