【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

首のない遺体【聞くと呪われる系の話】

      2017/07/26

Sponsored Link

とある、結婚を控えた男女が居た。

105: 本当にあった怖い名無し:2009/07/04(土) 22:58:54 ID:4Rgy2x4i0

その男女は、女性の田舎に挨拶に帰るため夜中、車を走らせていた。

夜中の山道、真っ暗で見通しも悪い。

男性の運転する車は、事故を起こしてしまい、男性は胸を強打して、即死。

助手席の女性もフロントガラスを突き破り、外に放り出されて、即死であった。

夜中、警察が来て事故見聞が行われが不思議な事が起こった。

車外に放り出された女性の首から上だけがどうしても見あたらない。

明るくなって探してみたが、どうしても見あたらなかった。

警察も仕方が無く、首のない遺体を病院に運び、やがて、女性の遺体は実家に帰った。

もともと、身よりの少ない女性の実家、葬式はひっそり親族と親しいもの、数名だけで行われた。

一通りの葬式が終わり、葬式に出席した皆は、その日、女性の実家に泊まって帰ることとなった。

その晩、奇妙な事が起こった。葬式に出たとある人が奇妙な夢を見たのだ。

その夢とは、真っ暗な闇の中に針粒ほどの光があらわれ、だんだん大きくなっていく。

そして、目の前で、亡くなった女性の首から上の顔になり、何か必死で訴えかけるのだ。

夢の中で、女性が言ってる事はわからず、目の前に首から上だけの女性が必死で何か言ってるそうだ。

次の日、その人は、あまり気分のいい話ではないので、黙って、喪主に挨拶し、帰路についた。

その日から、その人は毎日、同じ夢を見るようになった。

日を追う毎に、女性の顔必死になって何かうったえかけてくる。

あまりに、毎日同じ夢を見るので、ついに、男性は亡くなった女性のご両親に相談した。
ご両親から返ってきた答えは、意外であった。

実は自分たちも同じ夢を見続けている。

いや、あの葬式に出た人全て同じ夢になやまされてるのだ、と。

でも、誰一人、女性が言ってる言葉の聞き取れるものは居ない。

困り果てた両親は、ある、高名なお坊様に相談してみた。

お坊様が言うには、これから先、首のつく箇所(首、両手首、両足首)に数珠を巻いてしばらくは寝なさい。

そして、その夢を見たら、夢の中で女性が言ってる言葉を、唱えなさい。

そうすれば、夢は見なくなるでしょう。

Sponsored Link

夢の中で言ってることがわからない皆が困ってるとお坊さんが内容を教えてくれました。

「私は琵琶湖に帰りたい」

「約束を守れなくて悲しい」

「お父さん、お母さんありがとう」

数珠を巻き、この3つの言葉を夢の中で唱えると、次第に夢は見なくなりますと教えてくれ、その言葉の通り、皆、行うと次第に夢は見なくなり、数ヶ月たった頃には完全に誰も夢は見なった。

両親も、皆も成仏してくれたのだと思い安心しました。

……こんな怪談話が二十年前に、とある中学、高校で流行った。

ある女子の集団が、この怪談話で盛り上がっていると、その中の一人が、その話を聞いてから同じ夢を見ると言い出した。

皆、嘘だろうと笑っていたが、どうやら本当の事のようである。

その子の症状は酷く、日に日にやつれていく。

話を聞くと、数珠を巻いて、聞いた三つの言葉を夢で唱えても消えない。

皆気味悪がり、その子から自然と離れて言った。

その子が言うには、ひどいときは夢だけでなく部屋に入った瞬間や、ふと振り向いた瞬間にもその女性の、訴える首から上の顔が見えると。

その子はノイローゼになり、それが原因か不明だが、病気で亡くなったと聞く。

そのほか、この話の流行った中高では、その子ほどではないにせよ、何回かその夢を見る子が続出し、学校からこの話を禁止する事態となった学校が多発した。

私も、当時、この話を聞きましたが、私は見ませんでした。

(了)

 

呪術の本

Sponsored Link

 - 怪談

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

umidemyounamono
海で妙なものを見たら声を立てたり目を合わせはていけない

  時期にして太平洋戦争直後ぐらい、淡路で漁師をしていた俺の曾爺ちゃん …

140622_002
ナナシ【ナナシシリーズ01】

今から数年前、僕と僕の友人だった人間が、学生だったころの話。 ときは夏休み、自由 …

150813_002
謎の木箱

僕が学生の時の話。当時僕は女性を相手にするアルバイトをしていた。 2010/04 …

img0346
怪奇!カラオケ屋のバイト

  五年ぐらい前の話思い出したから書く。 661:本当にあった怖い名無 …

150810_002
呪いのピアノ

  私が高校生だった頃の思い出話です。 690 ピアノの怪談 2006 …

yoakemaenote
夜明け前の手

第10話 夜明け前の手 大幽霊屋敷~浜村淳の実話怪談 いつのことだったか、あまり …

kobitogaumatteru
小人が埋まってる

大学時代、サークルの友人と二人で深夜のドライブをしていた。 思いつきで隣の市のラ …

yamabunotooru
ヤマブノトオル

トオルは山岳部所属。 101 :2006/12/08(金) 02:56:33.6 …

takusi-jokyaku
酔っぱらいタクシー乗客

  先日帰省した時にタクシーの運ちゃんしてる弟から聞いた話を書いてみる …

img0929
山の上の託児所

私の母が体験した三十年くらい前の話。 当時、神奈川県にけっこう大きなキャバレーが …