【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

昏い海の中から

      2017/02/07

Sponsored Link

 

小学生の頃、夏休みに家族で旅館に泊まりにいった。

401 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 07:09:29 ID:19QyoQ2l0

日程は三泊四日で、すぐ近くに海がある場所だった。

俺はその間海ばっかり行ってた。水泳習ってたし、もう五年生だったから、親も俺が一人で行く事には、特に文句を言わなかった。

ずっと一人で泳ぐのはちょっと寂しいものもあったけどね。

何日目だったかな。夕方、日が沈む直前まで泳いでた。

で、そろそろ帰ろうと思ったら、海から見えるはずの旅館がない。

本当に、建物がごそっと消えていたんだ。

なんだか嫌な予感のまま、荷物を持って旅館へと戻った。

場所は間違えるはずもない。何回も往復しているのだから。

旅館があった場所は、もはや残骸と化したグチャグチャの建物。

木片や石がそこらじゅうに散らばっていた。

俺は最初、何が起きたか全くわからなかった。

そして、ふと、あるおかしなことに気付いた。

海からここに戻ってくる間、誰かとすれ違ったっけ?

否。

そして、こんな状況、こんな状態の建物の周りに……

それどころか、近くの道に人一人居ない。

車も走っていない。

誰もいない。

「!!!!!!!!」

意味不明の恐怖で高鳴る心臓。

荷物を手に取ると、一直線に海まで駆け出した。

周りはもう暗い。何度も転びそうになった。

昔から、変に冷静な子供だった俺。

あの場所に留まるよりかは、開けた場所に行ったほうがいいと判断したのだ。

本気で走ったため、海に着いたときは、本気で息が切れていた。

両膝に手を当て、息を整える。

何で何も無い?今まで俺が居た場所は?

父は?母は?これからどうすればいいの?

色々な事を考えながら、何気なく後ろを振り向いた。

真っ黒な海の中が、明るく煌くのが見えた。

旅館の光が反射していた。

もういちど振り向くと、自分が泊まっていた旅館があった。

(よかった!)

安心が一気に押し寄せてきたと同時に、後ろの真っ黒い海が、騒ぎ始めた。

はっとして、反射的に後ろを振り向いた。

自分から数メートルもない場所に、何か居る。

旅館の光が多少なりとも海を照らしているため、そこにいる何かは案外すぐに判別することが出来た。

人間だった。

ジーパンをはき、シャツを着た女が、濡れた長い髪を振り乱しながら、それはもう必死に、両手で海を殴っていたのだ。

静かな海の静寂は、バチャン、バチャン、という海を殴る音でかき消されていた。

大抵、そこで気絶なんかするもんだろうけど、俺はそんな事出来なかった。さっきとは別の恐怖。

ただ、体が固まって動けずに……

とはならずに、荷物を手に取り、一目散に旅館へと走った。

砂のせいで、走りにくいのが鬱陶しかったけど……

海を殴る水音は、消える事は無かった。

肺が潰れるんじゃないかと思うほど、俺の息は切れていた。

それもそのはず、さっきも本気で走ったんだから。

恐る恐る旅館に入ると、フロントに両親が居て、俺を見つけるなり、頭を殴ってきた。

今まで何処に居たのか、と。探したんだぞ、と。

それは俺の台詞だ。

事は、俺が一人でうろついていたという事で収められた。

今しがた体験した事など、誰にも話す気にもなれずに、結局俺は、残りの一日は、海に行く事は無かった。

両親は、海に行かない俺を見て、怪訝な顔をしていた。

後から考えても、海で見たあれは幽霊の類などではなく、確実に生きている人間だったと俺は思っている。

ただ、旅館の消失については、納得のいく答えが出ていない……

俺と一緒に全てを見たはずの、あの荷物一式。

その「最後の生き残り」だった水中メガネも、先日、親戚の子供へと譲られてしまった。
(了)

 

降霊怪談 [ 葛西俊和 ]

Sponsored Link

 - 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Comment

  1. 匿名 より:

    嘘くさい
    何が妙に冷静な子供?何が最後の生き残り?
    笑わせるww

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

160701_002
小さい頃遊んでいた女の子

小さい頃の、父方の田舎での思い出です。 1 :本当にあった怖い名無し:2013/ …

150904_003
幽鬼拿捕

霊能者のところでバイトしてた時の不思議なこと書く 22: 本当にあった怖い名無し …

img0303
小人はトイレに住んでいるのです。

  大学進学と共に実家を離れ、部屋を借りて一人暮らしをして三年になりま …

sikkokuno-gaisensya
漆黒の街宣車

  俺が中学一年の頃の話。 244 :2010/11/23(火) 21 …

151213_000
温泉街の按摩さん

元同僚の話。 仕事の元請先に誘われて、温泉旅行に出かけたのだという。 温泉と料理 …

akabeko
空き家の赤べこ女

小学校低学年の頃、両親の用事で俺は知り合いのおばちゃんちに一晩預けられた。 86 …

kanjusei
感受性

  大学に通っていた時友達になった奴がいた。 956 :本当にあった怖 …

151103_001
憑物落としのバイトにスカウトされたんだが……

私は三〇代前半の、未来に絶望している派遣社員です。 2010/06/12(土) …

img1046
エアブック

おじいさんとおばあさん二人でやってる古本屋でバイトをしてた頃があった。 40 : …

151216_008
泥団子

私の仲の良かった友達、又吉(仮名)が、引っ越をしました。 私も引越しの荷物運びを …