【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

高熱が出で錯乱状態になった

      2017/01/28

Sponsored Link

971 :本当にあった怖い名無し:2016/02/09(火) 03:07:01.30 ID:PHl3ZgUv0.net
昔タミフルって解熱かなんかの薬あったでしょ?飲んだ人が幻覚見えるとか何とかで自殺者がでた。

ニュースになる少し前、私は小学生だったんだけど、高熱が出た時にタミフルを飲んでた時に見た夢が忘れられない。

当日、私は親兄弟祖父母と住んでてお婆ちゃんと寝てたんだけど、夢は朝起きた所から始まった。

夢の内容は、全国の一番偉い人を決める日って設定で、各国の大統領やら偉い人(小学生だったのでよくわからないけど、とにかく偉い人たち)が集まって、一般人の中から全国で一番偉い人を決めて、世界の決まりをその人に全部委ねるそうで、その人をテレビで発表する日だった。

私はそれを楽しみにしてて、朝起きて布団に入ったままテレビを見てたんだけど、発表で何故か小学生の自分が選ばれた。

それも、選ばれた人の普通の生活も守るために、生きたまま首を切られて首だけを持って行かれる、首から下は普通にこれからも生活していくっていう、普通に考えたら死ぬし無理のある夢だし、如何にも小学生の発想なんだろうけど、それが小学生の私にとっては衝撃だった。

いつ夢から覚めたのかわからないけど、気付いたら家の中で包丁振り回してた。

後で親から話を聞いたら、熱が下がらなくて何度も夜中に様子を見に来てくれてたらしく、声がして私とお婆ちゃんの部屋に行った時、お婆ちゃんに宥められながら啜り泣いてた娘に何事かと声を掛けたら、急に自分達を見て「迎えに来たんなら殺す、お前らも全員ころしてやる!!」って泣き叫んだ。

四つん這いで猫みたいに走って逃げ回ったそうで、受け止めようとした父をブン殴って、リビングまで行って包丁を手にした時は自殺すると思ったらしい。

声を聞いて起きてきた兄(当時小三)が、寝ぼけながら

「なにしとん。あぶないでケンちゃん」って、包丁持った私に躊躇いなく近付いて頭撫でると、包丁を置いたらしい。

私がはっきり覚えてるのは夢だけで、後は殆ど親から聞いた話だけど……

でもあの時兄が起きてこなかったらと思うと、今でも怖くて政治のニュースは未だに見れない。

特に外国の大統領が話してるのをテレビで見るともどしてしまうくらいダメ。

それからも何度か飲んだみたいなんだけど、錯乱して興奮した私が家族に暴言吐いたり暴れたりしてたみたい。

親も私もタミフルが原因だなんて思わなかったし、その後ニュースで学生の男の子が自殺したってやってて、親が真っ青な顔で話してくれた。

親は私が熱が出ると情緒不安定になってしまう体質だと思ってたみたいで、早くニュースになって明るみに出てよかったねって話してた。

因みにある時はたぶんその夢を思い出したんだろうけど、「今度こそ自分の首が持って行かれる」って言って泣いて、極寒の二月の深夜二時~三時までベランダから部屋に入って来なかったらしい。

何度も親に連れ戻されたけど、部屋に入ったら首を切られると思って泣き叫んで親もどうも出来ず、私もベランダで毛布や羽毛布団に包まってガタガタ震えてたのは少し覚えてる。

(了)

[出典:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1432787718/]

 

懺・百物語/我妻俊樹/伊計翼/小田イ輔

Sponsored Link

 - 洒落にならない怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

封印された薪小屋の記憶

俺ね、物心ついた時から『薪』(まき)がどうしてもダメだったんです。 43 :本当 …

あの女

正夢とか予知夢とかありますよね。 私はよくそういった類のもの見るんです。 昔から …

血塗れのワイシャツ

当時僕は高校生で、クラスに『パーマ』というあだ名の仲の良い友人がいました。 夏の …

八郎潟の作業服の幽霊

去年の八月、友人と二人でアルミの釣り用ボート曳いて、秋田にある八郎潟へ行ったんで …

犬鳴峠の恐怖体験

当時学生だった私は、武田という友達とよく放課後に残っては、下らないダベリを繰り返 …

呆け老人の浮遊霊ほど怖いものはない

俺が小学三年の時の話。 408 名前:あなたのうしろに名無しさんが…… 投稿日: …

嫉妬深い彼女

  異常に嫉妬深い彼女に別れ話を持ちかけた。 919: 本当にあった怖 …

呪いの連鎖

呪いって信じる? 171 本当にあった怖い名無し 2007/05/25(金) 1 …

恐怖の民宿

八年前、友人二人と泊まった中国地方の民宿の話。 581 :本当にあった怖い名無し …

箪笥

  俺が子供の頃にあった怖い話。これがきっかけで幽霊とか妖怪を信じるよ …