【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

ダンスクラブで出会った彼女

   

Sponsored Link

クラブの店員をしてた時期があって、その時に起きた話。

当時、ダンスに夢中になってて、週末は必ずと言っていいほどクラブに通ってた。

そんな訳で、そこのオーナーとは必然的に仲良くなったんだ。

ある日、店員が一度に二人ほど辞めてしまい

「もしよかったら、うちで働いてくれないか?」

との、お誘いがきた。

初めは迷ってたんだけど、クラブに通うお金も馬鹿にはならないし、タダで店内で流れてるダンスのビデオも観れるし、むしろ好都合だと思い、アルバイトというかたちで働かせてもらったんだ。

でも、いざ働いてみるとこれがかなりキツイ労働。

お客さんが店に来るまでひたすら店内清掃。

これだけでバイトが終わるときが月1~2回はあった。

だから、お客さんが遊びに来たときは過剰というぐらいの接待をしてた。

そんな日々が過ぎていき、働き出してから三か月目の頃、二人のお客さんが遊びに来た。

初めて見る顔だったので、常連さんになってもらいたい一心で、ヒマさえあれば二人に声をかけてた。

で、閉店間際にその二人のうちの一人から

「よかったら帰り家まで送って行ってくれないかな……?」

と言われた。

どこの店もそうだと思うが基本、お客さんとは恋愛禁止。

かなり迷ってたんだけどマジで足がないらしく、店のスタッフには内緒で送っていく事にした。

店内にいる時は気付かなかったんだけど、わりと可愛い子だしノリも良い。

なんとなくだが、彼女にしてもいいかもな……なんて考えてた。

それから彼女が店に遊びに来たときは必ず送っていった。もちろん店のスタッフには内緒で。

男女の関係になるのも、そんなに時間は掛からなかった。

むしろ俺の方が彼女にハマっていた。

その日も店が終わり彼女を家まで送り届け、自宅までの帰路を車で走ってた。

その最中、なにげなく斜め前方に視線をやったら、なんか怪しい感じのする男性が道路脇からこっちを見てた。

とっさに「これはまずい……視線変えなきゃ」と思ったんだけど、なぜか視線を変えることができない。

その場を走り去るまでわずかの時間だったと思うけど、最後まで視線が合ったままだった。

その時を境にして、今まで見えなかったものが突然見えるようになった。

……幽霊ってやつを。

詳しく言うと、あの時の怪しい若い男性。

首が取れ掛かっている。見えるのはこいつだけ。

むしろ付きまとわれてる感じさえした。

でも彼女といる時だけは不思議と見えなかった。

付き合いだしてから二か月目くらいの時だったと思うけど、デートの最中に腹が減ってきて喫茶店に入ることにした。

その店はかなり前から行きつけの店で、窓側からみえる海が絶景だった。

先客がいないときは必ず座る席があって、注文する物はいつも海老ピラフとウーロン茶。

二人で店に入った時間帯は夕方ころだったんだけど、ラッキーなことにお客はゼロ。

なのになぜかお気に入りの席には座らず、奥の薄暗い席に座った。

彼女が突然「えっ……」って小さくつぶやいたのを聞こえたが、そこはスルー。

Sponsored Link

店員がきて注文を聞かれ、なぜかその日に限って別のを注文した

「じゃ、卵サンドとバナナミルクをお願いします」って感じで。

そこで彼女がもう一度「えっ……」

さすがに俺も気になったから「ん?どうしたの?」ってすかさず聞いてみたんだ。

しばらく時がたってから彼女が重い口を開いた。

「うん……なんでもないよ。たいしたことないから………でも……」

いや、なんか気になるでしょ。教えてよ」

「気を悪くしないでね……私さぁ、初めての彼氏と初デートの時、この店きたんだ……」
「へぇー」

「でね、座った場所がここでね。彼氏が注文したのが卵サンドとバナナミルクだったの。偶然ってあるんだなぁーって思ってた」

「ふーん………で、その彼氏は今どこにいるの?」

「…………」

ここで彼女はちょっと涙目になってきた。

「あっ、ゴメン……なんか余計な事聞いた?」

「いいの。なんかゴメンね……変な空気にしちゃって」

「あっ、全然平気。言いたくなかったら言わなくていいよ」

「……死んじゃったんだ。バイクで事故って……」

その瞬間、俺の頭の中で全てが噛み合ってきた。

「もしかして、事故った場所って国道〇号線の〇町のあたり?」

「なんで知ってるの!?」

「……いや、なんとなく」

多分推測だけど、この彼氏は俺の身体を通して彼女と会ってたのかもしれない。

そんな事を考えながらその日は喫茶店を出た後、彼女を送って自宅に帰ったんだ。

次の日、このことを友人に話したら一回お祓いしてもらえ!ってなって、渋々神社に行ってお祓いをしてもらった。

それから、その幽霊はまったく出てこなくなったんだ。

で、彼女からも連絡がこなくなった。

まぁ、こないだがアレだったしすぐ連絡するのも気が引けるな、なんて考えてたんだけど、さすがに一週間も音信不通だと不安になって彼女に電話すると

『おかけになった電話番号は現在使われておりません……』

俺はあせって彼女に家に行ったらすでに誰も住んでなかった。

いったい彼女と付き合ってた期間ってなんだったんだろう……って不思議な話でした。

(了)

 

家相方位・招福秘話 全2巻/浜崎洋至

Sponsored Link

 - 怪談

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

img1087
謎のノート

荷物を片付けるため、夏の暑い日に久々に母方の祖父の家を訪ねた。 308 :本当に …

kubifuri
訪ねてきた同級生

  連休で実家の奈良に帰ったときの話。 元々過疎がすごい村出身で、中学 …

151003_002
賃貸一軒家に棲む老婆の霊

うちの親父から聞いた話。 親父が大学三四年の間、男三人で小さくて古い一軒家を借り …

140610_004
山祭り

久しぶりに休みが取れた。たった二日だけど、携帯で探される事もたぶんないだろう。 …

151004_004
婆ちゃんの護摩札

一〇年ほど前、母が近所の寺の手伝いをしていた頃の話です。 592: 本当にあった …

151030_006
振り子時計

  私が小学生の頃に住んでいた社宅での話です。 6 :名無しさん :2 …

bourei-yotyou
亡霊の予兆

  エミリーローズという今でも大好きな映画がある。 193: 本当にあ …

151002_000
ローカル私鉄の怪

それは、私が地方のローカル私鉄で、運転士をしていた頃の話です。 季節は晩秋の…空 …

egaonoyuurei
笑う霊

  母が父のいる田舎に嫁いできたとき、母は「都会もん」(と言っても県庁 …

hakakuno-ikkenya
破格の一軒家

  15、6年前にやってたテレ朝「プレステージ」の怪奇話特集を覚えてい …