【厳選】 怪談・都市伝説・怖い話まとめ

ネットで見つけた、都市伝説・怪談・ほんとにあった怖い話・世にも奇妙な物語・心霊系・不思議系・電波系・オカルト系のお話シリーズです♪

*

古物商店

   

Sponsored Link

俺が大学生生だった十年くらい前の話なんだけど、自称霊感の強い後輩森川と古いリサイクルショップへ行ったときの話。

151014_003

リサイクルショップと言っても築三十年は軽く経ってそうな。

ボロボロの外観の骨董品屋と言ったイメージだ。

店の上の看板には「貴金属・骨董品・電化製品・オーディオ」と手書きで書かれており、おそらく骨董品屋からなんでも屋になったんだろう。

もともと森川の電子レンジを買うために出掛けてたので、ちょっとのぞいてみようと俺は店に入った。

俺は霊感のなんて全く信じていなくて、森川の自称霊能力者も合コンで目立つための技みたいなもんなんだろうと内心バカにしていたが、そんな俺でも店の中に入った瞬間、違和感というか、なんか嫌な予感がした。

あの感覚はあのとき初めて味わったものでうまく言葉で言い表せない。

でも、その嫌悪感の正体はすぐにわかった。

とにかく品物が乱雑に並べられ、骨董と骨董の間にパソコンが置かれてたり、古書が並んでる端にブックレスト代わりに皿が置かれてたり、あまりにも規則性がなさすぎて気分が悪い。

店主の姿が見えなくて「万引きし放題だな」って森川に話しかけたが、森川がいない。

森川はまだ店先でボーッと上の看板を見てやがる。

「おい!あったぞ!電子レンジ5,000円」

って声かけたらやっと森川が店の中へ入ってきた。

森川「やっぱり中古はやめとく……」

俺「まぁそんな安くもねぇしな、5,000円」

その後すぐに森川がつぶやく

「それに何かいる……ここ」

一瞬ドキッとしたがイライラしてきた。

いかにも出そうな店でお約束の霊感かよって思いながら「どこらへんにおるの?」と聞くと黙って森川は上を向く。

「上?」俺も真上を見るが薄暗い天井と蛍光灯しか見えない。

俺と森川は店の奥へ向かうと階段があった。

一階が以外と広い事にも気がついた。

例の乱雑さで商品が並んでる棚が3列置いてあった。

俺が階段を昇ろうとしたとき森川が小声で「ヤバい。もう見られてる」と言った。

コイツ、俺を怖がらせて喜んでんじゃねーか?と思いながら階段を昇った。

しかし、一段目を昇ったとき周りの空気が急にひんやりしてるのに気がついた。

階段を昇る度に何か嫌な予感がしてならない。

進むのがためらわれる。

やっと徐々に二階が見えてきた……

意外と明るい……

最後は足元に注意しながら一気にのぼった。

二階の光景を見て愕然とした。

辺り一面全部着物だ。

それも成人式や結婚式で着るような派手な晴れ着だった。

ズラーッと奥まで案山子みたいに袖に棒を通されて立っている。

その時、奥の着物が揺れたように見えて、そちらに目を向けた。

その時はっきり俺は見た。

あきらかに敵意を持った目の女性の顔だった。

ゆれた着物の後ろに女性がいる!

俺は急に息が苦しくなった。

吐き気がした。

後ろから階段であがってきた森川が何か言ったが、何を言ったのかわからない。

俺はそこで意識を失った。

Sponsored Link

目が覚めると森川とおっさんがしゃべってた。

しゃべってる内容はわからなかった。

だが自分のいる場所はわかった。

まだ二階にいる。もう着物の方は見れない。

またパニック寸前になりながら逃げようとするが、うまく立てず階段の前でコケる。

森川とおっさんが支えてくれてやっと階段を降りる。

すぐに店の前まで出て排水溝におもいっきり吐いた。

まっしろなゲロが排水溝に流れる。

苦しくて苦しくてこのまま気を失って死ぬんじゃないかと思った。

森川が背中をさすりながら「あの目を見ましたよね?」と聞いてきて、また思い出して吐いた。

森川が「吐けるだけ吐いた方がいいっすよ」と言ってたが、俺は妙に「なるほど」と納得した。

森川の言葉通り、ひとしきり吐くと楽になってきた。

「アレが幽霊?」

「そんなところです」

「でも、幽霊というよりは怨霊だと思います」

「店主とも話したけどあの着物は全部中古だそうです」

「もしかしてあの女は前の持ち主か?」

「そうだと思います」

「ここからは推論ですが」と森川が説明してくれた。

要するに晴れ着は成人の祝いや結婚式に親が、娘に買ってくれる大事なもので、やむにやまれぬ事情を抱えた女性が質入する場合が多いこと。

その晴れ着に対する未練やうしろめたい感情が集中する場所だったこと。

俺が見たあの敵意丸出しの目は晴れ着を見に来る客を遠ざけようとする女性達の目で
俺が店に入ったときから見られていたらしいこと。

今もあの顔を思い出すと少し気分が悪くなります。

(了)

 

「極」怖い話(甦怪) [ 加藤一 ]

Sponsored Link

 - 洒落にならない怖い話

[PR]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

人身事故の多い駅で

  僕は東京で異常によく人身事故が起こるJRの某T線という路線のAとい …

ケンケンババア

子供の頃、近くの山が遊び場で、毎日のように近所の同世代の友だちと一緒にそこで遊ん …

神に愛されるという事|生存実況~占い師からあと五年の命といわれたんだが……

占い師に「長生きできんね」と言われたことある。 2008/02/24(日) 09 …

突然失踪した兄の友達

兄の友達の話 802: 本当にあった怖い名無し 2009/08/10(月) 01 …

餓鬼道

数年前、私がまだネットも2ちゃんねるもやっていなかった頃。 2009/06/06 …

闇に浮かぶニヤニヤ顔の女

  自分が勤めている会社の事業所は結構な田舎にあって、自分はそこから徒 …

呪われたKティッシューのCM【都市伝説・怖い話】  

クリネックスティッシューのCMは呪われているという。 そのCMは赤鬼に扮した子供 …

招かざる客

新入社員のNさんは、就職と同時にアパートを借りて念願の一人暮らしを始めた。 68 …

幽霊をおちょくってはいけない~同人作家の恐怖体験

俺の友人水谷が同人の絵描きさんしてまして、俺は水谷のアパートへたまに遊びに行って …

京成沿線怪談

  もう七~八年程前になるが、当時俺は京成線沿線の住人だった。 594 …