【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

木霊するヴライドゥルヘア!

      2016/05/02

Sponsored Link

 

遺伝とは怖いもので、デブのおれの娘も小学校高学年になると太ってきた……いや、たいして怖くないんだけどホントの話。

2012/04/08(日) 23:41:32.34 ID:8SnvSe8Q0

ダイエットもかねて、毎週近くの山に娘と二人で登るようになった。

頂上まで、一時間すこしかけて登る。

こんなことを数カ月して、俺の腹も、娘もすこし鍛えられてきた。

三月の末ごろ。

うるさいくらいのウグイスの声を聞きながら下山していると、娘が

「ねぇねぇとうちゃん、ショッパピぃテレビしようよぉ」と言ってきた。

ショッパピぃテレビとは、地方局のテレビCMっぽい口調でチープなCMを即興で考えてしゃべること。

暇なとき車で見える看板の店や会社のCMを即興でやるのだが、妻は、「また始まったの……」とあきれ顔。

しかし、なぜか娘は大好きで、上手に合いの手を入れるようにもなってきていた。

まあ、遺伝とは恐ろしいものですな(笑)

ホントにバカみたいな、他人から見たら何が面白いのかわからない遊びなんだけどね。

 

Sponsored Link

「お題は?」

「じゃあぁ、近所にできた紳士服のシマダ!」

「男の色気は身だしなみから、あなたのファッションをリードする紳士服のシマダ。2パンツセットで19800円から!紳士服のシマダはフレッシュマンを応援しています」

で、娘が「今ならブライダルフェア実施中!」と締めた。

「紳士服でブライダルフェアはおかしやろ!」と娘と笑いあった。

 

「次オレな。お題は、仏壇仏具の木村屋」

「どこいいくの?」「木村屋」

「おきにいりは?」「木村屋」

「葬儀のことなら?」「木村屋」

「仏壇仏具は?」「木村屋」

「なんでもそろーう、木・村・屋~」

と娘が言った後、自分たちの右手の林から

「ブライダルフェア ジッシチュー!」という声が聞こえてきた。

……かわいいが、気味悪い。

何というかインコの鳴きまねのような声。

固まる二人

「聞こえた?」

「ああ」

「人間っぽくないよね」

「モノノケのたぐいっぽい……」

そしてもう一度

「ブライダルフェア ジッシチュー!!」

……誰もいない林から聞こえる。

「逃ぃげろ―!」と急いで下山した。

下の駐車場まで来ると、頂上の石碑まで青空をバックによく見える。

頂上に木は生えておらず、不思議とよく見えるのだ。

頂上にはオレンジ色ウインドブレーカーを着た、ヒトガタが見える。

のぼり口はここしかなく、めったに人が訪れないこの山の駐車場に車は止まっていないのに。

俺のウインドブレーカーそっくりなのがこの距離でもわかる。

「だれともすれちがっていないよな」

「うん」

「あれ。どう思う?」

「わからん」

娘は半泣きなので、急いで帰宅した次第。

あのヒトガタが、あの声と関係あるのかどうかわからない。

その後のこと

その山の下には高速道路が走っていて、自分たちが車で旅行をする時、必ずこの山の下を通る。

数週間後、ディズニーランドへいくために山の下の高速を通った。

何気なく頂上をみると、石碑のシルエットとオレンジの……ヒトガタ!

「見てみ」

「あれやな」と娘。

「何なん?」と妻。

加速する俺……

ということがあり、一年半ぐらいずーっとそのヒトガタは、自分たちがみた限りいつもそこにいた。

一度日曜の昼下がり自宅から望遠鏡で覗くと、石碑と共にもう一つのシルエットがみえたものだ。

妻発信で、近所やママ友同士のうわさになり、登山決行した猛者もいたそうな。

しかし、中腹の見通しの良いところまでまで見えているヒトガタはその後、頂上が見えなくなる行程をへて頂上に登るといなくなっているらしい。

ポツリポツリと、ヒトガタがいないときがあり、娘が中学校に上がる頃には、いつのまにかヒトガタも消えてしまい、娘も痩せて、彼氏ができたらしく、俺につきあって遊ぶことも少なくなった。

オレンジ色のウインドブレーカーは、今も現役。

なんでヒトガタが俺と同じ服を着ていたのか……わからない。

「ブライダルフェア」が何であったかわからない。

……ただそれだけの話。

 

実は、この話の中には多くのフェイクがあります。

ちょっとした騒ぎになったためそのままだと読む人が読んだら自分たちが誰であるか、わかってしまうからです。

でも、大筋では事実に沿っています。

(了)

 

ゆるしてはいけない [ 平山夢明 ]

Sponsored Link

 - ほんとにあった怖い話, 奇妙な話・不思議な話・怪異譚

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事

img0593
ユキノオト

  うちの弟はちょっと変わっている。 288: 雪◆lEMchm76d …

roujinto-kodomo
老人と子どものソネット

  二十歳ちょっとだったか、まだ実家でプー太郎やってた時。 603 : …

ayakosannoki
あやこさんの木

  私が通っていた小学校に《あやこさんの木》というのがあった。 906 …

151208_004
田の神

何歳の頃かも忘れてしまった、幼い日の出来事から…… 山や田んぼには、神様が住んで …

151113_006
藁束人形

悩んだけど封印してた話するね。友達ゴメン! 204 :底名無し沼さん:2008/ …

141122_014
●廃村にある異形の一軒家

去年の夏の話。 250 :本当にあった怖い名無し:2008/01/03(木) 2 …

150930_005
不思議の国のお友達

俺には幼稚園から小学校低学年まで仲良かった、カズヤって幼なじみがいた。 82 : …

151102_004
ドッペルゲンガー

数年前の話。その日、父が出張で帰りが遅くなるということで、家には母と妹と俺の三人 …

140801_002
ロボトミー殺人事件

ロボトミー殺人事件(ロボトミーさつじんじけん)とは、 1979年(昭和54年)、 …

Dopperu
俺はいつ死ぬのかと悩んでいた

  高校生の頃の話です。今では何てことはないけど、当時はいつか死ぬかも …