【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

小西行長遺臣伝説

      2017/08/23

Sponsored Link

 

小学生のときに学校の夏休みの宿題で、先祖について調べるという課題が出ました。

ですが、まったく先祖のことなど知らなかったので、当時まだ生きていたひいおじいちゃんに聞いた話です。

なんでも、我が家の先祖は小西行長という人の家臣だったそうです。

あまり歴史に詳しくないので、実際にはどの程度の地位か測ることはできませんが、話によるとそこそこの地位にあったようです。

それだけなら「ふぅ~ん」と言うくらいで終わったのですが、僕が興味を持ったのは次の話でした。

小西行長という人は関が原で西軍についたために敗れて処刑されたそうです。

が、家臣の中でも小西行長に深く心酔し洗礼も受けていたグループがいたそうです。

またその中には落ち武者狩りを逃れた家臣もいたそうです。

その中の一人が僕の先祖らしいです。

逃れた一団は、落ち武者が集まる村落や山中などにかくまってもらったりして逃げ延びたそうです。

そして彼らは小西行長の仇を討つために、家康の暗殺計画を立てたそうです。

もちろん暗殺計画などそう簡単に成功するわけはないので、かなり綿密に計画を立てたらしく、数年の月日をかけ準備したそうです。

失敗したときのために複数の計画を立てていたそうです。

例えば、遠縁のモノを大奥の下女としていれるなど……メインとなる暗殺計画と予備となる暗殺計画を、残った者が総動員してやったそうです。

さらに驚くべきことに、家康の家臣も数名その暗殺計画にのっていたそうです。

そしていざ決行という時に、リーダーとなっていた人物が不慮の事故で死亡。(崖から転落したそうです)

そのために計画は延期となりましたが、再び決行しようとした時に内部で裏切りがでて、捕らえられ処刑されたそうです。

なんでもこの計画自体に家康の家臣も数名関係していたらしく、そして重臣クラスにもいたそうです。

あくまでも直接ではなく、僕の先祖達の後押しという形で。

まだ徳川幕府ができてから間もない時期に、古参の幹部を処罰してしまうと、まだ不安定な情勢のためによろしくないし、家臣団に動揺が走るということで、秘密裏になかったこととして、この暗殺未遂事件は闇に葬られたようです。

そしてこの時も捕らえられないで逃げ延びた者がいて、それが僕の先祖でもあるわけですが、小西行長の遺臣であることがバレると捕まって処刑されるかもしれないとのことで、そのことはずっと隠して代々生きてきたそうです。

この暗殺計画は、本家の長男のみ(僕も本家の長男)に語り継がれてきたものらしいです。

小西行長の遺臣であることを誇りに思えということらしいです。

今でも実家に帰ると、遺臣であったころの遺品と思われる物が蔵に残ってます。

そしてひいおじいちゃんの代までは変わった習慣があって、死にそうになるとその鎧を着るんです。

その鎧を着て死ぬと、小西行長の元へ行けるんだそうで……

実際にひいおじいちゃんは、それを着たまま亡くなりました。

僕はあまり信じてなくて興味半分に聞いてましたが、語るひいおじいちゃんに迫力があって面白かったので、けっこう覚えてました。

小西行長伝 [ 木村紀八郎 ]

Sponsored Link

 - 家系にまつわる怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

甲冑と木箱

  亡くなったウチのばあちゃんに昔聞いた話。 75 :2008/10/ …

イエノコ

  小学校に上がる前だから四~五歳の時。 654 :本当にあった怖い名 …

夢見の日

初めて変な経験をしたのが四、五歳。もう三〇年以上前の話をしてみる。 423 :本 …

歪な家

  お嬢様育ちで世間知らずな母が、俺と弟と妹を連れて父と離婚したのは俺 …

女を守る甲冑

  私の母の実家には武士が着る甲冑がある。 580 :本当にあった怖い …

気味が悪い井戸のシミ

誰にも話してないので身内が書き込み見たらバレルけど書く。 502 :本当にあった …

オコボツさん

  父方の爺ちゃん家の庭に、当主以外近づいてはならないっていうお堂みた …

霊能家系 vs 新興宗教

僕は小学生の頃から親の影響で宗教やってたのね(名前はいえないけど) 906 :あ …

呪詛卵

中学校の修学旅行の時 怖い話をみんなで持ち寄ろうってことになったんだけど、私はみ …

本家の跡取り

  別に幽霊とかは出て来ないんだけど、おっかねえと思った話。 948 …